巻とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > の意味・解説 

かん〔クワン〕【巻】

【一】[名]

巻物巻物にした書物巻子本(かんすぼん)。「巻を開く」

書物書籍

何冊か合わせてひとまとまりとなる書籍の、その一つ一つ

【二】接尾助数詞

書籍冊数をかぞえるのに用いる。「全3巻の書物

巻物テープフィルムなどの数をかぞえるのに用いる。「巻物3巻」「フィルム5巻」


まき【巻(き)】

【一】[名]

巻くこと。また、巻いた程度。「ぜんまいの巻きが弱い」

書画巻物また、その区分冊子になったものの区分にもいう。「源氏物語若菜の巻きを読む」

俳諧付合(つけあい)を長く続けたもの。また、その書き物

茅巻(ちまき)」を略していう女房詞

【二】接尾助数詞

巻いた回数数えるのに用いる。「二巻き巻く」

巻き物書物の数を数えるのに用いる。

「すべて千歌(ちうた)、二十(はた)—、名づけ古今和歌集といふ」〈古今仮名序


けん【巻/乾/間/監/簡】

〈巻〉⇒かん

〈乾〉⇒かん

〈間〉⇒かん

〈監〉⇒かん

〈簡〉⇒かん


かん【巻〔卷〕】

[音]カン(クヮン)(呉) ケン(漢) [訓]まく まき

学習漢字6年

[一]カン

巻物。「巻軸巻子本(かんすぼん)/経巻

書物。「巻首巻頭巻末圧巻開巻書巻全巻別巻

いたもの書物数える語。「万巻(ばんかん)・万巻(まんがん)」

[二]ケン〉(「捲(けん)」と通用)まく。「巻雲巻土重来席巻

[三]〈まき〉「巻紙巻物竜巻葉巻絵巻物

名のり]まる

難読]掻(か)い巻・巻繊(けんちん)


かん クヮン 【巻】

1 〔名〕

巻き物巻き軸巻子本(かんすぼん)。

今昔1120頃か)七「経巻を開て見奉るに〈略〉文字一も不在ず。此を見て恠て、亦、他の巻を開て見奉るに、只前の巻の如し」〔韓愈‐与陳給事書〕

② (古く書物巻き物になっていたところから) 書籍。本。また、書籍一冊まとまり。→巻を追う

ささめごと(1463‐64頃)下「手不巻、常読此経口無言声、遍誦衆典」〔宋書隠逸伝・陶潜

2接尾

書籍巻き物の数をかぞえるのに用いる。

凌雲集(814)序〈小野岑守〉「作者二十三人、詩惣九十首、合為一巻、名曰凌雲新集」〔法言学行

書籍冊数や一冊の内の区分を示すのに用いる。

テープ映画フィルムなどの数を数えるのに用いる。映画一巻は普通一〇〇フィート(約三〇五メートル)。

*夢声半代記(1929)〈徳川夢声幻滅! ザマア見ろ「映画伊太利物の人情劇で、極彩色全二巻(クヮン)」


まき【牧・真木・槇・巻】

姓氏一つ


まき【巻】

1 〔名〕 (動詞「まく(巻)」の連用形名詞化) 巻くこと、また巻いた状態のものをいう

① 巻くこと。巻きかたや、巻いた程度表わす。「巻きが強い」など。多くは他の語と熟し用いる。「左まき」「簀(す)まき」など。

書画などの巻物巻物一軸ごとをさしていう。後には、冊子形態とっていても、「上の巻」「下の巻」などと呼ぶように、書物区分についていう。

書紀720雄略即位前(前田本訓)「語は穴穂天皇の紀(みマキ)に在り

源氏100114頃)絵合「左、猶数一つある果てに、須磨のまき出で来たるに、中納言御心騒ぎにけり」

連歌俳諧で、歌仙三十六句)、世吉四十四句)、百韻などの連句一巻のこと。

許六芭蕉書簡元祿六年(1693)正月一二日「彦根より巻など参候よし珍重

④ 粽(ちまき)をいう女房詞

御湯殿上日記文明九年(1477)五月四日「山くにのまきまいる」

(5)まきぞめ巻染)」の略。〔随筆貞丈雑記(1784頃)〕

(6)おだまきむし苧環蒸)」の略。

歌舞伎初霞空住吉かっぽれ)(1886)「蕎麦(そば)は結構、巻(マキ)かあられか天麩羅(てんぷら)か」

2接尾〕 巻いたもの数えるのに用いる。

① 巻いて一区切りとした状態のものを数えるのに用いる。

源氏100114頃)野分「紙ひとまき、御硯(すずり)の(ふた)に取りおろして奉れば」

② 特に書物数えるのに用いる。のちには巻物仕立てでないものにもいう。

古今(905‐914)仮名序「すべて千うた、はたまき、名づけ古今和歌集といふ」

③ 巻いた回数数えるのに用いる。「二まき巻く」


ま・く【巻・捲】

1 〔他カ五(四)

物のまわりにぐるぐるからませる。まといつかせる。巻きつける。

古事記(712)中・歌謡「やつめさす 出雲建(いづもたける)が 佩ける太刀 黒葛(つづら)多(さは)麻岐(マキ) さ身なしにあはれ」

② 布、また紙などを、一端を軸として、くるくると丸くする。また、丸くたたみこむようにする。

古事記(712)序「旌(はた)を巻(まき)戈(ほこ)を戢めで、儛ひ詠ひて都邑(みやこ)に停りき」

③ 物や場所のまわりをぐるりと取り囲む

大日経義釈延久承保点(1074)五「縁を巻(マイ)たる沙糖の」

④ しまう。収納する。納めておく。

仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「あまたの人の中をひ出て能道を示すといへ共、用いずはまひて懐にす」

(5) 連歌俳諧で、連歌連句行なうのをいう。

芭蕉一句1963)〈唐木順三〉「『夏の月』の歌仙が巻かれたのは元祿三年の夏」

(6) 物を、それにつけた綱などを軸にまといつかせて、上に上げる。巻き上げる

俳諧奥の細道(1693‐94頃)象潟「此寺の方丈に座して簾を捲ば」

(7) 渦(うず)状を示す。巻いた結果渦状になる。「渦を巻く」「とぐろを巻く」など。

(8) ねじやぜんまいなどを、ねじり回してしめる。

内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉九「けふは色々と事にまぎれて、ツイ巻(マキ)忘れて」

(9) (「舌を巻く」の形で用いて驚き恐れ、あるいは感嘆などでことばも出ないさまをいう。

(10) (「くだを巻く」の形で用いて) 酒に酔って、とりとめのないこと、不平などをくどくどと言う

(11) (「証文を巻く」の形で用いて) 書かれた事柄権利などを無にする放棄する。

腕くらべ(1916‐17)〈永井荷風〉二二「証文位はきれいに巻いてやらうかと思ってゐるんだ」

(12) 登山で、急な登り難所避け山腹迂回する。

登山技術(1939)〈高須茂山稜渓谷「どうしても登れない場合は、藪くぐり覚悟で高く捲かなければならない

2 〔自カ五(四)

渦巻状になる。うずまく

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「眉間の毫相は常に右に旋(マケ)り」

たちこめなどがおさまる。

文華秀麗集818)上・奉和春日江亭閑望〈巨勢識人〉「潮生孤嶼没。巻巨帆懸」

③ (「息がまく」の形で用いる。「息がはげしく渦巻状になる」意から) 息がはずむ。はげしい呼吸をする。〔日葡辞書(1603‐04)〕


Quan

ケン

巻の音は去反切漢書注》。

長吏

県人


読み方:まき

  1. 兵児帯。〔第二類 人物風俗
  2. 兵児帯を云ふ。
  3. 帯を云ふ。ぐるとも云ふ。
  4. 兵児帯のこと。

分類 犯罪者露天商人


読み方:まき

  1. 茅巻を云ふ。

分類 女房詞

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:マキmaki

所在 新潟県(JR越後線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
まき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 22:38 UTC 版)

(まき、かん)




「巻」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/07/03 04:38 UTC 版)

発音(?)

固有名詞

  1. (まき) 新潟県中部西蒲にかつてあった町。

名詞

  1. (まき) 小説漫画などの話の一区切り。回。章。

接尾辞

  1. (カン) 内容連続した書籍などの一つ一つ数え

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:56 UTC 版)

発音(?)

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



巻と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「巻」の関連用語

1
90% |||||

2
90% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

巻のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



巻のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2022 mujin. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの巻 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS