ミッションとは?

ミッション [1] 【mission】

任務使命
代表団。使節団。 「輸出拡大のために-を送る」
キリスト教宣教。また,そのため設けられた団体

ミッション mission

企業の果たすべき目的企業存在理由

ミッション

【別称】トランスミッション,変速機
いわゆる「ギヤチェンジをする」ときのギヤのことで、トランスミッション(変速装置)を略したもの
バイクエンジン生まれた力をそのままタイヤ伝えもうまく走ることができない。たとえば、自転車思い浮かべる分かりやすい。普通の自転車は、発進のときは大きな力が必要で、スピードが出てくると力は必要ないが早く漕がないと前に進まない。これがギヤ付き自転車なら、発進の時はなるべく軽いギヤにして楽に発進し、スピードがのってくると少しずつ重いギヤに変えていく。
これと同じ原理で、スピードは出ないが力が一番あるローギヤ発進し、速度は出るが力のない5速や6速のトップギヤまでを徐々につなげてバイクスムーズ走らせていく。この作業行なう場所がミッションだ。
ミッション


関連用語】タイヤ 減速比

ミッション(使命)

【英】:Mission

社会への貢献人材育成など法令定められた、高等教育機関に対し共通に課せられる恒久的な役割及びこの共通の役割に基づき教育機関が掲げる建学精神個別使命を指す。各教育機関においては使命に基づきビジョン理想像)を明確にし、検証可能な目標・計画定め教育研究等の諸活動が行われる。教育機関における継続的な質の改善向上にあたっては、これら使命目的目標等の明確化前提とされる自己評価第三者評価通じて自らの強み弱み分析し、質の改善していくことが求められている。国立大学においては国立大学機能強化に向けた改革推進一環として大学文部科学省意見交換行い、各大学研究水準教育成果に関する客観的データに基づき専門分野ごとに各大学強み特色社会的役割整理されたものが「ミッションの再定義」として2013年公表された。

The ultimate purpose that all higher education institutions are expected to achieve according to the act, such as human resource development and contributions to society through education and research. It also refers to the individual institutional mission or charter that is based on the ultimate mission. Each educational institution articulates a vision based on the mission, establishes verifiable objectives and plans, and carries out its educational, research, and other activities accordingly. This articulation of mission, goals, and objectives is a given for the continual enhancement of quality in educational institutions. Institutions need to improve quality by analyzing their strengths and weaknesses through self-assessments and third-party evaluations. National universities and MEXT exchanged opinions as part of reforms aimed at strengthening the functions of national universities. In 2013, MEXT announced the redefinition of mission as the arrangement of each university’s strengths, characteristics, and social role within each field of specialization based on objective data about the university’s level of research and educational outcomes.

ミッション

作者真田秀逸

収載図書おもろいやっちゃ!
出版社彩図社
刊行年月2001.11
シリーズ名ぶんりき文庫


ミッション(障害物編)

作者真田秀逸

収載図書おもろいやっちゃ!三発目
出版社彩図社
刊行年月2002.10
シリーズ名ぶんりき文庫


ミッション mission

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意味説明

ある目的のため,主に海外派遣される団体。また,その団体が果たすべき任務

その他の言い換え語例

使節 派遣団 任務


ミッション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/19 17:24 UTC 版)

ミッション(mission)


  1. ^ 役割、使命、任務なので、「義務」や「タスク」とは意味が近い。
  2. ^ 神と人との関係は改まった、という知らせ。新約聖書福音書)でイエス・キリストが語っている内容。
  1. ^ a b c d e Oxford Dictionaries


「ミッション」の続きの解説一覧

ミッション

出典:『Wiktionary』 (2010/11/07 09:36 UTC 版)

名詞

  1. 任務使命
  2. 伝道布教
  3. 重大任務

語源






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ミッションに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ミッション」の関連用語

1
74% |||||



4
伝道 国語辞典
54% |||||

5
使命 国語辞典
54% |||||

6
布教 国語辞典
54% |||||





ミッションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鋳造

ポット

サイドカバー

チタン

チェーンルーブ

ライポジ

ワッシャー

手曲げ





ミッションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2016 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
大学改革支援・学位授与機構大学改革支援・学位授与機構
Copyright National Institution for Academic Degrees and University Evaluation. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2016 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのミッション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS