1596年の禁教令とは? わかりやすく解説

1596年の禁教令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:45 UTC 版)

禁教令」の記事における「1596年の禁教令」の解説

詳細は「日本二十六聖人」および「サン=フェリペ号事件を参照 秀吉1596年に再び禁教令出し、さらに京都活動していたフランシスコ会一部イエズス会)の教徒たちを捕らえて処刑した日本二十六聖人)。 1597年2月処刑され26聖人一人であるマルチノ・デ・ラ・アセンシオン(スペイン語版)はフィリピン総督宛の書簡自らが処刑されることと秀吉フィリピン侵略計画について日本聞いた事を書いている。「(秀吉は)今年朝鮮人忙しくてルソン島にいけないが来年にはいく」とした。マルチノはまた侵攻ルートについても「彼は琉球台湾占領しそこからカガヤンに軍を投入し、もし神が進出止めなければそこからマニラ攻め入るつもりである」と述べている。 この禁教令発令され理由についてはよく「サン=フェリペ号事件」が挙げられる通説においては、[要検証ノート]巨額の積荷没収されサン=フェリペ号の一人船員憤り宣教師スペイン領土征服のための尖兵であると積荷没収され腹いせに発言したことで、秀吉キリスト教警戒したためという説がある。サン=フェリペ号事件当時秀吉による明と朝鮮征服試みが頓挫し朝鮮・明との講和交渉暗礁乗る緊迫した国際情勢ではあったが、それ以前1591年原田孫七郎フィリピン守り手薄征服が容易と上奏入貢服従勧告する秀吉からの国書1592年5月31日フィリピン総督渡し1593年には原田喜右衛門フィリピン征服軍事的占領働きかけ秀吉フィリピン総督服従せねば征伐する宣戦布告ともとれる意思表明をしている。豊臣政権アジアにおけるスペイン脆弱な戦力正確に把握しており、スペイン人船員口から出任せ発言高度な情報分析能力のあった奉行とその報告受けた秀吉宣教師脅威論を真に受けたかについての結論出ておらず、それどころかフィリピン侵略乗り気であった。 1592年豊臣秀吉フィリピンに対して降伏朝貢要求してきたが、フィリピン総督ゴメス・ペレス・ダスマリニャスは1592年5月1日付で返事出しドミニコ会修道士フアン・コボ秀吉届けたコボアントニオ・ロペスという中国人キリスト教徒とともに日本来たが、コボロペスは、朝鮮侵略のために九州建てられ名護屋城秀吉面会した原田喜右衛門その後マニラへの第二次日本使節団個人的に担当することになり、アントニオ・ロペス原田の船で無事にマニラ到着した1593年6月1日ロペス日本見たこと行ったことについて宣誓の上綿密な質問受けたが、そのほとんどは日本フィリピン攻撃する計画について知っているということに関するものであったロペスはまず秀吉原田喜右衛門征服任せた聞いた述べたロペス日本側侵略動機について答えたフィリピン黄金豊富にあるという話は万国共通である。このため兵士たちはここに来たがっており、貧しい国である朝鮮には行きたがらない ロペスはまた日本人フィリピン軍事力について尋問されたとも述べている。アントニオ・ロペスフィリピンには4、5千人スペイン人がいると答えたのを聞いて日本人嘲笑った。彼らはこれらの島々防衛冗談であり、100人日本人は2、300人スペイン人と同じ価値があると言ったという。ロペス会った誰もがフィリピン征服され暁には原田喜右衛門総督になると考えていた。 その後侵略軍規模についてロペス長谷川宗仁指揮10万人が送られる聞いたが、ロペスフィリピンには5、6千人兵士しかおらず、そのうちマニラ警備3、4千人以上だと言うと日本人1万人で十分と言った。さらにロペス10隻の大型船輸送する兵士5、6千人以下と決定したことを告げたロペス最後に侵攻経路について侵略軍琉球諸島経由してやってくるだろうといった。 宣教師脅威論については、アメリカ大陸フィリピンでのスペインポルトガル侵略軍事作戦だけで行われていた。フランシスコ会の宣教師米大陸上陸したのは、コルテスによる1522年メキシコ制圧翌年1523年であり、侵略完了した後に布教をしているため、フランシスコ会の宣教師侵略支援した事実はなく、また布教活動侵略重要な役割果たした事実はない。イエズス会新大陸での布教を始めたのは1570年以降だったが、1500年ペドロ・アルヴァレス・カブラル率い艦隊ブラジル上陸してから70年経過した後のことである。宗教絡めないイギリスオランダ等は東南アジアの植民地化成功している。 スペイン国王フェリペ2世1586年には領土急激な拡大によっておきた慢性的な兵の不足、莫大な負債等によって新たな領土の拡大否定的になっており、領土防衛策早くから舵を切っていた。 私には、より多くの王国国家手に入れようとする野心駆られる理由ありません....私たち主は、その善意によって、私が満足するほど、これらすべてのものを与えてくださってます。 — 1586年スペイン国王フェリペ2世 スペイン側視点では新領獲得には否定的であることが判明しているにも関わらず日本側宣教征服一部一方的な主張をしているが、この説を裏付けるものはガレオン船8隻の建造費に相当する巨額の財宝没収され事に動揺した船員怒りにまかせて口に出した出任せでしかなく、絶対的な軍事的優位背景フィリピン総督服従せねば征伐する勧告した豊臣秀吉フィリピンからの侵略恐れていたことを裏付ける資料もない。 1596年の禁教令において信徒に対する強制改宗などの政策取られず、京都フランシスコ会以外に弾圧加えられなかった。キリスト教建前上は禁止だがお目こぼしを受けていたという情勢下で、フランシスコ会を始めとする新参修道会活動目に余ったために秀吉弾圧踏み切ったという説もある(古参イエズス会活動自粛促していたが、新参修道会はそれを無視していた)。

※この「1596年の禁教令」の解説は、「禁教令」の解説の一部です。
「1596年の禁教令」を含む「禁教令」の記事については、「禁教令」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1596年の禁教令」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1596年の禁教令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1596年の禁教令のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの禁教令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS