ペガサスとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > ペガサスの意味・解説 

ペガサス Pegasus; ギリシャ Pēgasos】

ギリシャ神話有翼天馬ペルセウス退治されたメドゥーサの血から生まれる。英雄ベレロフォン愛馬として怪獣キマイラ退治などで活躍,天に昇ろうとする彼を振り落とし自ら天に昇る。その蹄(ひづめ)で蹴られた地から泉が湧き出たという。ペガソス

ペガサス

分類:ロケット
名称:ペガサス(Pegasus)
打ち上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関会社:オービタル・サイエンス
運用機関会社:オービタル・サイエンス
打ち上げ場所:ドライデン飛行研究センター(DFRC)
運用開始年:1990年

ペガサスは、衛星打上げ請け負う民間会社オービタル・サイエンス社によって開発された、有翼の、しかも通常の飛行機搭載して空中発射するというユニークなロケットです。通常型と、これに4段目をつけたHAR(ヒドラジン)増強型、そして現在の運用主力となったペガサスXL型があります
衛星軌道に乗るために必要なのは、実は地上に対して平方向の速度だけです。ところが、地上から発射するロケットは、まず垂直に上昇し、大気抵抗少ない高度に達してからはじめて、平方向に向きを変え、必要な速度獲得にかかります。そこで、通常の第1段として飛行機を用い、高空発射するというアイデア生まれました。ペガサスのように高度12kmで発射する場合には、ほぼ平方向で出発することができるため、翼による揚力利用することができます
1950年代から考えられていたアイデアでしたが、飛行機搭載するため、軌道に運べる重量制限があり、ペガサスまで実用化にはいたりませんでした
通常の1段目にあたる航空機(ゼロ段)がくり返し使用できること、高空での発射により同規模のタイプロケットよりも大型衛星打ち上げられること、発射台のような大がかかりな設備を必要としないことから、低コスト打ち上げ目玉とする衛星ビジネスホープとして注目されています。

1.どんな形をし、どんな性能持っているか?
ペガサスは空軍B-52またはロッキード社製の旅客機L-1011改造した通常の航空機取り付けられ、航空機を第ゼロ段として利用し、空中発射する、有翼円筒形打上げロケットです。通常型は、直径1.27m、全幅6.71m、衛星とこれを保護するフェアリングを含む全長は17.1m、本体全長は13.68mで発射時の総重量は18.3t、高度200kmの低軌道に375kgの積載物(ペイロード)を運ぶことができます
L-1011ゼロ段とする3段式で、1〜3段と積載物が一体となった有翼ロケットは、L-1011胴体下部取り付けられます。1段目は全長8.88m、翼を含む全幅6.71mで、直径1.27m、推力約4.5t、燃料(酸化剤推進剤)を含む総重量14t。2段目は全長2.65m、直径1.27m、直径1.27mで、推力12,053kg、総重量は3370kg、3段目は全長2.08m、直径0.97m、推力3,525kgで、総重量985kgですが、HAPS(ヒドラジン補強推進)という4段目を取り付けミッションおこなわれました。この第4段は直径97cm、長さ25cm、推力68kg、全重量は90kgと小型で、搭載した衛星安定軌道乗せるためのキック役をはたします。ヒドラジン燃料(推進剤)とする第4段以外の1〜3段はすべて、固体ロケット採用しています。

2.打ち上げ飛行順序はどうなっているの?
L-1011からの空中発射の後、1段ロケット72秒間噴射、1段目の切り離しののち、2段目が72秒間噴射分離同様の手順で3段目が65秒間、HAPS装備場合はさらに241秒間噴射続け搭載衛星軌道にのせます。

3.どんなものを打ち上げたの?
1990年NASA運用するB-52を使って、科学衛星打ち上げられ、以後NASA科学研究衛星民間小型通信衛星打ち上げに使われています。1996年11月4日NASAアルゼンチン共同SAC(科学応用衛星)-BとMIT天文観測衛星HETE打ち上げに使われましたが、衛星と3段目の切り離しに失敗衛星機能一部確保できたものの、打ち上げ計画そのもの失敗終わりました。

4.どのくらい成功しているの?
1990年4月5日の初打ち上げ以来1999年3月までに、後継XL型を含めて26回の衛星打ち上げおこなわれました。うち、1995年4月最後ミッションを終えた通常型は、一部不具合があった1回をのぞけばすべて成功しました。しかし、後継のペガサスXLでは5度事故トラブルがつづき、将来の順調な運用が可能か心配されています。


ペガサス

作者土谷典子

収載図書ペガサス―願えば叶う
出版社文芸社
刊行年月2008.9


ペガサス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/30 19:39 UTC 版)

ペガスス(ラテン語|Pegasus)、ペガサス英語: Pegasus)、ペガズフランス語: Pégase)の英語読み、元はギリシア語ペガソス(ギリシア語|Πέγασος, Pegasos)。




「ペガサス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ペガサスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ペガサス」の関連用語

ペガサスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

STS-8

M-V

人工衛星の代表的な軌道

マーキュリー計画

星の町

フレッド・W・ヘイズ Jr.

アポロ11号

エクスプローラ1号





ペガサスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2016 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペガサス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS