ハリアーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 乗り物 > > トヨタの車種 > ハリアーの意味・解説 

ハリアー

ハリアー

 AIRS350G240G
前輪駆動方式4輪駆動方式前輪駆動方式 4輪駆動方式 前輪駆動方式 4輪駆動方式
車両型式重量性能
車両型式DBA-
GSU31W-
AWAGK
DBA-
GSU36W-
AWAGK
DBA-
GSU30W-
AWAGK *1
DBA-
GSU35W-
AWAGK *1
CBA-
ACU30W-
AWPGK *1
CBA-
ACU35W-
AWPGK *1
kg
1,7301,830
1,670 *3
1,760 *3
1,600 *3
1,700 *3
kg
2,0052,105
1,945 *3
2,035 *3
1,875 *3
1,975 *3
最小回転半径 m
5.7
km/L
9.7 (9.3)9.09.79.4 (9.0)11.010.6 (10.2)
主要燃費改善対策可変バルブタイミング充電制御
エンジン
型式2GR-
FE
2AZ-
FE
種類水冷V型6気筒DOHC水冷直列4気筒DOHC
使用燃料無鉛プレミアムガソリン無鉛レギュラーガソリン
総排気量L
3.4562.362
内径×行程 mm
94.0×83.088.5×96.0
圧縮比10.89.6
最高出力ネットkW(PS)/r.p.m.
206(280)/6,200118(160)/5,600
最大トルクネットN・m(kg・m)/r.p.m.
346(35.3)/4,700221(22.5)/4,000
燃料供給装置EFI(電子制御式燃料噴射装置)
燃料タンク容量L
72
寸法定員
全長 mm
4,735
全幅 mm
1,845
全高 mm
1,6701,680
ホイールベース mm
2,715
トレッド
mm
1,575
mm
1,560
最低地上高 mm
180185
室内
mm
1,990
mm
1,500
*5
mm
1,210
乗車定員
5
■ステアリング・サスペンション・ブレーキ
ステアリングラック&ピニオン
サスペンションストラット式エアスプリングストラットコイルスプリング
ストラット式エアスプリング ストラットコイルスプリング
ブレーキベンチレーテッドディスク
ディスク
トランスミッション変速比減速比
トランスミッションスーパーインテリジェント5速オートマチック(5 Super ECT)スーパーインテリジェント4速オートマチック(Super ECT)
第1速4.2353.9433.938
第2速2.3602.1972.194
第3速1.5171.4131.411
第4速1.0471.0201.019
第5速0.756
後退3.3783.1453.141
減速比3.2913.1203.478

*3 パワーバックドア、助手席4ウェイマルチアジャスタブルパワーシートをメーカーオプション装着した場合は、それぞれ+10kgとなります。
*4 車両重量1,770kg以上の場合燃料消費率( )の値になります。
*5 電動マルチパネルムーンルーフをメーカーオプション装着した場合は1,185mmとなります。
燃料消費率定められた試験条件のもとでの値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
*1 “プレミアムLパッケージ”の車両型式末尾には(B)、“Lパッケージ”の車両型式末尾には(A)が付きます。
*2 SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンシールドエアバッグ、HDDナビゲーションシステムメーカーオプション装着した場合それぞれ+10kg、HDDナビゲーションシステム(インダッシュ6連奏DVDチェンジャー)をメーカーオプション装着した場合は+10kg(“Lパッケージ”は+20kg)、電動マルチパネルムーンルーフをメーカーオプション装着した場合は+40kgとなります。
(注:この情報2008年7月現在のものです)

【ハリアー】(はりあー)

Hawker Siddeley Harrier.
イギリスホーカーシドレー社が開発したSTOVL攻撃機
世界唯一成功したSTOVL機ともいわれる

冷戦時代のにらみ合いにおいて、敵に滑走路破壊されても運用可能なVTOL機空軍悲願であった。
世界各国VTOL機試作しては失敗する中、本機原型となる P.1127 ケストレル1960年初飛行した。

本機における最大成功要因は、VTOLエンジンである、ロールス・ロイスペガサスターボファンにある。
このエンジン機体中央部配置され、4つの推力偏向ノズルを持つ。前方2つはバイパス流を、後方2つはコア流噴射する。
VTOL時は下方に、STOL時は斜め後ろに、巡航時は後方噴射される他、空戦機動時にノズルを傾けて旋回性能向上させるVIFFモードを持つ。
また、VTOLモードにおけるダウンウォッシュ影響避けるため、主翼下反角大きく面積小さいことも特徴である。

本機代わるSTOVL機登場しなかったため、改良繰り返され、シーハリアーハリアー2などの発展型が運用され続けている。

アメリカではマクダネル・ダグラスライセンス生産する形で採用されたが、後に発展改良したAV-8BハリアーII」を開発した。
この改良型は、機体素材カーボン材を使用することで大幅軽量化成功し、それまで大きな欠点であった航続距離ペイロード大幅改善成功した。
このAV-8BにさらにFLIR搭載夜間攻撃能力付与されたAV-8B(NA)ナイトアタック型や、レーダーF/A-18などと同じAPG-65を搭載して高度な目視外射程戦闘能力を持ったAV-8B plusなども生産されている。

スペックデータ

乗員1名
全長14.12m
全高3.55m
翼幅9.25m
主翼面積22.61
空虚重量6,745kg
運用重量10,410kg
最大兵装搭載2,380kg
最大離陸重量14,000kg(STOL時)
9,415kg(VTOL時)
エンジンロールス・ロイス ペガサス105ターボファン推力96.75kN)×1基
P&W F402-RR-401ターボファン推力99.62kN)×1基(AV-8
最高速度マッハ0.89
航続距離1,200nm/1,800nm(フェリー飛行時)
上昇率4,485m/min
武装GAU-12U「イコライザー」25mm機関砲ポッド×2門(携行弾数300発)
ADEN 30mm機関砲パック×2門(GR.1)
7箇所ハードポイント最大5,986kgまでの兵装を搭載可能。
空対空ミサイルAIM-9,AIM-120
空対地ミサイルAGM-65
空対艦ミサイル:シーイーグル,ハープーン
対レーダーミサイルALARM,AS-37「マーテル
爆弾/ロケット弾通常爆弾,JDAM,マトラ・ロケット弾ポッド(68mmロケット弾搭載
偵察ポッド:DJRP,スナイパーXR,TIALD

派生型


ハリアー

英語 Harrier

ハリアーとは、英語で小さな一種であるチュウヒのこと。1997年12月発表発売した。新コンセプト具現化したもので、高級RV志向トヨタではあえてこのクルマをスポーツ・ユーティリティー・サルーンと呼んだ。現在既に、あるいはごく近い未来に、こうした形態クルマが普通になる、との主張込めていた。

プラットフォームウィンダムなどと共用ホイールベース2615mm、全長4575mm、全幅1815mm、全高1655mmという寸法だった。シートは2列で、定員5名。リヤシートスライドリクライニングもした。エンジンは、直4DOHCの2.2Lと、V6DOHC24バルブの3L(可変バルブタイミング吸気システム付き)の2機種駆動方式FF4WDがあった。

2000年11月マイナーチェンジ従来の2.2Lエンジンを2.4Lに換装また、フロントグリルリヤコンビネーションランプ意匠変更室内ではブラック新内装色を追加ステアリング本革巻き3本スポークタイプとなった。スポーツステアシフトマチックをもつiRバージョンを、各グレード設定した。なお、クルーガーV登場により、ハリアーはトヨペット店専売車(大阪地区大阪トヨタ)となった。

2003年2月、2代目デビューホイールベースで+100mm、全長・全幅・全高それぞれ155mm、30mm、15mm増え、全体的に大きくなった。エンジンは2.4Lの2AZ-FE型と3L・1MZ-FE型の2種。3L搭載車には5スーパーECT新しく設定同時にAIRSという電子制御エアサスペンション付きモデル追加した。積載条件に応じて車高調整するオートレベリング機能加え走行条件に応じた3種類の車高モード設定できるという優れた機構安全性に関しては、ステアリング角度車速に応じてヘッドライト光軸自動的に動かす、世界初インテリジェントAFS採用。さらに、衝突不可避判断して作動するプリクラッシュセーフティシステム(レーダー方式)も付く。こちらは、シートベルト巻き取り早め乗員初期拘束力高めとともにブレーキペダル踏み込み同時に素早くブレーキアシスト作動させて被害軽減を図る装置モデル前記AIRSと、300G、240Gがベースで、2WD4WD合わせて14車種豊富なラインアップを誇る。

ハリアー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ハリアー

名前 Hallier

ハリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/01 03:42 UTC 版)

ハリアー (harrier)  




「ハリアー」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ハリアーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハリアー」の関連用語

ハリアーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツインプラグエンジン

用途廃棄

エスティマ

自動ブレーキシステム

アルファード

ファイブカード

固定バリア

スロットルレバー


自動車メーカー一覧
トヨタの車種一覧

 ALLION

 ALPHARD

 auris

 AVENSIS SEDAN

 AVENSIS WAGON

 bB

 BELTA

 BLADE

 CAMRY

 Century

 COASTER

 COMFORT

 COROLLA Axio

 COROLLA FIELDER

 COROLLA RUMION

 CROWN ATHLETE

 CROWN COMFORT

 CROWN HYBRID

 CROWN MAJESTA

 CROWN ROYAL

 CROWN SEDAN

 ESTIMA

 HARREIER HYBRID

 harrier

 HILUX SURF

 IPSUM

 ISIS

 ist

 LAND CRUISER

 LAND CRUISER PRADO

 LITE ACE TRUCK

 LITE ACE VAN

 MARKX

 MARKX ZiO

 NOAH

 PASSO

 Porte

 PREMIO

 PRIUS

 Probox VAN

 Probox WAGON

 QUICKDELIVERY200

 RACTIS

 RAUM

 RAV4

 RUSH

 SIENTA

 SUCCEED VAN

 SUCCEED WAGON

 TOWN ACE TRUCK

 TOWN ACE VAN

 VANGUARD

 VELLFIRE

 Vitz

 VOXY

 WISH

 アイシス

 アベンシス セダン

 アベンシス ワゴン

 アリオン

 アルファード

 イスト

 イプサム

 ウィッシュ

 ヴァンガード

 ヴィッツ

 ヴェルファイア

 ヴォクシー

 エスティマ

 エスティマハイブリッド

 オーリス

 カムリ

 カローラ アクシオ

 カローラ フィールダー

 カローラ ルミオン

 クイックデリバリー200

 クラウン アスリート

 クラウン セダン

 クラウン ハイブリッド

 クラウン マジェスタ

 クラウン ロイヤルサルーン

 クラウンコンフォート

 コンフォート

 コースター

 サクシード バン

 サクシード ワゴン

 シエンタ

 センチュリー

 タウンエース トラック

 タウンエース バン

 ノア

 ハイラックス サーフ

 ハリアー

 ハリアー ハイブリッド

 パッソ

 プリウス

 プレミオ

 プロボックス バン

 プロボックス ワゴン

 ポルテ

 ビービー

 ブレイド

 ベルタ

 マークX

 マークX ジオ

 ライトエース トラック

 ライトエース バン

 ラウム

 ラクティス

 ラッシュ

 ランドクルーザー

 ランドクルーザー プラド




ハリアーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
TOYOTATOYOTA
©1995-2016 TOYOTA MOTOR CORPORATION. All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハリアー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS