大井川用水とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 運河 > 日本の疎水 > 大井川用水の意味・解説 

大井川用水

大井川用水
大井川用水
この疏水関連情報
疏水マップダウンロード
大井川用水
水土里の路ウォーキング
(農林水産省HPへ外部リンク)
大井川用水
疏水を守る活動
(農村地域の資源保全HPへ外部リンク)
大井川用水
大井川用水 疏水概要
疏水所在
静岡県島田市周辺の9市町村約8,000haに通水

所在地域の概要
島田市六合、初倉地区藤枝市焼津市吉田町榛原町通年用水導水する施設

疏水概要特徴
大井川下流域に広がる水田地帯では、江戸時代東海道要所として栄え食料確保のため大規模新田開発拠点として大井川水源求めて大井川十数ヵ所水門設けていましたが、当時施設原始的なもので洪水のたびに壊れてしまい、復旧するためには多く費用労力が必要で農家の人たちの負担大きく大変苦労しました。また、この地域水田は、扇状地砂礫土のため保水力が弱く通称「ざる田」と呼ばれ、大量用水を必要としていました。現在は用水安定供給が図られたため、水田レタスなどの二毛作及び茶業が営まれています。 また、牧の原台地西側となる掛川市などの右岸地域では、大井川天竜川大河から遠く地域内にある河川流量少ないため、十分な用水確保することは困難で、谷間小さなため池作り渇水に耐えていました。現在は大井川から用水が得られたため、日本有数メロンイチゴなど施設栽培を用いた高品質農業が営まれる程に生まれ変わりました。


くわしい情報
大井川用水
関東農政局 大井川用水農業水利事業所
http://www.kanto.maff.go.jp/nou_seibi/2/c93/
menu.htm
大井川用水

大井川用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/22 01:45 UTC 版)

大井川用水(おおいがわようすい)は、静岡県大井川周辺8市2町に水を供給する国営および県営の灌漑用水




注釈

  1. ^ a b c 地理的には右岸だが、用水の経路から左岸地域に分類される。

出典

  1. ^ 水力発電所データベース 赤松(東海パルプ)”. 電力土木技術協会 (2008年3月31日). 2016年11月29日閲覧。データは旧設備のもの。
  2. ^ 環境への対応”. 特種東海製紙. 2016年11月29日閲覧。
  3. ^ 【国営大井川用水農業水利事業とは?】 5. 小水力発電”. 関東農政局. 2018年2月12日閲覧。


「大井川用水」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大井川用水」の関連用語

大井川用水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

拾ヶ堰

小野用水

城原井路

新庄長溝用水

加古川西部用水

五郎兵衛用水

三光堰

那須野ヶ原用水





大井川用水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
疏水名鑑疏水名鑑
Copy Light(c) : The Ministry of Agriculture Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大井川用水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS