第一列島線とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 第一列島線の意味・解説 

【第一列島線】(だいいちれっとうせん)

米ソ冷戦終結した1990年代以後中国政府中国共産党)が推進している海洋戦略構想

かつて、中国軍長大国境線接すソ連への備えから、戦力整備陸軍空軍中心となっており、海軍のそれは沿岸防備レベルに留まっていた。
しかし、1991年ソ連崩壊に伴う米ソ冷戦終結とそれに伴うロシアとの関係改善により、中国の「仮想敵国」は日本台湾中華民国)、それを支援するアメリカへと替わり、それへの備えとして本構想誕生した。

構想は、九州沖縄台湾フィリピンボルネオに至るライン対米防衛線と設定し、有事にはこの範囲内制海権海上優勢)・制空権航空優勢)を確保して、アメリカ太平洋艦隊進出阻止できる態勢構築し、もって中国領土海洋権益保全目指すもの、としている。

中国では、(かつて歴代王朝との朝貢貿易関係にあった)この圏内を本来の国境とは別の戦略的辺彊」と呼び、この圏内安全保障海洋権益中国の手により守るべきもの、としている。

このため中国政府はこの海域における海底資源海底地形水温などの海洋調査活動精力的続けまた、航空母艦弾道ミサイル原潜揚陸艦などの建造新型戦闘機開発といった)海軍空軍兵力近代化や、圏内にある海外友好同盟国への根拠地整備積極的に推進しているが、この圏内は(中国同盟国ではない)日本台湾・フィリピン・インドネシアの領土領海および排他的経済水域であるため、これら各国は、自国安全保障上重大な脅威となる中国動き神経を尖らせている。

当初、本計画は「2010年頃までに達成させる」ものとされていたが、艦艇建造遅延をきたしていることから、現在では「2015年までに達成する」こととされている。

第二列島線

中国政府では現在、上記の「第一列島線」構想完成した後の戦略構想として「第二列島線」を用意しているという。
これは伊豆諸島小笠原群島マリアナ列島(サイパン・グアム)~パプアニューギニアを結ぶラインで、2020年までにこの範囲内海上航空優勢掌握できる体制完成させ、そして、2040~2050年代までに西太平洋インド洋アメリカ対抗できる海軍建設目指すのである


第一列島線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 06:08 UTC 版)

第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中華人民共和国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である[1]


  1. ^ a b c 中国安全保障レポート2011 - 防衛省防衛研究所
  2. ^ http://www.defenselink.mil/pubs/pdfs/070523-China-Military-Power-final.pdf "Military Power of the People’s Republic of China 2007" P16 ほかに宝島社『自衛隊vs中国軍』(ISBN4-7966-4802-X)55ページでは千島列島を起点としスラベシ島・ジャワ島までいたるとしている
  3. ^ 1953年度北京政府発行国定教科書「現代中国簡史」


「第一列島線」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「第一列島線」の関連用語

第一列島線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クフィル

KS-172

フェザリング

AH-1

スプーク

96式多目的誘導弾システム

ダブルデルタ

T尾翼





第一列島線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第一列島線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS