カウルとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > カウルの意味・解説 

【カウル】(かうる)

cowl.
レシプロエンジン冷却効率の向上と、抗力低減目的とした覆い
エンジンカウル、カウリングとも。

関連カウルフラップ ナセル


カウル

英語 cowl

ウインドシールド下部エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップあるいはカウルハイト=ウインドシールドの下端部分を指す。本来は修道服の頭巾であり、1920年代ごろのクルマではダッシュパネルを上から覆い、前席乗員の足の部分を覆ったパネル部分また、カウリング一般にレーシングカーモーターサイクル航空機エンジンカバーをいう。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

カウル

【別称】フェアリングカウリング
空気抵抗を減らすため車体ついているカバーカウリング呼ばれることもある。 バイク場合、たとえ風が吹いていなくても、走行中は前方から風が吹いているのと同じ状態になる。もちろんなくても普通に走ることはできるけど、あれば体に当たる風を減らして疲労軽減できるのだ。そのため、カウルは風を受け流すカタチをしており、風の抵抗を減らす工夫がこらされている。 また、車体全体フォルム紡錘形呼ばれる流体力学にのっとった形に近づけることで、体積重量増えるものの空気抵抗を減らすことが可能。空気抵抗が減らせればスピードアップにもつながる。現在、コンマ1秒を争うレース分野ではこのカウルを使用することが常套手段であり必需品となっている。 カウルは、カタチや付ける場所によって名称が細かくかれている。フルカウルは車体全体がカウルに覆われている状態。各部分の名称で、アンダーカウルはエンジンの下に付けるカウル。レース用のモデルなどに多く見られる。ハーフカウルは、フルカウルからアンダーカウルを取ったものといったイメージ。ビキニカウルは、メーターヘッドライトのあたりに取り付ける小さめのカウル。テール・リヤ・シートカウルはシート後方取り付けるカウルのことをいう。 カウルのことをフェアリングという場合もある。
関連用語】ウインドプロテクション レーサーレプリカ

カウル

名前 KaurKaulCowl

カウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/09 06:07 UTC 版)

カウル: cowl)は、航空機オートバイなどで走行風を整流するために、エンジンや車体を覆う部品、あるいは構造である。カウリング: cowling)やフェアリング: fairing)とも呼ばれる[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g バイク用語辞典”. ヤマハ発動機株式会社. 2014年3月10日閲覧。
  2. ^ White, Graham. Allied Aircraft Piston Engines of World War II. pp. Figures 2.2 & 2.3. ISBN 1-56091-655-9. 
  3. ^ a b c Anderson, John David. A History of Aerodynamics: And Its Impact on Flying Machines. pp. 331. ISBN 978-0521669559. 
  4. ^ White, Graham. Allied Aircraft Piston Engines of World War II. pp. 7–8. ISBN 1-56091-655-9. 
  5. ^ James R. Hansen (1998年). “Engineering Science and the Development of the NACA Low-Drag Engine Cowling”. History.nasa.gov. 2010年7月30日閲覧。
  6. ^ Full-Scale Testing of N.A.C.A. Cowlings (Theodore Theodorsen, M. J. Brevoort, and George W. Stickle, NACA Report # 592. Langley Memorial Aeronautical Laboratory: 1937)
  7. ^ a b c d e f JAMA -JAMAGAZINE-”. 一般財団法人日本自動車工業会. 2014年3月10日閲覧。
  8. ^ ミニカウル組付・取扱説明書”. 株式会社ワイズギア. 2014年3月10日閲覧。
  9. ^ John Robinson, "Motorcycle Tuning: Chassis", ISBN 0-7506-1840-X, p.132
  10. ^ Honda”. 本田技研工業株式会社. 2014年3月10日閲覧。
  11. ^ Honda”. 本田技研工業株式会社. 2014年3月10日閲覧。
  12. ^ VT250 1982.05”. 本田技研工業株式会社. 2014年3月10日閲覧。 “フロントウインカーを組み込んだミニカウル風のメーターバイザー”
  13. ^ 株式会社 旭精器製作所 - 製品紹介 - ウインドシールド
  14. ^ Honda二輪純正アクセサリー TACT ウインドシールド:ナックルバイザーなし
  15. ^ Honda二輪純正アクセサリー シャドウクラシック400 ウインドシールド


「カウル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カウル」の関連用語

カウルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サニー

ブレーキシュー

STOL

マキシマ

変速方式

タイフーン

ジャンピングスポット

二重反転ローター





カウルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2017 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカウル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS