セパレートハンドルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > バイク用語 > セパレートハンドルの意味・解説 

セパハン

【別称】セパレートハンドル
セパレートハンドルの略。その名の通り一本の棒の両端グリップが付いているバーハンドルとは違い左右分割(セパレート)されたハンドルになっている
バーハンドルとの一番の違いはハンドルポジションが下げられること。おのずとライディングポジション前傾姿勢になるため、空気抵抗を減らせたり、重心前に移ることでよりスポーティライディングが可能となるため、主にロードレース用の車両に用いられる。
セパハン


関連用語】ニーグリップ ライポジ

セパレートハンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/23 01:50 UTC 版)

セパレートハンドルとはオートバイのハンドル形式の一つで、左右のハンドルが独立した部品で構成され、それぞれがフロントフォークを締め付ける環状の取付金具で固定される。フロントフォークを締め付けて固定(clip on)することから、英語圏では"clip-ons"と呼ばれる。






「セパレートハンドル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セパレートハンドル」の関連用語

セパレートハンドルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オフロード

ナナハン

サーモスタット

サスペンション

馬力

サービスマニュアル

自動遠心クラッチ

セルフステア





セパレートハンドルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2017 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセパレートハンドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS