Wifiとは? わかりやすく解説

WiFi

別表記:ワイファイ

「WiFi」とは、多くネットワーク機器円滑に接続できるように設けられ無線通信技術意味する表現

「WiFi」とは・「WiFi」の意味

WiFiとは、「Wireless Fidelity」の略であり、無線LAN標準規格認証意味する無線LAN標準規格名は、「IEEE802.11シリーズ」であり、Wi-Fi Allianceという団体通信保証をした製品にWiFiの認証与えられるしかしながらパソコンテレビスマホゲーム機などのネットワーク対応端末互いに接続するための無線LANのことを指して使用されることが多くなっている。

自宅インターネット環境存在している場合には、スマホ携帯会社提供の回線から自宅のWiFi接続にすることでデーター通信料を無料にすることができる。あまりWiFi接続詳しくない初心者でもWiFiルーターIDパスワード接続できるのでおすすめだ。ただし、スマホデーター通信量を「使い放題」にしている場合には、ネットワークスピードに差はあるものの、通信料金節約には、意味がないことがほとんどである。

「WiFi」の熟語・言い回し

WiFi接続とは


WiFi接続とは、無線通信対応の機器通信可能な状態にすることを指す。一般的には無線通信接続の要を担うWiFiルーターノートパソコンスマホなどの端末機器通信可能な状況表している。

ワイファイ料金とは


ワイファイ料金とは、WiFiの使用料金を意味する通常月額料金を指すことが多い。WiFiの利用形態は二種類ある。一つ自宅インターネット回線設け、そこにWiFiルーター接続して運用する方法である。この場合自宅内のみのWiFi環境となる。二つ目は、通信回線会社提供するモバイルWi-Fiルーター接続して運用する方法になる。この場合は、外出先でもWiFi通信が可能である。どちらの通信方法でも通信スピード通信量条件により、料金差異発生する

Wi-Fiルーターとは


Wi-Fiルーターとは、オフィス家庭などLANローカルエリアネットワーク)とノートパソコンスマホゲーム機などの無線通信機器との仲介を行う機器のことである。一般的に無線LAN親機とも呼ばれる

ポケットWiFiとは


ポケットWiFiとは、Y!Mobile(ソフトバンクグループ)の通信サービス名「Pocket WiFi」のことである。しかしながら一般的には、他の通信回線提供会社を含む、持ち運んでインターネット接続可能なコンパクトな無線LANルーター全般を指すことの方が多い。

タウンWiFiとは


タウンWiFiとは、インターネットサービス提供事業者GMOタウンWiFi」が提供するフリーWiFi接続サービスである。アプリスマホ入れておくだけで近くフリーWiFiスポット自動的に接続してくれるサービスとなっている。月額利用料金無料パケット通信料節約が可能である。また、WiFiスポットへはパスワード不用ログインできるため非常に利便性が高い。ただし、GPS位置情報参照してフリーWiFi検索するため、通常の通信よりもバッテリー消耗が多い傾向にある。

ドコモWiFiとは


ドコモWiFiとは、公衆無線LANサービスであり、NTTdocomo提供していたサービスである。2001年サービス開始し2022年2月8日をもってサービス終了した

d WiFiとは


d WiFiとは、NTTドコモ提供する公衆WiFiサービスである。dポイントクラブ会員であれば誰でも利用できるサービスとなっている。2020年3月18日からサービス開始された。サービス終了したドコモWiFiから移行した形となる。

メッシュ WiFiとは


メッシュ WiFiとは、広範囲領域簡単にWi-Fiでカバーする仕組みのことを指す。メッシュ網目)のようにネットワーク機器繋ぎ合う通信形態を取ることで通信経路一部障害発生して回り込む経路存在するため通信安定していることがメリットとして挙げられる無線ネットワーク構築しているため、有線通信よりも簡単に広いエリアカバー可能である。

ワイファイ【Wi-Fi】


Wi-Fi

フルスペル:Wireless Fidelity
読み方ワイファイ

Wi-FiWi-Fiとは、無線LAN製品互換性検証するWi-Fi Allianceという業界団体によって付けられブランド名のことである。

Wi-Fiブランドは、Wi-Fi Allianceによって他社製品との互換性検証され無線LAN製品与えられる認定製品は「Wi-Fi CERTIFIED」のロゴ使用することができる。

Wi-Fiは互換性に関する認定ブランドであるが、Wi-Fi Allianceでは、互換性検証だけでなく、WPAWi-Fi Protected Access)やWPA2などの無線LAN暗号化方式規格や、WPSWi-Fi Protected Setup)という無線LAN機器同士簡単にセキュア接続できる規格など提唱し無線LAN普及と発展寄与している。

Wi-Fi
Wi-Fi Allianceのロゴマーク

Wi-Fi Allianceは、1999年WECAWireless Ethernet Compatibility Alliance)という名称で発足し2002年Wi-Fi Allianceになった。Wi-Fiのブランド名WECAWi-Fi Allianceとなった際に使用され始めた



※Wi-Fi、および、Wi-Fi CERTIFIEDのロゴマークは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
※Wi-Fi Allianceのロゴマークは、Wi-Fi Allianceの商標です。
※画像提供 / Wi-Fi Alliance
参照リンク
Wi-Fi Alliance - (英文
無線通信のほかの用語一覧
無線LAN:  ダイバーシティアンテナ  UQ WiMAX  WEP  Wi-Fi  WiMAX  WME  WPA

Wi-Fi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/29 08:12 UTC 版)

Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線LANに関する登録商標である[1]Wi-Fi Allianceアメリカ合衆国に本拠を置く業界団体)によって、国際標準規格であるIEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称。


注釈

  1. ^ 広義の「無線LAN」としては、IEEE802.15シリーズ等によるものを含む。
  2. ^ 2.4 GHz帯、5 GHz帯、6 GHz帯を含む

出典

  1. ^ ロゴも含め「Wi-Fi Alliance」名義で登録第4427605号
  2. ^ Wi-fi, dual-flush loos and eight more Australian inventions - BBC NEWS 2018年10月18日閲覧
  3. ^ Stallings, William (2016). Foundations of modern networking : SDN, NFV, QoE, IoT, and Cloud. Florence Agboma, Sofiene Jelassi. Indianapolis, Indiana. ISBN 978-0-13-417547-8. OCLC 927715441. https://www.worldcat.org/oclc/927715441 
  4. ^ Wi-Fi isn't short for "Wireless Fidelity" - Boing Boing 2014年6月28日閲覧
  5. ^ Paolini, Monica; Senza Fili (2020年9月27日). “Wi-Fi 7: The next generation in the evolution of Wi-Fi” (PDF) (英語). 6 GHz for Licence-Exempt Access. p. 4. 2022年9月1日閲覧。
  6. ^ 株式会社インプレス (2018年10月4日). “802.11axの呼称が「Wi-Fi 6」に、11acは「Wi-Fi 5」、11nは「Wi-Fi 4」 Wi-Fi Allianceが2019年より認証を開始” (日本語). INTERNET Watch. https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1146263.html 2018年10月5日閲覧。 
  7. ^ Wi-Fi 6 | Wi-Fi Alliance” (英語). www.wi-fi.org. 2018年10月5日閲覧。
  8. ^ Wi-Fi Alliance® introduces Wi-Fi 6 | Wi-Fi Alliance” (英語). www.wi-fi.org. 2018年10月5日閲覧。
  9. ^ a b 次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に、「n」は「4」、「ac」は「5」に──Wi-Fi Alliance」『ITmedia NEWS』。2018年10月5日閲覧。
  10. ^ Wi-Fi Alliance® brings Wi-Fi 6 into 6 GHz | Wi-Fi Alliance”. www.wi-fi.org. 2022年8月9日閲覧。


「Wi-Fi」の続きの解説一覧

Wi-Fi(ワイファイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:09 UTC 版)

マリオカートWii」の記事における「Wi-Fi(ワイファイ)」の解説

ニンテンドーWi-Fiコネクション」に接続して同時に接続しているほかの誰かやあらかじめ登録しておいた「フレンド」と、「VS」や「バトル」でネットワーク対戦ができるモード詳細後述のWi-Fiの記事参照

※この「Wi-Fi(ワイファイ)」の解説は、「マリオカートWii」の解説の一部です。
「Wi-Fi(ワイファイ)」を含む「マリオカートWii」の記事については、「マリオカートWii」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Wifi」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「WiFi」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Wifi」の関連用語

Wifiのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Wifiのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWi-Fiの記事を利用しております。
カメラマンWebカメラマンWeb
© 2005-2024 モーターマガジン社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWi-Fi (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのマリオカートWii (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS