有限会社とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 社団法人 > 有限会社の意味・解説 

ゆう げんがいしゃ いう-ぐわい- [5] 【有限会社】

商行為その他の営利行為目的として設立される社団法人有限会社法1938年制定)に基づく。社員がその出資額を限度とする有限責任を負うにとどまる点で,株式会社類似する物的会社であるが,設立組織簡素化され,中小企業経営適する。2005年平成17)の商法改正により廃止

有限会社

読み方:ゆうげんがいしゃ
別表記:ユウゲンガイシャ

有限会社法によって規定されている会社を意味する語。中小企業形態一つで、社員数が50人以下と限定され、創立総会取締総会開催強制されていないことから、株式会社ほど厳密な形態ではない。2006年5月施行された会社法により、有限会社制度廃止されている。

有限会社

【英】limited company

企業形態一種で、一口出資金額が均一であり、有限責任を負う社員のみによって組織された会社人的結合中心とした少数共同企業であるため、実質的には合名会社合資会社に近いが、形式的には株式会社類似する点が多い。また、社員総数50人以下と限定されているため、その設立社員総会の手続きなども簡素化され、株式会社ほど厳密ではない。

有限会社

中小規模向けの企業形態有限会社法では、出資者50人以下、資本金300万円以上と定められている。取締役一人代表取締役監査役は置かなくとも良い創立総会取締役会開催しなくともよい。ちなみに株式会社は、取締役3人以上、代表取締役一人以上、監査役一人以上必要となっている。  尚、平成18年5月1日より「新会社法」が施行され、有限会社は株式会社と共に一つ会社類型株式会社)として統合されることになり、資本金下限額も撤廃されることになった。

有限会社

有限会社法に基づく有限会社の組織形態とっていものをいう

有限会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/02/05 04:47 UTC 版)

有限会社(ゆうげんがいしゃ)とは、日本において過去に設立が認められていた会社の形態の1つである。2006年(平成18年)5月1日会社法施行に伴い根拠法の有限会社法が廃止され、それ以降、有限会社の新設はできなくなった。


[ヘルプ]
  1. ^ 出典:第162回衆議院法務委員会 2005年(平成17年)4月19日法務省民事局長答弁より


「有限会社」の続きの解説一覧





有限会社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

有限会社に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「有限会社」の関連用語

有限会社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

八ヶ岳南麓高原湧水群

モニタリングステーション

資材搬送車

クロサバフグ

821SH

二方向交通

ドブロウォルスキー

ビーノ





有限会社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2016 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2016by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
フランチャイジングJPフランチャイジングJP
Copyright(C)1999-2016 franchising.jp All rights reserved
農林水産省農林水産省
Copyright:2016 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有限会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS