三浦按針とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 日本名 > 三浦按針の意味・解説 

みうら‐あんじん【三浦按針】


三浦按針

作者白石一郎

収載図書玄界灘
出版社文芸春秋
刊行年月2000.9
シリーズ名文春文庫


ウィリアム・アダムス

(三浦按針 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 08:03 UTC 版)

ウィリアム・アダムス(William Adams, 1564年9月24日 - 1620年5月16日元和6年4月24日[要出典])は、江戸時代初期に徳川家康に外交顧問として仕えたイングランド人航海士・水先案内人・貿易家。三浦 按針(みうら あんじん)の日本名でも知られる。


注釈

  1. ^ この船は1610年(慶長15年)になって、上総国御宿海岸で遭難し地元民に救助された前フィリピン総督ロドリゴ・デ・ビベロに家康から貸し出され、サン・ブエナ・ベントゥーラと名付けられた。
  2. ^ 後述する1982年のジリンガム市との姉妹都市提携日。
  3. ^ 1998年、ジリンガム市と隣接するロチェスター市と合併して発足。

出典

  1. ^ ウィリアム・アダムス|人物事典 - 三浦半島観光地図”. そらいろネット. 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ Saris John; Sir Ernest Mason Satow (1900). The voyage of Captain John Saris to Japan. 1613. London : Printed for the Hakluyt Society. http://archive.org/details/captainjvoyageof00saririch [要ページ番号]
  3. ^ 菅沼貞風『大日本商業史東邦協会、1892年、389頁。
  4. ^ 森良和「ウィリアム・アダムズの日本人妻 ―その出自と名前をめぐって― (PDF) 」 『玉川大学教育学部紀要』第2016号、玉川大学教育学部、2017年3月31日。[要ページ番号]
  5. ^ a b c d 横須賀市政策推進部文化振興課: “三浦按針と横須賀 (PDF)”. 横須賀市. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  6. ^ 三浦按針祭観桜会 (William Adams Cherry Blossom Party)”. 横須賀市. 2013年9月21日閲覧。
  7. ^ a b 三浦按針祭観桜会 (William Adams Cherry Blossom Party)”. 横須賀市. 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  8. ^ 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  9. ^ “按針の功績、再考の日に あす横須賀の浄土寺で400回忌法要”. 東京新聞神奈川版. (2019年10月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201910/CK2019102502000131.html 2020年2月24日閲覧。 
  10. ^ “横須賀市 市指定文化財、新たに3件”. タウンニュース横須賀・三浦. (2021年3月19日). https://www.townnews.co.jp/0501/2021/03/19/566489.html 
  11. ^ 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2017年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  12. ^ 三浦按針の墓”. 平戸観光協会. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  13. ^ 三浦按針祭観桜会 (William Adams Cherry Blossom Party)”. 横須賀市. 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月21日閲覧。
  14. ^ 「神奈川新聞」横須賀版、2019年4月27日付。[要ページ番号]


「ウィリアム・アダムス」の続きの解説一覧



三浦按針と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三浦按針」の関連用語

三浦按針のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三浦按針のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィリアム・アダムス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS