飛驒山脈とは?

飛騨山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/17 06:39 UTC 版)

飛驒山脈(ひださんみゃく)は、富山県新潟県岐阜県長野県に跨って連なる山脈である。通称北アルプスとも呼ばれ、木曽山脈(中央アルプス)、赤石山脈(南アルプス)と共に日本アルプスと呼ばれることもある。




注釈

  1. ^ 1934年(昭和9年)12月4日に指定された[1]
  2. ^ 現在の火山学地質学では、海洋プレート太平洋プレートフィリピン海プレート)が大陸プレート(北アメリカプレートユーラシアプレート)に沈み込むことにより火山が生ずるという理論に基づき、沈み込み帯の大陸プレート側に東日本火山帯西日本火山帯火山フロントが帯状に存在すると考える。「乗鞍火山帯」は地理的な観点だけからの区分で、現在は使われない。

出典

  1. ^ 中部山岳国立公園区域の概要 環境省、2010年12月28日閲覧。
  2. ^ a b c 原山智, 大藪圭一郎, 深山裕永 ほか「飛騨山脈東半部における前期更新世後半からの傾動・隆起運動」『第四紀研究』第42巻第3号、2003年、 127-140頁、 doi:10.4116/jaqua.42.1272019年11月13日閲覧。
  3. ^ a b 及川 輝樹「飛騨山脈の隆起と火成活動の時空的関連」『第四紀研究』第42巻第3号、2003年、 141-156頁、 doi:10.4116/jaqua.42.1412019年11月13日閲覧。
  4. ^ 田村 糸子、山崎 晴雄「北陸層群のテフロクロノロジー」『地質学雑誌』第110巻第7号、2004年、 417-436頁、 doi:10.5575/geosoc.110.4172019年11月13日閲覧。
  5. ^ 及川 輝樹「飛騨山脈北部における1 Ma頃の急激な隆起—北部フォッサマグナ西縁, 居谷里層の礫組成を指標として—」『地質学雑誌』第110巻第9号、2004年、 528-535頁、 doi:10.5575/geosoc.110.5282019年11月13日閲覧。
  6. ^ 原山智, 高橋正明, 宿輪隆太 ほか「黒部川沿いの高温泉と第四紀黒部川花崗岩」『地質学雑誌』第116巻Supplement、2010年、 63-81頁、 doi:10.5575/geosoc.116.S632019年11月13日閲覧。
  7. ^ 中嶋 健「日本海拡大以来の日本列島の堆積盆テクトニクス」『地質学雑誌』第124巻第9号、2018年、 693-722頁、 doi:10.5575/geosoc.2018.00492019年11月13日閲覧。
  8. ^ 原山ほか (2000年). “立山地域の地質”. 地質調査所. 2019年11月13日閲覧。


「飛騨山脈」の続きの解説一覧



飛驒山脈と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛驒山脈」の関連用語

飛驒山脈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛驒山脈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛騨山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS