強制連行とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 強制連行の意味・解説 

強制連行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 04:17 UTC 版)

強制連行(きょうせいれんこう)とは、ひとを強制的に連行すること[1]。連行とは「本人の意思にかかわらず、連れて行くこと」を意味する[2]。日本語においては拉致・勾引(かどい)も同義であるが文脈において使い分けされることがある。


  1. ^ a b c d 『朝鮮人強制連行の研究』(明石書店2003年)、p45-46
  2. ^ デジタル大辞泉、小学館
  3. ^ 奴隷強制労働
  4. ^ a b c 綾部恒雄「序論 少数民族問題の現状と課題」『文化人類学7』アカデミア出版会、1990
  5. ^ 鄭大均『在日・強制連行の神話』,p18-19
  6. ^ a b c 岡奈津子「http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/publictn/45/oka/oka.html ロシア極東の朝鮮人 -ソビエト民族政策と強制移住-」スラヴ研究45号,北海道大学,1998年
  7. ^ 鄭大均『在日・強制連行の神話』,p18-19
  8. ^ 世界大百科事典 第2版』【強制連行】 http://kotobank.jp/word/%E5%BC%B7%E5%88%B6%E9%80%A3%E8%A1%8C
  9. ^ 広辞苑第六版、岩波書店、【朝鮮人強制連行】=「日中戦争・太平洋戦争期に100万人を超える朝鮮人を内地・樺太(サハリン)・沖縄・東南アジアなどに強制的に連行し、労務者や軍夫などとして強制就労させたこと。女性の一部は日本軍の慰安婦とされた」と記載している
  10. ^ a b c 木村幹「総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察 人的動員を中心にして」(日韓歴史共同研究委員会 2005)[1][2]
  11. ^ [3]賀川真理「第二次世界大戦中に強制収容された日系人に対するもう一つの戦後補償」
  12. ^ 世界大百科事典第2版
  13. ^ 金英達 『朝鮮人強制連行の研究』 明石書店  2003年 2月ISBN 978-4750316819
  14. ^ 鄭大均 『在日・強制連行の神話』 文春新書  2004年 6月ISBN 978-4166603848
  15. ^ 木村幹「総力戦体制期の朝鮮半島に関する一考察 人的動員を中心にして」(日韓歴史共同研究委員会 2005)[4][5]p.335、PDF-P.15
  16. ^ 「八路系共匪の好んでとる清野政策-退却に際して城壁を毀ち、井戸を埋め人民を強制連行する戦法-により、わが軍の占拠地には、まず一物も残されていないのが常であるが・・」大阪朝日新聞(1939.7.16-1939.8.1、昭和14年)[6]神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ
  17. ^ 例えば大阪朝日新聞 (1922.10.9、大正11年)「九条署では当日第一号タンク上で作業をしていた瓦斯職工須原弘外数名を連行、深更まで原因について取調べたが・・・」[7]神戸大学附属図書館デジタルアーカイブ
  18. ^ 国会図書館・近代デジタルライブラリ[8]
  19. ^ 国会図書館・近代デジタルライブラリ[9]
  20. ^ goo辞典「勾引」[10](小学館デジタル大辞泉)
  21. ^ 国会会議録 参議院 法務委員会 閉1号 昭和28年11月19日與謝野光・東京都衛生局長の発言「街頭で発見されました街娼と申しますか、これらに対しまして、即日即刻車に強制連行をいたしまして、病院に連れて参りまして、健康診断を実施するという方式をとつて参つたのであります。」
  22. ^ 鄭大均 『在日・強制連行の神話』 p61-63
  23. ^ 「強制連行」 世界大百科辞典第2版 マイペディア(Web版)。なおWeb版、書籍版、「世界大百科事典」「MYPEDIA」には各々言葉の言い回しや解説分量等に差異あり。また各百科事典の掲載版によっても差異あり注意。
  24. ^ 日本史大事典第二巻(かーけ)、1993年第一刷
  25. ^ 「朝鮮人強制連行」 日本大百科全書 小学館 Yahoo!百科事典(Web版)
  26. ^ 角川ワイド版『新版・日本史辞典』1997,9-1、朝尾直弘宇野俊一田中琢監修
  27. ^ 外村大『朝鮮人強制連行』岩波新書,p2
  28. ^ 新井佐和子:『広辞苑』が載せた「朝鮮人強制連行」のウソ。正論(1998/5)pp46-53
  29. ^ 『広辞苑の嘘』光文社2001,pp210-211および同書全体
  30. ^ 季刊戦争責任研究2009年夏号
  31. ^ 吉見中大教授 橋下市長暴言を批判
    「朝鮮・台湾でおこなわれていた業者による連行も、業者は軍、総督府が選定し、誘拐や甘言、人身売買をもちいて連行したのであり、『強制連行』だと指摘」
  32. ^ 吉見義明 『従軍慰安婦資料集』 大月書店 1992年12月 ISBN 978-4272520251
  33. ^ 吉見義明『従軍慰安婦』岩波新書 ISBN 9784004303848
  34. ^ a b 吉見義明・川田文子『「従軍慰安婦」をめぐる30のウソと真実』大月書店,1997年,p24
  35. ^ “旧日本軍の「慰安婦」強制動員 証明文書を確認”. 朝鮮新報. (2007年4月23日). http://megalodon.jp/2012-1214-1856-36/www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/05/0705j0423-00001.htm 2012年12月15日閲覧。 
  36. ^ “In Japan, a Historian Stands by Proof of Wartime Sex Slavery” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (2007年3月31日). http://www.nytimes.com/2007/03/31/world/asia/31yoshimi.html?pagewanted=all&_r=0 2012年12月15日閲覧。 
  37. ^ 秦郁彦 『慰安婦と戦場の性』p379
  38. ^ 『証言・強制連行された朝鮮人慰安婦たち』明石書店1993.10.3、P.26
  39. ^ 韓国軍慰安婦在韓米軍慰安婦問題参照
  40. ^ 鄭大均『在日・強制連行の神話』,p18-19
  41. ^ Bristol and Transatlantic Slavery(PORTCITIES Bristol) | accessdate = 2017-04-17
  42. ^ Bristol and Transatlantic Slavery(PORTCITIES Bristol) | accessdate = 2017-04-17
  43. ^ A Short History of the African Slave Trade(ThoughtCo) | accessdate = 2017-04-17
  44. ^ THE STORY OF AFRICA: SLAVERY(BBC) | accessdate = 2017-04-17
  45. ^ a b 本田創造『アメリカ黒人の歴史』岩波書店 1991年 ISBN 978-4004301653
  46. ^ 「不法占領地の合法化と女性のリーダーシップ」江口信清(立命館文学2006.3)[11][12]
  47. ^ 「儀礼の音へのアプローチ(1)」長嶋佳子・柴田佳子(大阪学院大学人文自然論叢1989.12)P.46、PDF-P.3[13][14]
  48. ^ 上杉忍『アメリカ黒人の歴史』中公新書 2013年 ISBN 978-4121022097
  49. ^ 「インディアス法の形成と発展」中川和彦成城法学1998)P.8、PDF-P.8[15][16]
  50. ^ “Indian Treaties and the Removal Act of 1830”. アメリカ合衆国国務省. https://history.state.gov/milestones/1830-1860/indian-treaties 2017年1月14日閲覧。 
  51. ^ “The Long Walk”. Crow Canyon Archaeological Center. https://www.crowcanyon.org/EducationProducts/peoples_mesa_verde/historic_long_walk.asp 2017年1月14日閲覧。 
  52. ^ “Navajo Treaty, 1868”. スミソニアン博物館. http://nmai.si.edu/nationtonation/navajo-treaty.html 2017年1月14日閲覧。 
  53. ^ “Story of lost Tongans in Peru broadens the history of Blackbirding”. ABC. (2016年12月29日) 
  54. ^ a b c “'Blackbirding' shame yet to be acknowledged in Australia”. シドニー・モーニング・ヘラルド. (2015年6月3日). http://www.smh.com.au/national/blackbirding-shame-yet-to-be-acknowledged-in-australia-20150603-ghfn9c.html 2017年2月5日閲覧。 
  55. ^ “豪先住民「盗まれた世代」、政府謝罪を機に新しい人生に踏み出す”. AFP. (2008年2月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/2349559 2017年1月4日閲覧。 
  56. ^ “Australia Apologizes To Aborigines”. CBSNEWS. (2008年2月12日). http://www.cbsnews.com/news/australia-apologizes-to-aborigines/ 2017年1月4日閲覧。 
  57. ^ a b 人種主義と二十世紀の世界―オーストラリアの「盗まれた世代」の例―
  58. ^ “NSW Stolen Generations receive compensation”. National Indigenous Television. (2015年1月25日). http://www.sbs.com.au/nitv/article/2016/12/02/nsw-stolen-generations-receive-compensation 2016年1月4日閲覧。 
  59. ^ 「日系人の強制立ち退き・収容に関する実態分析」山本剛郎(関西学院大学社会学部紀要2008.3)P.22、PDF-P.19[17][18]
  60. ^ 「ナチス期ドイツ外国人労働者政策における階層構造」高橋典子(名古屋大学国際言語文化研究科、2005年)[19][20]
  61. ^ 実数など詳細は「第三帝国における強制労働」田村光彰(北陸大学紀要2004)[21]が詳しい。
  62. ^ a b “シベリア抑留、露に76万人分の資料 軍事公文書館でカード発見”. 産経新聞. (2009年7月24日). http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090724/erp0907240115000-n1.htm 2010年3月13日閲覧。 [リンク切れ]
  63. ^ V.A.アルハンゲリスキーの著作およびマッカーサー元帥の統計より。V・A・アルハンゲリスキー『プリンス近衛殺人事件』(2000年、新潮社)
  64. ^ a b 第008回国会 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号”. 衆議院. 国立国会図書館 (1950年10月31日). 2010年9月29日閲覧。
  65. ^ 佐藤和明 (1998-01). 少年は見た 通化事件の真実. 新評論. pp. 171-172. ISBN 4794803869. 
  66. ^ 陳祖恩「上海日本人居留民戦後送還政策の実情」『北東アジア研究』第10号、2006年1月
  67. ^ 「ラテンアメリカの民衆社会運動」幡谷則子(アジア経済研究所2007年)P.139、PDF-P.17[22]
  68. ^ 2009年3月12日 大紀元日本 自由アジア放送(RFA)チベット事件一周年前、2寺院の僧侶らを連行=青海省
  69. ^ 2007年8月6日 大紀元日本中国四川省:ダライ・ラマ14世の帰国を呼びかけたチベット人、強制連行


「強制連行」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「強制連行」の関連用語

強制連行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スモークマシン

尺治川床固工

ブッシュナイフ

ミズキ

メジャー

ミニカ

踏切あり

ポジションマーク





強制連行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強制連行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS