下反角とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 下反角の意味・解説 

【下反角】(かはんかく、げはんかく)

固定翼機正面から見て主翼胴体から先端掛けて反り下がる角度
ロール軸姿勢変化が有った場合揚力方向変化から横滑り発生する。
この横滑り時に傾き増大させ、バンク角を更に深めようとさせる働きがある。

安定を損なうため通常は用いられないが、高速軍用機において後退翼飛行に戻ろうとする力を相殺するために下反角が付けられる場合が多い。

関連上反角


下反角(サスペンション)

英語 cathedral angle

セミトレーリングアーム式サスペンションで、後面図においてスイングアームピボット軸が水平線となす角度のことで、ホイール側が下がる角度を下反角という。ホイール側が上がる角度上反角といい、区別している。後退角とともにトー角変化、キャンー変化トレッド変化などのアライメントや、ロールセンター高に影響与える。普通は数度以下の比較小さな角度をつける。

反対語 上反角
参照 後退角
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「下反角」の関連用語

下反角のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グロリア

パトルイユ・ド・フランス

合わせガラス

狭胴機

ミラージュ・ディンゴ

ナイフエッジ

電池

クフィル





下反角のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS