トルクチューブドライブ式サスペンションとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > トルクチューブドライブ式サスペンションの意味・解説 

トルクチューブドライブ式サスペンション

英語 torque tube drive type suspension

リンク式車軸(ライブアクスル)懸架装置一種で、左右トレーリングアームコイルばね作用させて車体懸架し、後車軸のデフ入力部にプロペラシャフト内蔵したトルクチューブを取り付けて、センターベアリングサポート部で、このトルクチューブ前端支持する構造である。横方向はラテラルロッドで規制する、変形4リンク式懸架装置。アンチスクォト・アンチダイブ特性優れる。駆動制動およびサスペンション反力動力伝達系で支えるので、ハード走行にはデフまわりの強化が必要になる。オペル・カデット影響を受けたいすゞ ・ジェミニと、派生車ピアッツァ採用された。

トルクチューブドライブ式サスペンション

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トルクチューブドライブ式サスペンションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トルクチューブドライブ式サスペンションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS