オートノミー 宗教における「自治」・「教区管轄権」

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オートノミーの解説 > 宗教における「自治」・「教区管轄権」 

オートノミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 23:39 UTC 版)

宗教における「自治」・「教区管轄権」

キリスト教では、オートノミーはさまざまなレベルの教会運営における部分的な自治を意味する。キリスト教の歴史において、オートノミーには2つの基本的なタイプがあった。いくつかの重要な小教区や修道院には「教区管轄権」といった、特別な自治権と特権が与えられ、最も有名な修道院自治の例はギリシャアトス山の有名な東方正教会の修道院コミュニティである。一方で、教会全体の行政区の行政自治には、歴史を通じて様々な程度の内部自治が含まれてきた。

サルトルはデカルト神が完全なる自由でオートノミー的であるという概念を提唱している。神は本質、永遠の真理そして神の意志の創造者である神と共にある存在が本質よりも優先されると述べ、この純粋な神の自由は、人間が既存の考えや価値観にとらわれるべきではない、という点で、人間の自由と教会のオートノミー(自治・信教の自由)に関連づけられている[15]

アメリカ合衆国では、連邦政府による、国立教会の建設を制限されている。これは、アメリカ合衆国憲法修正第1条が、自分の信念に従って信仰を崇拝する自由を人々が認めたことによるものである。例えば、アメリカ政府は、教会の政治への歴史的影響と公衆への彼らの権威のために、彼らの「権威の範囲」から教会を取り除いている[16]。しかし、これが衰退の始まりとなる。アメリカのプロテスタント教会は、学校、病院、孤児院、大学、雑誌などの設立を組織した19世紀のアメリカ文化に大きな影響を与えたものだった[17]。しかしこれは政教分離原則という有名で、よく誤解される言葉をもたらしました。これで教会は州からの立法上および財政上の支援を失うことになった。

戦後、帰還した兵士たち、そのベビーブームにより一時復興の兆しがあったものの、これらの信者は彼らの両親と同じ信念を持ってはおらず、1960年代の政治的、そして宗教的な変革をもたらしすことになった。この1960年代に、宗教的および文化的な中間の崩壊は、3番目の不安定化をもたらした[18]。宗教は個人にとってより重要でなくなり、共同体コミュニティにとってもそれほど重要ではなくなっていった。これらの変革からもたらされた変化は、構造上の制約がないために個人の自主性を著しく高め、彼らに選択の自由を与えることになった。この概念は「新しい自主主義」 [18]として知られており、そこでは個人がどのように宗教的であるかについての自由な選択と宗教的であるかどうかの自由な選択を与えるものである。


  1. ^ a b Oliver Sensen著 "Kant on Moral Autonomy" という本(2012年)の15ページ、「"Kant argued that autonomy of the will is necessary presupposition of all morality. His idea of autonomy is abstract,fundational, normative, and a key to his defense of the rationality of moral commitment. In contemporary ethics philosophers often appeal to ideas of autonomy more specifically, for example, as a moral right to make one's own decisions or as a psychological ideal of independent thinking and rational self-control."」抜粋要約すると「カントのオートノミーについての考えは抽象的で・・・。ただ、近代倫理においては、哲学者たちはしばしばより具体的に・・・道徳的権利として、自分で自分の決断を下す権利、または独立した思考の精神的理念、そして合理的自己制御として・・・」
  1. ^ BOURDIEU, 2001 (MARANHÃO, 2005; 2006 Archived October 8, 2010, at the Wayback Machine.; 2007; SOBRAL & MARANHÃO, 2008[リンク切れ]
  2. ^ Evans, P. B., Rueschemeyer, D., & Skocpol, T. (1985). Bringing the state back in.
  3. ^ Neave, G. (2012). The evaluative state, institutional autonomy and re-engineering higher education in Western Europe: The prince and his pleasure.
  4. ^ Weller, M., & Wolff, S. (2014). Autonomy, self-governance, and conflict resolution: Innovative approaches to institutional design in divided societies.
  5. ^ Autonomy in Moral and Political Philosophy (Stanford Encyclopedia of Philosophy). Plato.stanford.edu. Retrieved on 2013-07-12.
  6. ^ Sensen, Oliver (2013). Kant on Moral Autonomy. Cambridge University Press. ISBN 9781107004863. https://books.google.ca/books?id=HlJ8BbjLXSAC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy+and+kant#v=snippet&q=autonomy 
  7. ^ a b Shafer-Landau, Russ. "The fundamentals of ethics." (2010). p. 161
  8. ^ Shafer-Landau, Russ. "The fundamentals of ethics." (2010). p. 163
  9. ^ Reginster, Bernard (2011-07-31). Review of Nietzsche on Freedom and Autonomy. https://ndpr.nd.edu/news/24779-nietzsche-on-freedom-and-autonomy/ 2014年4月2日閲覧。. 
  10. ^ Gemes, Ken; May, Simon (2009-05-07). Nietzsche on Freedom and Autonomy. OUP Oxford. ISBN 9780191607882. https://books.google.ca/books?id=D2a9e-FarAYC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy#v=onepage&q=autonomy 
  11. ^ Sugarman, Susan (1990-01-26). Piaget's Construction of the Child's Reality. Cambridge University Press. ISBN 9780521379670. https://books.google.ca/books?id=3zEfxTytFnIC&pg=PA84&dq=autonomy+and+piaget#v=onepage&q=autonomy 
  12. ^ Shaffer, David (2008-09-19). Social and Personality Development. Cengage Learning. ISBN 9781111807269. https://books.google.ca/books?id=cShtCgAAQBAJ&pg=PA491&dq=social+and+personality+development#v=onepage&q=social%20and%20personality%20development 
  13. ^ a b c d Berk, Laura (2013). Child Development (9 ed.). Pearson 
  14. ^ a b c d Shaffer, David. Social and Personality Development (6 ed.) 
  15. ^ The Autonomy Theme in the Church Dogmatics: Karl Barth and his Critics. Cambridge University Press; First Edition. (April 27, 1990) 
  16. ^ Renaud (2008年). “Spheres of Sovereignty: Church Autonomy Doctrine and the Theological Heritage of the Separation of Church and State”. heinonline.org. 2018年3月17日閲覧。
  17. ^ Hammond, Phillip (1992). Religion and personal autonomy: the third disestablishment in America. 
  18. ^ a b Hammond, Phillip (1992). Religion and personal autonomy: the third disestablishment in America 
  19. ^ Varelius, Jukka (December 2006). “The value of autonomy in medical ethics”. Medicine, Health Care and Philosophy 9 (3): 377–388. doi:10.1007/s11019-006-9000-z. ISSN 1386-7423. PMC: 2780686. PMID 17033883. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2780686/. 
  20. ^ L., Beauchamp, Tom (2013). Principles of biomedical ethics. Childress, James F. (7th ed.). New York: Oxford University Press. ISBN 9780199924585. OCLC 808107441 
  21. ^ Fischer, Bernard A (January 2006). “A Summary of Important Documents in the Field of Research Ethics”. Schizophrenia Bulletin 32 (1): 69–80. doi:10.1093/schbul/sbj005. ISSN 0586-7614. PMC: 2632196. PMID 16192409. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2632196/. 
  22. ^ Leo, Raphael J. (October 1999). “Competency and the Capacity to Make Treatment Decisions: A Primer for Primary Care Physicians”. Primary Care Companion to the Journal of Clinical Psychiatry 1 (5): 131–141. doi:10.4088/PCC.v01n0501. ISSN 1523-5998. PMC: 181079. PMID 15014674. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC181079/. 
  23. ^ Riis, A.H. Autonomy, culture and healthcare 
  24. ^ Sandman, Lars (2012). “Adherence, Shared Decision-Making and Patient Autonomy”. Medicine, Health Care and Philosophy: 115–27. 
  25. ^ a b Archived copy”. 2015年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月24日閲覧。
  26. ^ The Inner Citadel”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月24日閲覧。
  27. ^ Caplan, Arthur L (2014). “Why autonomy needs help”. Journal of Medical Ethics 40 (5): 301–302. doi:10.1136/medethics-2012-100492. ISSN 0306-6800. JSTOR 43282987. PMID 22337604. 
  28. ^ Entwistle, Vikki A.; Carter, Stacy M.; Cribb, Alan; McCaffery, Kirsten (July 2010). “Supporting Patient Autonomy: The Importance of Clinician-patient Relationships”. Journal of General Internal Medicine 25 (7): 741–745. doi:10.1007/s11606-010-1292-2. ISSN 0884-8734. PMC: 2881979. PMID 20213206. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2881979/. 
  29. ^ Informed Consent : Legal Theory and Clinical Practice: Legal Theory and ... - Schools of Law and Medicine Jessica W. Berg Assistant Professor of Law and Bioethics Case Western Reserve University, Paul S. Appelbaum A. F. Zeleznik Distinguished Professor and Chair University of Massachusetts, Medical School and Director of the Center for Mental Health Services Research Charles W. Lidz Research Professor of Psychiatry University of Massachusetts, Center for Bioethics and Health Law University of Pittsburgh Lisa S. Parker Associate Professor and Director of Graduate Education - Google Books. Books.google.ca. Retrieved on 2013-07-12.
  30. ^ Mappes Thomas, A., and David DeGrazia. "Biomedical Ethics." (2006). Pp54-55
  31. ^ Mappes Thomas, A., and David DeGrazia. "Biomedical Ethics." (2006). pp62
  32. ^ Pilnick, Alison; Dingwall, Robert (April 2011). “On the Remarkable Persistence of Asymmetry in Doctor/Patient Interaction: A Critical Review”. Social Science & Medicine 72 (8): 1374–82. doi:10.1016/j.socscimed.2011.02.033. PMID 21454003. 
  33. ^ O'neill, Onora. Autonomy and Trust in bioethics. Cambridge University Press, 2002. Pp3
  34. ^ 「自己決定(英)self-determination, autonomy」”. www.arsvi.com. 2019年5月21日閲覧。
  35. ^ 林, かおり (2006-2). “ヨーロッパにおける患者の権利法 (翻訳・解説 ヨーロッパにおける患者の権利法)”. 外国の立法 (227): 1–26. https://ci.nii.ac.jp/naid/40007240285. 
  36. ^ http://medical.nihon-data.jp/archives/1116
  37. ^ シンポジウム 第54回人権擁護大会 2011年10月6日 2018年7月8日閲覧
  38. ^ a b 医の倫理の基礎知識|医師のみなさまへ|医師のみなさまへ|公益社団法人日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月19日閲覧。
  39. ^ 第2部 倫理とコミュニケーション 3.専門職としての意識と責任 医療倫理”. 厚生労働省. 2019年5月20日閲覧。
  40. ^ Sensen, Oliver (2013). Kant on Moral Autonomy. Cambridge University Press. ISBN 9781107004863. https://books.google.ca/books?id=HlJ8BbjLXSAC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy+and+kant#v=snippet&q=autonomy 
  41. ^ シンポジウム 第54回人権擁護大会 2011年10月6日 2018年7月8日閲覧
  42. ^ 病人自主權利法”. www.rootlaw.com.tw. 2019年5月19日閲覧。
  43. ^ 患者の権利に関するWMAリスボン宣言|世界医師会|国際活動|医師のみなさまへ|日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月29日閲覧。
  44. ^ プロフェッショナル・オートノミーと臨床上の独立性に関するWMAソウル宣言|世界医師会|国際活動|医師のみなさまへ|日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月29日閲覧。
  45. ^ Vol.669 マドリッド宣言の誤った認識が、日本医師会の本来の「あり方」を歪めている | MRIC by 医療ガバナンス学会” (日本語). medg.jp. 2019年5月29日閲覧。
  46. ^ Bieling, Peter J. (2000). “The Sociotropy–Autonomy Scale: Structure and Implications”. Cognitive Therapy and Research 24 (6): 763–780. doi:10.1023/A:1005599714224. 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートノミー」の関連用語

オートノミーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オートノミーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートノミー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS