チャールズ・ジェンキンス 他の在朝米軍兵士

チャールズ・ジェンキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:46 UTC 版)

他の在朝米軍兵士

ジェンキンス以外のアメリカ軍から北朝鮮への逃亡兵として、ジェームズ・ドレスノク二等兵(1962年8月15日亡命)、ラリー・アレン・アブシャー上等兵(1962年5月28日亡命)、ジェリー・パリッシュ特技官(1963年亡命)の3名の存在が知られている[16]。ジェンキンスによると、アブシャーは1983年7月11日に心臓発作で、パリッシュは1997年8月25日に腎臓の持病の悪化で死去し[17]、北朝鮮政府も2007年に「既に北朝鮮国内で自然死した」と説明している[51]。ドレスノク二等兵は2016年に死去するまで北朝鮮で暮らし、北朝鮮政府への忠誠を表明していた[51]。ドレスノクとの確執は長く続いたが、北朝鮮生活の最後の数年には親しみさえ感じたという[19]。ドレスノクはジェンキンスがインドネシアに旅立つ前、孤独になることを恐れているようだった[35]

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

  • チャールズ・R・ジェンキンス『告白』角川書店角川文庫〉、2006年9月(原著2005年)。ISBN 978-4042962014
  • Talmadge, Eric "Deserter Adjusting to Life on Japan Island". Associated Press. January 31, 2005.
  • "U.S. Army Deserter to Seek U.S. Passport". Associated Press. February 28, 2005.

関連項目


注釈

  1. ^ 彼の「脱走期間」は、非武装地帯(DMZ)を越えて北朝鮮入りした1965年1月5日から在日米軍基地キャンプ座間へ出頭する2004年9月11日までの約39年8か月で、米国陸軍に復帰した脱走兵では最長記録を更新した[5]
  2. ^ ジェンキンス自身の記憶によれば、ビール10缶を一人で飲んで残り2缶は誰かにあげたという[13]
  3. ^ 彼が逃亡したときの大統領はリンドン・ジョンソンであり、アポロ11号の月面着陸(1969年7月24日)よりも前であった[14]
  4. ^ この言葉にジェンキンスはなんと単純で場当たり的で奇妙な人間かと驚き、いつまでも忘れることができなかったと述べている[16]。ただ、のちに3人のなかでジェンキンスが一番仲良くなるのはアブシャーであった[16]
  5. ^ ドレスノクは、平気で仲間を裏切り、簡単に幹部たちのイヌになってしまう人間であった[19]。ジェンキンスが何か違反行為をすると、幹部は彼を殴りつけるようドレスノクに命じ、ドレスノクは喜び勇んでそれに従うということが少なくとも30回はあったという[19]
  6. ^ キム・ヘギョンは陸軍の車で空港に乗り付けた[31]。なお、曽我ひとみの北朝鮮での名がミン・ヘギョンであった[24]。ヘギョンは横田が親友である曽我ひとみの名をつけたものと考えられる[32]
  7. ^ ブリンダは本来ブレンダのつもりで、異父妹の名によったという[29]。故郷の家族とつながりのある名前をつけたかったからだが、ほかの5人の姉妹たちを傷つけたくないという思いもあった[29]。ブレンダは末妹で母が再婚した後の子でもあり、この名前なら故郷の家族全員に敬意をあらわすことができるのではないかとジェンキンスは考えたという[29]。それがいつの間にかブリンダになってしまった[29]

出典

  1. ^ “曽我ひとみさん夫、C・ジェンキンスさん死去”. 読売新聞. (2017年12月12日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20171212-OYT1T50010.html 2017年12月12日閲覧。 
  2. ^ “拉致被害者 曽我ひとみさんの夫 ジェンキンスさん死去”. NHK. (2017年12月12日). オリジナルの2017年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/ERlYK 2017年12月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j “Deserter Recalls N. Korean Hell”. CBS News. https://www.cbsnews.com/news/deserter-recalls-n-korean-hell/ 
  4. ^ ジェンキンス氏「アイドル的存在だった」 佐渡で悼む”. 朝日新聞デジタル (2017年12月13日). 2020年2月14日閲覧。
  5. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.260-264
  6. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.16-19
  7. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.19-23
  8. ^ a b c d e f g h ジェンキンス(2006)pp.23-27
  9. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.30-33
  10. ^ a b c d e f g ジェンキンス(2006)pp.33-36
  11. ^ a b The strange saga of Charles Robert Jenkins”. Asia Times (2004年6月5日). 2015年4月6日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j k ジェンキンス(2006)pp.36-41
  13. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.41-43
  14. ^ staff (2004年7月9日). “Japan abductee meets family again”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3877557.stm 
  15. ^ a b c d e ジェンキンス(2006)pp.60-66
  16. ^ a b c d e f g h ジェンキンス(2006)pp.57-61
  17. ^ a b c d e f g h i j k l ジェンキンス(2006)pp.292-298
  18. ^ a b c d e ジェンキンス(2006)pp.71-78
  19. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.97-102
  20. ^ a b c d e ジェンキンス(2006)pp.78-82
  21. ^ ジェンキンス(2006)pp.82-85
  22. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.94-97
  23. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.116-117
  24. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.120-123
  25. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.129-139
  26. ^ a b c d e f g ジェンキンス(2006)pp.139-144
  27. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.144-153
  28. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.156-159
  29. ^ a b c d e f g h i ジェンキンス(2006)pp.159-168
  30. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.204-207
  31. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.207-215
  32. ^ ジェンキンス(2006)pp.130-131
  33. ^ a b c d ジェンキンス(2006)pp.224-226
  34. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.231-235
  35. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.235-241
  36. ^ 제킨스 부부 재회, 수교 실무 회담 곧 재개(朝鮮語)(KBSニュース9、2004年7月9日)
  37. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.241-249
  38. ^ a b c ジェンキンス(2006)pp.249-253
  39. ^ 피랍 젠킨스 가족 일본 도착(朝鮮語)(KBSニュース9、2004年7月18日)
  40. ^ "Japan asks U.S. to pardon abductee's American husband", The Japan Times Online, May 16, 2004 (accessed April 18, 2010)
  41. ^ ジェンキンスさん、キャンプ座間に出頭
  42. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.264-266
  43. ^ ジェンキンス(2006)pp.272-277
  44. ^ “Charles Robert Jenkins with Jim Frederick: The Reluctant Communist”, New titles, University of California Press, http://www.ucpress.edu/books/pages/10992.html 2008年3月15日閲覧。 
  45. ^ Schoenfeld, Gabriel (2008-03-13), “Bookshelf: To Hell and Back”, The Wall Street Journal: D9, http://online.wsj.com/article/SB120537252745332373.html?mod=googlenews_wsj 2008年3月15日閲覧。 
  46. ^ a b ジェンキンス(2006)pp.285-286
  47. ^ “Jenkins gets permanent residency”. The Japan Times. (2008年7月16日). http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20080716b2.html 2009年9月26日閲覧。 
  48. ^ ジェンキンスさんに永住許可「死ぬまでここにいたい」. 読売新聞 Internet Japanese edition, July 15, 2008. Retrieved on July 16, 2008 (日本語).
  49. ^ “拉致被害者の曽我ひとみさん夫、ジェンキンスさん死去 元米軍人 77歳”. 産経新聞. (2017年12月12日). https://www.sankei.com/article/20171212-GK6HKM3AGRNCPIIMYVNILUOMLM/ 2017年12月12日閲覧。 
  50. ^ a b 山田敏弘「波乱の人生の平穏な最終章」『ニューズウィーク日本語版』 2017年12月26日号 p. 40-41.
  51. ^ a b "An American in North Korea", 60 Minutes, CBS Television. Produced by Robert G. Anderson and Casey Morgan. Reported by Bob Simon. First broadcast on January 28, 2007.


「チャールズ・ジェンキンス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

チャールズ・ジェンキンスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チャールズ・ジェンキンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャールズ・ジェンキンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS