批判的な意見とは? わかりやすく解説

批判的な意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 21:51 UTC 版)

小林一茶」の記事における「批判的な意見」の解説

一茶の句については、特にプロ俳人たちから多くの批判集めてきた。加藤楸邨一茶ほど専門俳人から反発受けた例は少ないとしている。一茶世に持て囃されるのは俗情訴えかけるからにすぎす、詩人として低級であるという見方をされるのである山本健吉一茶の句にはあまりにも多くの私的な感情含まれていて、これは一茶の句の汚点感じられるとしている。 2万句を超える一茶の句の中には上記のような批判甘んじて受けざるを得ない句が相当数含まれている。加藤楸邨一茶の句には詩的な共感ではなく素材が持つ共感振り回されてしまう句が見られる指摘している。また一茶の句が下手をすると単なる洒落に陥ってしまい、芸術飛び出しかねない危惧は、早くも師であり同志でもあった夏目成美鋭く指摘していた。一茶擬態語擬声語擬音語いわゆるオノマトペ多用している。しかしオノマトペを句に上手に生かすというよりも、句の中心に置いてしまう傾向があるその結果オノマトペに句全体引きずられてしまい、余韻余情乏しい、詩的内容欠け作品多く見られる。もちろん一茶にとってオノマトペ多用に代表される俳句表現方法における様々な挑戦は、型に嵌り切って窮屈なものになってしまっていた既成俳句世界から脱出するための大きな武器になったが、反面定型との厳し葛藤を経ながら自らの作品完成させていくという俳句本来の性質から遠ざかってしまうものでもあった。 栗山理一は、一茶繊細な詩的センス持ち合わせていながら、そのセンス生かしてひとつの句を完成させるよりも、性急に句として完成させてしまう傾向指摘している。様々な俳句素材貪欲に発掘し続けた一茶は、それら豊富な素材パッチワークのように当てはめて、句を大量生産したと見ているそのため一茶作品における感性出来不出来はっきりと出てしまう結果となったとしている。 また一茶高い次元での統一性成立させることが無かったという指摘見られる栗山理一一茶句作は自然を純粋に見る目諧謔もてあそぶ姿勢繊細な詩的センス現実見据えた情念など、様々な要素混在したまま自己統一を図ることなくもっぱら己の発想強引に押し進め続けたとしている。加藤楸邨また、一茶歪んだ我執が強い感情無垢な童心に分裂したまま、事物その都度反射的に受け入れバラバラ形で自己封じ込め作品作り続けたとしている。

※この「批判的な意見」の解説は、「小林一茶」の解説の一部です。
「批判的な意見」を含む「小林一茶」の記事については、「小林一茶」の概要を参照ください。


批判的な意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 14:42 UTC 版)

中華連邦主義」の記事における「批判的な意見」の解説

軍閥時代孫文は、連省自治実行南北政府による平和的統一主張した陳炯明敗北したその後に彼は中国アメリカとは異な歴史と発展しているため、アメリカ連邦制度導入することは困難である。」と主張した彼の著書三民主義」では次のように述べられている。 「 連邦制考えは元々統一されていた中国を、100年前アメリカのように20以上の地域分割し再度統一するようなものであり、大きな間違いである。ただ、アメリカ世界の中で豊かで力強い国になった中国豊かで力強アメリカ連邦制学ばなくてはならない欧米人市民権のために戦うのではなく自由と平等のために戦うのと同じである。我々中国人欧米人スローガン学び自由と平等のために戦う革命備えなければならない。 ...我々のいる東アジアにおいて適切に連邦」という言葉使用するなら、中国日本連合するか、中国安南ミャンマーインドペルシャアフガニスタン統一国家とするくらいでなくてはならないこれらの国々はまだ統一されていないが、現時点でヨーロッパ抵抗できるほどアジア強く繁栄し大きな国家統一されることは理にかなっている内地十八省と東三省特別区に関して清朝統一された。我々は清朝倒して今日共和国成立させ、この領土継承した。 」 孫文は、この考えにしたがって軍閥割拠する中国統一望み、連ソ容共扶助工農主張した

※この「批判的な意見」の解説は、「中華連邦主義」の解説の一部です。
「批判的な意見」を含む「中華連邦主義」の記事については、「中華連邦主義」の概要を参照ください。


批判的な意見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 14:25 UTC 版)

佐藤幸徳」の記事における「批判的な意見」の解説

第十五軍高級参謀木下秀明大佐は、退却して来た三十師団参謀長加藤国治大佐面会した時の状況回想録次のように記している。『その晩佐藤師団長罷免軍命があったので朝これを加藤参謀長告げたところ、加藤大佐は、今は上官ではないか事の真相話そうといって師団長態度及び処置について一切を詳しく私に打ち明けて統帥上、軍紀上、軍律上の痛憤止まる所を知らないと、真に憤慨した。』 土門周平によるとインパール作戦時には上司牟田口中将とだけでなく、部下の第33歩兵団長である宮崎繁三郎少将とも折り合い良くなかった宮崎は、食糧十分でない前線部隊にまで佐藤慰安所設けようとしたことや、宴席率先して猥談をしたこと、公然とインパール作戦失敗予言していたこと、テント暮らし兵士尻目に数寄屋造豪華な師団長宿舎造らせていたことなどを不快に感じていた。

※この「批判的な意見」の解説は、「佐藤幸徳」の解説の一部です。
「批判的な意見」を含む「佐藤幸徳」の記事については、「佐藤幸徳」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「批判的な意見」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「批判的な意見」の関連用語

批判的な意見のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



批判的な意見のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小林一茶 (改訂履歴)、中華連邦主義 (改訂履歴)、佐藤幸徳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS