せいてんのへきれきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > せいてんのへきれきの意味・解説 

青天の霹靂

読み方:せいてんのへきれき
別表記:青天のへきれき晴天の霹靂青天霹靂晴天霹靂青天霹雳晴天霹雳

突然に生じて大いに人を驚かせるような衝撃的出来事、という意味で用いられる表現前触れなく突如として起こり、人を(あるいは世間を)震撼させるような事件事変、あるいは知らせを受けた際の大いなる衝撃のこと。

青天の霹靂の「青天」は青く晴れ渡った空のことであり、「霹靂」は雷鳴のことである。すなわち、よく晴れた日に突如としてが生じるという状況が、突然の大いに驚く出来事喩えに用いられている。

思いがけない情報を耳にしたときなどに「青天の霹靂だ」という表現を用いることがある類語としては、予想もしていなかった出来事が起こることを意味する「根耳に」が挙げられる。

青天」を「晴天」に換えて「晴天の霹靂」と表記する言い方が用いられる場合もある。「青天」も「晴天」も、ともに言葉の意味読み方違いはない。ただし、一般的には「晴天の霹靂」の表記誤用・語表記誤変換の類と見なす見解が多い。
 
「青天の霹靂」は故事成語であり、古代中国南宋)の詩人陸游が詠んだ「放翁病過秋、忽起作醉墨。正如久蟄龍青天霹靂」という一節典拠とする。故事成語として原典即して扱う、という立場においては、「青天」が正しく、「晴天」は誤りである、と判断しうる。

ただし現代漢字圏において必ずしも「青天の霹靂」が正しく晴天の霹靂」は誤りとされているかというとそうとも限らない。たとえば「基隆市武崙國小成語詞典」(※台湾小学校管理運営しているコンテンツ)では、「青天霹靂」の項目とは別個に、「晴天霹靂」が見出し語(詞目)で「青天霹靂」を類似語相似詞)として掲げている項目も設けられていたりする。

関連サイト
晴天霹靂基隆市武崙國小成語詞

青天(せいてん)の霹靂(へきれき)

陸游九月四日未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こるの意》急に起きる変動大事件また、然うけた衝撃

[補説] 「晴天の霹靂」と書くのは誤り



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「せいてんのへきれき」の関連用語

せいてんのへきれきのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



せいてんのへきれきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS