セアカゴケグモとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > 衛生昆虫 > セアカゴケグモの意味・解説 

セアカゴケグモ

別名:背赤後家蜘蛛

ヒメグモ科ゴケグモ属の毒クモ全身黒く膨れた背(腹部背面)に鮮やかな赤色模様がある。1995年初め日本国内での生息確認された外来種であり、特定外来生物指定されている。

セアカゴケグモは猛毒を持つことで知られる。咬まれると激し痛み覚える他、吐き気呼吸困難などの全身症状現れる対処が遅れると死に至る危険もある。なお毒はメスのみが持つ。

セアカゴケグモはもともとオーストラリア生息する種とされる日本では大阪府ではじめ発見され、周辺各県でも生息確認された。その後10年の間に、北は岩手県、南は沖縄県まで、ほぼ全国でセアカゴケグモが発見されている。

セアカゴケグモ


セアカゴケグモ

セアカゴケグモ Latrodectus mactans hasseltii Fabricius

セアカゴケグモ

この害虫属する群
形態
 体長は雌が10~14mm、雄が約3mm。雌は球形腹部細長い脚を持ち全身黒で、腹部背面に赤~黄色斑紋があり、腹面には砂時計型の赤い大きな斑紋を持つ。個体により背面斑紋若干変化する。
 若いクモ腹部クリーム色背面に2列6個の黒点があり,脱皮ごとに側面の黒い条斑が目だつようになる。腹面には成体と同じ赤い砂時計斑紋がある。最後脱皮を終わって成体になると,黒~茶色と赤の2色になる。
オス腹部はやや細長くメス同様の縦斑を持つ。
分布
 1995年大阪府三重県で本種の生息確認され、その後大阪府三重県和歌山県発見された。大阪では南部海岸に沿った地域中心に急激に増加する傾向見られている。2005年には群馬県高崎市でも5匹見つかり、関東内陸部まで分布確認された。
被害
 素手で触らない限り咬まれることはないが、咬まれると激痛走り次いで鋭い針で刺されたような痛み長く続いて患部が赤く腫れる。まれに発汗発熱吐き気激痛を伴うことがある
生態
 駐車場空き地公園墓地などで、石の下割れ目コンクリートブロック側溝割れたコンクリート隙間石垣隙間などに生息している。クモの巣を張らず歩き回りながら小さな虫などを捕食する。雌は糸を編んだ卵嚢呼ばれる袋の中に一度150400個の卵を産卵する。アメリカでは約30日孵化、さらに4ヶ月で成グモに育つ。 寿命は約1年だが、実験室内では3年生きた例もある。日本での生態はまだ不明な点がある。

セアカゴケグモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/18 13:00 UTC 版)

セアカゴケグモ(背赤後家蜘蛛、Latrodectus hasseltii)は、ヒメグモ科に分類される有毒の小型のクモの一種。和名は、「背中の赤いゴケグモ」の意味。本来日本国内には生息していなかったが、1995年に大阪府で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかった外来種である。




「セアカゴケグモ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

セアカゴケグモに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「セアカゴケグモ」の関連用語

セアカゴケグモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アタマジラミ

ケバエ

ヒメコクヌストモドキ

ヒトスジシマカ

ヒトノミ

イガ

アズマモグラ

トコジラミ





セアカゴケグモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
国立感染症研究所国立感染症研究所
Copyright: Department of Medical Entomology, NIID
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2017 IKARI CORPORATION All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセアカゴケグモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS