有松・鳴海絞とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 伝統的工芸品 > 有松・鳴海絞の意味・解説 

有松・鳴海絞

【工芸品名】
有松・鳴海絞
【よみがな】
ありまつ・なるみしぼり
【工芸品の分類】
染色
【主な製品】
着物地、羽織浴衣(ゆかた)
【歴史】
絞の技法そのものは、奈良時代に始まったものですが、有松・鳴海絞が始められたのは、江戸時代初め頃です。現在の大分県にあたる豊後大名が、名古屋城築城の手伝いを命ぜられた時に豊後から連れて来た人たちによって、技法伝えられたと言われています。
その後現在の愛知県を治めていた尾張藩保護のもとに行われた、たゆまぬ努力によって、絞独特の上品で多種多様技法考案開発され、現在に至っています。
【主要製造地域】
愛知県
【指定年月日】
昭和50年9月4日
【特徴】
木綿絞の代表産地で、絞の技法100種にも及び、多彩な文様表現されています。最も代表的絞技法には縫絞(ぬいしぼり)、くも絞、三浦絞、鹿の子絞、雪花絞(せっかしぼり)等があります藍染めの絞には、絞りのときに出来濃淡に、独自の風合いあります

有松鳴海絞

名称: 有松鳴海絞
ふりがな ありまつなるみしぼり
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:  近世初頭各地あらわれ木綿絞り産地のうち最も隆盛極め今日までその技法伝えるのが有松鳴海ありまつなるみ】絞りである。江戸時代東海道筋が賑わうに伴ない、主に有松でつくられたものが鳴海の宿で旅人相手に売られて名産となった。模様各種考案されて新奇を競ったので、細かく数えれば百種にも達しよう。色は主に藍染であるが、紅【べに】絞りや紫絞りもつくられた時期があった。
 最初手拭に絞模様をあらわし、次第日常衣料絞り染めにするようになった考えられている。
工芸技術のほかの用語一覧
染織:  和裁  唐棧縞  広瀬絣  有松鳴海絞  白石紙布  紋章上絵  紫根染

有松・鳴海絞り

(有松・鳴海絞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/18 19:03 UTC 版)

有松・鳴海絞り(ありまつ・なるみしぼり)は、愛知県名古屋市緑区有松鳴海地域を中心に生産される絞り染めの名称。江戸時代以降日本国内における絞り製品の大半を生産しており、国の伝統工芸品にも指定されている。「有松絞り」、「鳴海絞り」と個別に呼ばれる場合もある。


  1. ^ a b “「有松・鳴海絞り」開祖は誰?(えんぴつ最前線)[名古屋]”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 東海総合、第25面. (1992年5月22日) 
  2. ^ 名古屋市博物館常設展示室テーマ10有松・鳴海絞り アフリカへ行く(会期 令和元年7月24日~8月25日)展示配布物
  3. ^ “伝統のあした 絞り見聞録(2) なごや探検 PART2 本家争い江戸時代から”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 愛知、第14面. (1992年10月21日) 
  4. ^ 『中経連』No.138、 4-5頁。


「有松・鳴海絞り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有松・鳴海絞」の関連用語

有松・鳴海絞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



有松・鳴海絞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2020 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有松・鳴海絞り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS