lorazepamとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > lorazepamの意味・解説 

ロラゼパム

分子式C15H10Cl2N2O2
その他の名称:アチバンテメスタ、ロラゼパム、ノルロルメタゼパム、Ativan、8133 CB、Temesta、Norlormetazepam、Wy-4036、Wypax、Ro-7/8408、Lorazepam、7-Chloro-5-(2-chlorophenyl)-1,3-dihydro-3-hydroxy-2H-1,4-benzodiazepin-2-one、7-Chloro-5-(o-chlorophenyl)-2,3-dihydro-3-hydroxy-1H-1,4-benzodiazepin-2-one、ワイパックス、3-Hydroxy-5-(2-chlorophenyl)-7-chloro 1H-1,4-benzodiazepine-2(3H)-one、アズロゲン、Azrogen、ユーパン、U-Pan、ロコスゲン、Rocosgen、7-Chloro-5-(2-chlorophenyl)-3-hydroxy-1,3-dihydro-2H-1,4-benzodiazepine-2-one
体系名:7-クロロ-5-(2-クロロ-フェニル)-3-ヒドロキシ-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2(3H)-オン、7-クロロ-5-(o-クロロフェニル)-2,3-ジヒドロ-3-ヒドロキシ-1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン、7-クロロ-5-(2-クロロフェニル)-1,3-ジヒドロ-3-ヒドロキシ-2H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン、3-ヒドロキシ-5-(2-クロロフェニル)-7-クロロ1H-1,4-ベンゾジアゼピン-2(3H)-オン、7-クロロ-5-(2-クロロフェニル)-3-ヒドロキシ-1,3-ジヒドロ-2H-1,4-ベンゾジアゼピン-2-オン


ロラゼパム

薬物ロラゼパム
英名lorazepam
化合物名or商品名アチパン
分子式C15H10Cl2N2O2
分子データ
用途静穏(筋弛緩,抗痙攣作用)
副作用眠気ふらつき脱力食欲不振など
胎,授乳児への影響安全度
備考心身症神経症に用いる
融点165
沸点
LD50(マウス)/mg kg-11850(経口)
LD50(その他)/mg kg-15100(ラット経口)
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

ロラゼパム

【仮名】ろらぜぱむ
原文】lorazepam

不安や特定の発作障害てんかんなど)の治療や、化学療法原因吐き気嘔吐予防に用いられる薬物制吐薬およびベンゾジアゼピンという種類薬物である。

ロラゼパム

(lorazepam から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/29 07:17 UTC 版)

ロラゼパム (英:Lorazepam) は、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬である。持続時間は中程度で、排出半減期は約12時間。日本ではファイザー社からワイパックスのほか、後発医薬品も販売され、適応は神経症心身症における不安・緊張・抑うつである。




  1. ^ Greenblatt DJ, Shader RI, Franke K, Maclaughlin DS, Harmatz JS, Allen MD, Werner A, Woo E (1991). “Pharmacokinetics and bioavailability of intravenous, intramuscular, and oral lorazepam in humans”. Journal of Pharmaceutical Sciences 68 (1): 57–63. doi:10.1002/jps.2600680119. PMID 31453. 
  2. ^ Greenblatt DJ, von Moltke LL, Ehrenberg BL, Harmatz JS, Corbett KE, Wallace DW, Shader RI (2000). “Kinetics and dynamics of lorazepam during and after continuous intravenous infusion”. Critical Care Medicine 28 (8): 2750–2757. doi:10.1097/00003246-200008000-00011. PMID 10966246. 
  3. ^ Papini O, da Cunha SP, da Silva Mathes Ado C, Bertucci C, Moisés EC, de Barros Duarte L, de Carvalho Cavalli R, Lanchote VL (2006). “Kinetic disposition of lorazepam with a focus on the glucuronidation capacity, transplacental transfer in parturients and racemization in biological samples”. Journal of Pharmaceutical and Biomedical Analysis 40 (2): 397–403. doi:10.1016/j.jpba.2005.07.021. PMID 16143486. 
  4. ^ a b Kemper N; Poser W, Poser S. (December 5, 1980). “[Benzodiazepine dependence: addiction potential of the benzodiazepines is greater than previously assumed (author's transl)]”. Deutsche medizinische Wochenschrift (1980). 105 (49): 1707–12. doi:10.1055/s-2008-1070941. PMID 7439058. 
  5. ^ a b c 厚生労働省医薬・生活衛生局安全対策課長, “催眠鎮静薬、抗不安薬及び抗てんかん薬の「使用上の注意」改訂の周知について (薬生安発0321第2号)” (pdf) (プレスリリース), https://www.pmda.go.jp/files/000217230.pdf 2017年3月25日閲覧。 、および、使用上の注意改訂情報(平成29年3月21日指示分)”. 医薬品医療機器総合機構 (2017年3月21日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 『ヒーリー精神科治療薬ガイド』 田島治、江口重幸監訳、冬樹純子訳訳、みすず書房、2009年7月、第5版、25頁。ISBN 978-4-622-07474-8、Psychiatric drugs explained: 5th Edition
  7. ^ a b 医薬品医療機器総合機構 (2017年2月28日), “調査結果報告書” (pdf) (プレスリリース), 医薬品医療機器総合機構, http://www.pmda.go.jp/files/000217061.pdf 2017年3月25日閲覧。 
  8. ^ 医薬品医療機器総合機構 (2017-03). “ベンゾジアゼピン受容体作動薬の依存性について” (pdf). 医薬品医療機器総合機構PMDAからの医薬品適正使用のお願い (11). https://www.pmda.go.jp/files/000217046.pdf 2017年3月25日閲覧。. 


「ロラゼパム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「lorazepam」の関連用語

lorazepamのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

淡路山丸

出口の予告

立体交差

サテン

補給艦「ましゅう」型

はしご車

コリドラス・シュワルツィ

Golf





lorazepamのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロラゼパム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS