アンチダイブとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > アンチダイブの意味・解説 

アンチダイブ

英語 anti-dive

ブレーキ時の荷重移動により、車体前傾になることをノーズダイブといい、荷重移動より前後のサスペンション伸縮するために起こる。これを抑制することをアンチダイブ、またはアンチノーズダイブという。

反対語 アンチスクォト
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

フロントサスペンション (オートバイ)

(アンチダイブ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 03:40 UTC 版)

フロントサスペンションは、オートバイの車体を構成する要素の一つで、車軸を支持しながら路面の凹凸を吸収して振動を抑制しタイヤの接地を適切に保つための構造をもっている。典型的なオートバイはフロントサスペンションにテレスコピックフォークを持つ[1]


  1. ^ Motorcycle Mechanics Institute,The Complete Guide to Motorcycle Mechanics, 1984, p. 277, Prentice-Hall, Inc., ISBN 0-13-160549-6
  2. ^ a b c 自動二輪車のサスペンション装置概要 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 自動二輪車サスペンション/フロントサスペンション1/テレスコピック式フロントフォーク (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。
  4. ^ a b c [1][リンク切れ][出典無効]
  5. ^ AVDS(カワサキ)[出典無効]
  6. ^ Buell RS 1200” (英語). Carole Nash Bike Insurance. 2012年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。
  7. ^ Suzuki GSX550EF
  8. ^ K-バイクで行こう!(フォーク)[出典無効]
  9. ^ 零戦の構造上級篇 Archived 2010年7月7日, at the Wayback Machine.[出典無効]
  10. ^ オートギャラリー - ショールームのご案内 - 三菱自動車の概要 - 企業情報 - MITSUBISHI MOTORS JAPAN
  11. ^ a b c d e f g 自動二輪車サスペンション/フロントサスペンション1/リンク式フロントフォーク (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。
  12. ^ a b 自動二輪車サスペンション/フロントサスペンション2/リンク式フォークステア式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。
  13. ^ a b c 自動二輪車/サスペンション/構造(前輪2)/リンク式ハブステアリング式 (pdf)” (日本語). 特許庁. 2011年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月27日閲覧。


「フロントサスペンション (オートバイ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アンチダイブのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アンチダイブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフロントサスペンション (オートバイ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS