アスキー・メディアワークス 刊行物

アスキー・メディアワークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 06:45 UTC 版)

刊行物

雑誌

かつて発行していた雑誌

電撃系
ASCII系
  • 週刊アスキー - 2015年6月9日号(5月26日発売)で休刊(電子版は継続)。以後はウェブサイト『週アスPLUS』を『週刊アスキー』と改題し移行。
  • アスキーPC - 2013年3月号からアスキードットPCより改題、2013年8月号(6月24日発売)で休刊
  • 月刊アスキードットテクノロジーズ - 2011年9月号(7月24日発売)で休刊
  • 月刊ビジネスアスキー - 2010年3月号(1月23日発売)で休刊
  • アスキークラウド - 2013年4月24日創刊準備号刊行、7月24日から月刊誌として正式創刊(9月号)。2014年10月号(8月24日発売)で休刊
  • MacPeople - - 2014年11月号(9月29日発売)で休刊
  • Ubuntu Magazine Japan - 隔月刊 → 季刊 → 不定期刊
  • MACPOWER - 2010 Vol.2(2010年9月3日発売)で事実上休刊
  • MIKU-Pack music & artworks feat.初音ミク - 第18号(2016年3月15日発売)で休刊

書籍

  • 姫野かげまる 他『ファミ通コミックキッズ ヨッシーアイランド』1995年
  • 伊達巌『神の暗号 - 旧約聖書に埋め込まれた日本の未来とは』1999年
  • 有川浩図書館戦争』(ハードカバー版)2006年 - 2008年(2008年アニメ化、2012年アニメ映画化、2013年 - 2015年実写映画・実写ドラマ化)

電撃系(書籍)

ASCII系(書籍)

魔法のiらんど系


  1. ^ グループ企業再編による映像・雑誌・デジタル事業の強化について (PDF)” (2010年9月30日). 2021年1月18日閲覧。 (日本語)
  2. ^ 角川ゲームス、ニンテンドー3DS参入と2011年4月からの新体制を発表 (PDF)” (2011年1月20日). 2012年1月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月18日閲覧。 (日本語)
  3. ^ a b KADOKAWA アスキー事業の移管について”. PR TIMES. 2021年1月18日閲覧。 (日本語)
  4. ^ 【東証開示】連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF)” (2013年3月28日). 2021年1月18日閲覧。 (日本語)
  5. ^ ドワンゴ、IT技術書出版新ブランド「アスキードワンゴ」を設立 (日本語) - 週アスPlus、2014年(平成26年)12月24日
  6. ^ KADOKAWA アスキー事業の移管について (日本語) - PR TIMES 2018年(平成30年)2月27日 2021年令和3年)1月18日閲覧
  7. ^ KADOKAWAオフィシャルサイト内 各ブランドページについてのお知らせ”. KADOKAWA (2021年8月17日). 2021年8月31日閲覧。 (日本語)
  8. ^ 「電撃ホビーマガジン」、KADOKAWA、1998年 - 2015年、全国書誌番号:00110267
  9. ^ 「iモードで遊ぼう! 」、アスキー・メディアワークス、2001年 - 2012年、全国書誌番号:01002070
  10. ^ 「電撃ゲームス」、アスキー・メディアワークス、2009年 - 2011年、全国書誌番号:01024133
  11. ^ 本格派オトナ女子のためのコミック「COMIC it」2月14日 刊行開始!”. PR TIMES. 2021年1月18日閲覧。 (日本語)


「アスキー・メディアワークス」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アスキー・メディアワークスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アスキー・メディアワークスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアスキー・メディアワークス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS