1594年グレイズ・イン法学院での祝宴とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 1594年グレイズ・イン法学院での祝宴の意味・解説 

1594年グレイズ・イン法学院での祝宴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 01:56 UTC 版)

シェイクスピア別人説」の記事における「1594年グレイズ・イン法学院での祝宴」の解説

グレイズ・イン法学院(グレイ法曹院; Gray's Inn)で伝統的に催されていたクリスマス・パーティでは、舞踊宴会他に余興として芝居仮面劇上演することになっていた。1594年から翌年にかけての冬に開催され祝祭では、上演されアマチュア演劇全て記録残されている。この記録文献『グレイズ・イン法学院録』("Gesta Grayorum")において、執筆者のデズモンド・ブランドはこれらはみな上流階級人間身に付けているダンス音楽演説演技力といったことの訓練するつもりであることを記している。ジェームズ・スペディングは、この記事の執筆ベーコン関与していたと考えている『グレイズ・イン法学院録』1688年公刊され68ページパンフレットである。この中で1594年12月28日幼な子の日。イエス・キリスト生誕直後この日ヘロデ大王命令ベツレヘム幼児大量虐殺された)に「プラウトゥス(Plautus)の『メナエクムス兄弟』("Menaechmi")によく似た間違いの喜劇』という作品上演された」との記述があり、これが記録残っている限りでは『間違いの喜劇』の最初の上演である(なお、実際にこの作品はほぼ同時期英訳上演された『メナエクムス兄弟』を種本として書かれている)。問題は舞台立ったのが誰であるにせよ、シェイクスピアとその劇団でなかったことだけは確実であるという証拠の存在することである。シェイクスピア所属していた宮内大臣一座は、同じ日にグリニッジ女王のための上演を行っていたことを示す1595年3月15日付の文書宮廷残っているE・Kチェンバースによれば宮廷の上演は常に夜間開催され午後10時頃に始まって翌日午後1時まで続いたとのことであり、宮内大臣一座が両公演出演することはおよそ不可能である。しかも、実行委員会による全ての出納記録したグレイズ・イン法学院帳簿からは、この戯曲の上にあたって作家劇団報酬支払った形跡一切見られないベーコン研究者考えによると、これは『間違いの喜劇』がこの祝宴のための出し物として、法学院メンバーによって執筆上演されものだから他ならない。この議論難点があるとすれば、『法学院録』の記述では出演者達のことを「本職一座一般の人たち」と述べていることで、これはプロ劇団を指すことはあっても法学生を指すことはないという点である。しかし、『法学院録』の陽気な語調と、「魔法使いだか手品師だか」が「ドタバタ喜劇メチャクチャにした」と非難されていることから、「本職一座」というのは法学院学生劇団のことを冗談めかして表現したものだろうとベーコン研究者解釈している実際法学院祝宴前後劇団設けており、1595年2月11日出納簿にも「100マルク支出:この懺悔季節(shrovetide、灰の水曜日前の三日間)における女王陛下御前での運動競技会と公演への報酬として」という記録がある。この役者達がベーコン指導下にいたという証拠があるバーリー男爵ウィリアム・セシル宛てた1598年以前書簡で、ベーコンは「四法学院グレイズ・イン他にミドル・テンプル(Middle Temple)、インナー・テンプル(Inner Temple)、リンカーンズ・イン(リンカーン法曹院; Lincoln's Inn)の四学院が存在していた)主催仮面劇参加できなくて残念です…(中略)…グレイズ・インからは12人が参加して仮面劇行なう予定です」云々と書いているのである。また1613年ホワイトホール上演され仮面劇でフランシス・ボーモントが書いた献辞ベーコングレイズ・インインナー・テンプルの両法学院における上演の「主要立案者」と呼ばれている。またベーコンは1594-95年の祝祭より前会計係務めていたこともあった。 一方、『間違いの喜劇』を上演したのはやはり宮内大臣一座であったろう考え研究者は、その居所に関する矛盾宮廷記録ミスであると解釈しているW・Wグレッグは以下のような説を提示した。「宮廷財務官記録によれば宮内大臣一座12月26日12月28日御前公演報酬受け取っている。しかしこれらの記録では、海軍大臣一座に対して12月28日支払いなされている御前公演一夜二度行なわれ例がないわけではないが、財務官27日と書くべきところを28日間違えて記載したと考えるのが妥当であろう」。

※この「1594年グレイズ・イン法学院での祝宴」の解説は、「シェイクスピア別人説」の解説の一部です。
「1594年グレイズ・イン法学院での祝宴」を含む「シェイクスピア別人説」の記事については、「シェイクスピア別人説」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1594年グレイズ・イン法学院での祝宴」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1594年グレイズ・イン法学院での祝宴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1594年グレイズ・イン法学院での祝宴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシェイクスピア別人説 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS