チャンバーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > チャンバーの意味・解説 

チャンバー

別表記:チャンバ

英語の綴りは「chamber」。「小さな部屋」「室」などといった意味で幅広く使われる言葉

チャンバー

 減圧酸化性、還元性、不活性ガス等の雰囲気制御するための真空容器

チャンバー

読み方ちゃんばー

減圧症エアーエンボ治療に使われる再圧装置のこと。密閉式で、内部圧力調整できるスペース人間が入るという仕組みカプセルホテルのベッドサイズのものから数名が余裕で入れる部屋サイズのものまでいろいろある。これを所持している機関のことを再圧治療施設と呼ぶ。

チャンバー

名前 Chambers

チャンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/21 07:07 UTC 版)

チャンバー英語:Expansion Chamber)とは、主に2ストロークガソリンエンジンにおいて、混合気の充填効率を高めるためにエキゾーストパイプに設けられた膨張室である。通常はエキゾーストパイプと一体化した部品となっており、全体をチャンバーと呼ぶことが多い。




  1. ^ "IFA/MZ Renngeschichte 1949-1961" by Manfred Woll, Heel Verlag GmbH, 2001, ISBN 3-89880-011-3
  2. ^ Zimmermann-Petruschke-Henkelのアクロニム。東ドイツの技術者ダニエル・シメルマンが戦前のDKWエンジンをベースにスクエアストロークとし、ロータリーディスクバルブを装着したエンジンのブランド名である。
  3. ^ Motorcycles - a technical history by CF Caunter, Her Majesty's Stationery Office, London, 1982, ISBN 0-11-290302-9
  4. ^ MZ - the racers by Jan Leek, 650 Publications, 1991, ISBN 1-872982-01-8
  5. ^ Motorcycle.com アーカイブ (2011年2月2日) - WebCite
  6. ^ Oxley, Mat (2010), Stealing Speed: The Biggest Spy Scandal in Motorsport History, Haynes Publishing Group, ISBN 1-84425-975-7 
  7. ^ チャンバーの青図を服の下に隠し持って亡命したともされる。
  8. ^ エルンスト・デグナーの追想 - 「日本モ-タ-サイクルレ-スの夜明け」
  9. ^ 欧米ではシリンダーヘッドの補修用コアプラグを用いる場合が多い


「チャンバー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「チャンバー」の関連用語

チャンバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




チャンバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2014 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
ダイブネットダイブネット
COPYRIGHT©2014 DIVENET LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャンバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS