マイクロライトプレーンとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > スポーツ辞典 > マイクロライトプレーンの意味・解説 

マイクロライトプレーン

歴史と沿革

飛行機乗りたい! 空を飛びたい! と、誰もが一度は願うもの。そんなスカイレジャーを手軽楽しめる簡易構造飛行機日本に入ってきたのは、1970年代初頭の頃です。こうした飛行機は、日本では超軽量動力機と呼ばれますが、国際的にはマイクロライトプレーンと呼ばれています。


マイクロライトプレーンはもともとハンググライダーエンジン付けたのが始まりといわれていますが、今では、初期の頃のようなパイプ組み立て簡易機体から小型飛行機見まがうような機体まで、多種多様飛行機飛んでいます。

日本で飛ぶマイクロライトプレーンのほとんどは、機体重さが225kg以下の超軽量動力機呼ばれるものです。この飛行機操縦方法によって3種あります。ひとつは飛行機型の「舵面操縦型」、もうひとつは翼にハンググライダーを使う「体重移動操縦型」、そして翼の代わりにパラグライダーを使う「パラシュート型」です。これら3つは外観だけでなく、操縦方式も全く異なりますが、「操縦者着座姿勢飛行できる着陸装置動力装置装備した簡易構造飛行機」であるという点で共通しています。


日本に入ってきたばかりの頃、機体は非常に簡単な構造であり、飛行機概念には該当しないと考えられ、国内でも自由に飛んでいました。しかし、1982年航空局通達飛行機判断されたことで航空法適用を受けることになり、以来空を飛ぶには航空法に基づく飛行許可が必要になりました。とはいえ、マイクロライトプレーンは依然として手軽安価操縦桿握り、空の散歩を楽しむことのできる飛行機であることは間違いありません。

●飛ぶためには~許可取得
マイクロライトプレーンは飛行機なので、安全性確保するために航空法基づいて国土交通省からの許可を受ける必要があります。まず、航空法11条第1項但し書きに従い、超軽量動力機機体飛ばし良いかの許可を受けなければなりません。耐空証明(*1)を取れない簡易飛行機なので、まずはレジャーのための試験飛行をして良いかの許可をとります。

次に同法28条第3項の規定基づいて試験飛行をして良いとの許可を受けた超軽量動力機で、航空法79条の許可を受けた場外離着陸場において飛行してよいかの許可を受けます。
その際機体操縦する技量があるかを航空局確認した「技量習得確認書」を添付します。この確認書を受けるためには、自動車のような教習所はなく、愛好者が集まって飛行を楽しんでいるクラブ講習を受け15時間上の飛行経験を積んだ後、その操縦指導者証明書添え航空局申請します。

(*1)耐空証明: 航空法に基づき航空機安全性について国土交通大臣証明する制度
   機体構造強度、および飛行性能等が基準適合しているか検査判断される。

*より詳細許可条件規制などについてはこちらご参照ください


NPO法人 日本マイクロライト航空連盟(JML)

日本におけるマイクロライトプレーンの普及振興を図ることを目的に、日本マイクロライト航空連盟(JML)が1995年発足し、2000年特定非営利活動法人NPO)となりました。超軽量動力機愛好者団体として、超軽量動力機に関する問い合わせ相談に応じるほか、講習会競技会開催飛行許可取得支援なども行っています。



超軽量動力機

(マイクロライトプレーン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/11 17:24 UTC 版)

超軽量動力機(ちょうけいりょうどうりょくき)は、非常に軽量かつ簡単な構造の機体を有する動力付の航空機[1]


  1. ^ a b c 日本航空協会『日本航空史 昭和戦後編』1992年、493頁
  2. ^ http://www.raa.asn.au/operations/regulations.html Accessed 25 Nov 2010
  3. ^ http://www.raa.asn.au/operations/LSA_explained.html Accessed 25 Nov 2010
  4. ^ Hang Gliding Federation of Australia (undated). “The HGFA”. 2008年5月25日閲覧。
  5. ^ Recreational Aviation Australia Inc (2007年8月). “About the RA-Aus association and our mission”. 2008年5月25日閲覧。
  6. ^ Legal Services Group Civil Aviation Safety Authority (2007年7月). “PART 200 Aircraft to which CASR do not apply”. 2008年5月25日閲覧。
  7. ^ 用語集 A~C - 国土交通省>航空>航空行政の概要(更新日不明)2018年5月19日閲覧
  8. ^ 超軽量動力機又はジャイロプレーンに関する試験飛行等の許可について(国土交通省航空局サーキュラー)
  9. ^ 国土交通省航空・鉄道事故調査委員会による航空機事故調査報告書によれば、離陸時の急激な機首(頭)上げに伴う失速墜落(航空機特性の理解不足、操縦技量未熟)、急激な旋回による空中分解(機体制限事項に対する理解不足)、着陸時の操縦操作を誤り墜落(操縦技量未熟)、離陸滑走中の操作を誤る(操縦技量未熟)、自作機の自己流改造による機体部品破損墜落(航空機構造などの理解不足)などのヒューマンエラーでの死亡事故が多数報告されている。報告書内では、教育訓練の不足による問題も記述しており、技量や知識の低さを指摘し、これらの点を改善すべきであるとの記載がある。


「超軽量動力機」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロライトプレーン」の関連用語

マイクロライトプレーンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイクロライトプレーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2019 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの超軽量動力機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS