永井隆 (医学博士)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 永井隆 (医学博士)の意味・解説 

永井隆 (医学博士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 03:06 UTC 版)

永井 隆(ながい たかし、1908年明治41年)2月3日 - 1951年昭和26年)5月1日)は、日本の医学博士、随筆家。『長崎の鐘』や『この子を残して』等の著書がある。


  1. ^ 片岡, pp. 10-11.
  2. ^ a b 片岡, p. 14.
  3. ^ 片岡, p. 19.
  4. ^ 片岡, p. 29.
  5. ^ a b 片岡, p. 26.
  6. ^ カルシュ先生の想いで 投稿日:2009年2月10日(火)、奥谷タイムトンネル
  7. ^ グリン(1989)、28頁
  8. ^ 永井隆博士が旧制松江高校時代の恩師にあてた直筆ハガキを展示 2011年12月12日、島根大学
  9. ^ 片岡, p. 25.
  10. ^ 片岡, p. 33.
  11. ^ 片岡, p. 21.
  12. ^ 文部科学省学校保健統計調査 / 年次統計によれば、1927年度の17歳の平均身長160.7cm、平均体重52.5kg(参考:2018年度平均身長170.6cm、平均体重62.4kg)
  13. ^ 片岡, p. 30.
  14. ^ 片岡, p. 50.
  15. ^ 片岡, p. 42.
  16. ^ 片岡, pp. 42-43.
  17. ^ 片岡, p. 59.
  18. ^ a b 片岡, p. 60.
  19. ^ 片岡, p. 61.
  20. ^ 長崎大学放射線医学教室の沿革 長崎大学病院 放射線科
  21. ^ 片岡, p. 62.
  22. ^ グリン(1989)、133‐134頁
  23. ^ グリン(1989)、156‐157頁
  24. ^ a b 片岡, pp. 63-64.
  25. ^ 片岡, p. 119.
  26. ^ a b c d 片岡, p. 156.
  27. ^ 片岡, pp. 142-143.
  28. ^ 片岡, p. 360.
  29. ^ 片岡, p. 83.
  30. ^ a b 永井隆記念国際ヒバクシャ医療センター 名誉センター長 故久松シソノ先生
  31. ^ 片岡, p. 172.
  32. ^ 片岡, p. 173.
  33. ^ 片岡, p. 174.
  34. ^ 永井隆『原子野録音』(聖母の騎士社)90-91頁
  35. ^ 片岡, p. 189.
  36. ^ 県内・墓碑銘(2012年12月25日更新) 長崎新聞
  37. ^ 日本ニュース戦後編第135号|NHK戦争証言アーカイブス
  38. ^ 片岡, p. 243.
  39. ^ a b 片岡, p. 246.
  40. ^ 片岡, pp. 309-310.
  41. ^ 片岡, p. 311.
  42. ^ 片岡, p. 339.
  43. ^ 片岡, p. 341.
  44. ^ 片岡, p. 342.
  45. ^ 片岡, p. 349.
  46. ^ 片岡, pp. 349-350.
  47. ^ a b 片岡, p. 356.
  48. ^ 片岡, p. 351.
  49. ^ a b 片岡, p. 357.
  50. ^ 片岡, p. 358.
  51. ^ 碑は訴える, p. 131.
  52. ^ 永井隆 平和を祈り愛に生きた医師. 童心社 
  53. ^ 永井隆 生命の河―原子病の話 サンパウロ 2008年 215-216頁
  54. ^ 原子爆弾救護報告書:永井隆. 原子爆弾救護報告書:永井 隆
  55. ^ a b 永井隆『原子野録音』(聖母の騎士社)18頁
  56. ^ a b c d 永井隆『原子野録音』(聖母の騎士社)19頁
  57. ^ 永井隆『原子野録音』(聖母の騎士社)20頁
  58. ^ L 特別講演 「原子力利用の現状と見通し」
  59. ^ 放射線のリスク・コミュニケーションと合意形成はなぜうまくいかないのか?(8) ――山下俊一氏はリスコミをどう理解してきたのか? 島薗進・宗教学とその周辺
  60. ^ 原子力文化 2012年1月号 新春対談 福島のいま、そして明日-地域住民参加型の健康管理が必要に-
  61. ^ [enercon.jp/pdf/008_sawada_denkijouho.pdf澤田哲生 脱原発較調にぶれてはならない原子力研究 - 電気情報2011年11月号- 日本エネルギー会議]
  62. ^ 八月十五日に思う 永井隆 小学五年生 1950年8月号
  63. ^ 永井隆 いとし子よ サンパウロ 2002年 207-209頁
  64. ^ 永井隆博士の長男、記念館館長 永井誠一氏が死去, ナガサキ・ピースサイト 2001/04/06
  65. ^ 筒井茅乃さんを偲ぶ、カトリック枚方教会
  66. ^ 筒井茅乃さんが死去 父・永井博士の遺志継承 47NEWS
  67. ^ 永井隆記念館
  68. ^ 雲南市永井隆記念館
  69. ^ 愛と平和がテーマ 島根県雲南市「永井隆賞」小論文や作文を募る ヒロシマ平和メディアセンター 2013年4月23日
  70. ^ 永井隆 平和記念・長崎賞について、NASHIM
  71. ^ 永井隆記念国際ヒバクシャ医療センター
  72. ^ 推薦の言葉 山下 俊一、永井隆博士の思想を語る 山内 清海 著 1頁
  73. ^ 特定非営利活動法人 長崎如己の会
  74. ^ 機関紙「神の家族」- ODN 2010年9月号、カトリック浦上教会
  75. ^ 韓国「如己愛人賞」受けた中高生が追悼行事参加へ 8日に来崎 2010年8月4日 長崎新聞
  76. ^ allthatremains - Major Oak Entertainment


「永井隆 (医学博士)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「永井隆 (医学博士)」の関連用語

永井隆 (医学博士)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



永井隆 (医学博士)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永井隆 (医学博士) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS