フォークランド紛争とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > 事件・事故 > 戦争・紛争 > 20世紀の戦争 > フォークランド紛争の意味・解説 

フォークランド ふんそう -ふんさう 【フォークランド紛争】


フォークランド紛争

読み方:フォークランドふんそう
別名:フォークランド戦争マルビナス戦争
英語:Falklands WarFalklands Conflict

大西洋沖、アルゼンチンの東に位置するフォークランド諸島をめぐるイギリスアルゼンチンによる一連の紛争1982年から3ヶ月わたって行われ最新兵器多く用いられた戦争であった。2013年4月現在、フォークランド諸島イギリス実効支配している。

1982年アルゼンチン軍によるフォークランド諸島への侵攻に対してイギリス機動艦隊派遣したことで紛争勃発した。当時アルゼンチン国内インフレなどにより、国民の生活が困窮していたこともあり、国内の不満を解消するためにフォークランド諸島領有権問題引き合い出したといわれている。

3ヶ月に及ぶ戦闘の末、イギリス勝利したが、両国共に多く犠牲者出した。両国1990年国交回復したものの、英国フォークランド沖で油田開発開始したため、再び緊張増している。

2013年4月9日MSN産経ニュース記事によると、アルゼンチン侵攻から領土を守ったマーガレット・サッチャー強硬姿勢は、イギリス国内で高く評価されている。一方で2013年4月9日時事通信記事によると、マーガレット・サッチャーに対してアルゼンチン国内冷ややかであり、サッチャー死去に対して政府公式声明発表しなかった。

関連サイト
妥協なき政治手法 「フォークランド」勝利導く - MSN産経ニュース
サッチャー氏死去に冷ややか=残るフォークランドの恨み-アルゼンチン - 時事通信



【フォークランド紛争】(ふぉーくらんどふんそう)

1982年3月19日勃発したアルゼンチンイギリスとの領土紛争
戦争意図南米アルゼンチン沖にある英領フォークランド諸島アルゼンチン名「マルビナス諸島」)の領有権争奪であった。
アルゼンチン側の視点では「マルビナス戦争」と呼ばれる
20世紀後半冷戦期米ソ陣営代理戦争頻発する中、「西側諸国が争った珍しい戦いでもある。

概略

戦争の経緯

19世紀
フォークランド諸島を巡る領土問題はこの19世紀からすで問題となっていた。
1981年
アルゼンチンの大統領ガルチェリがフォークランド諸島奪取画策
国内の不満をそらす目的があったと言われる
1982年3月
アルゼンチン軍フォークランド諸島から南東1300kmにある英領サウスジョージア島占拠
1982年4月
アルゼンチン軍フォークランド諸島占拠し、軍政下に置く。
駐在していた総督60名の海兵隊員は捕虜になった。
時のイギリス首相マーガレット・サッチャー直ち武力奪還決定民間船舶までも動員した大規模軍事行動発動
1982年4月25日
イギリス海兵隊サウスジョージア島上陸し、これを奪回
1982年5月
両国交戦本格化
1982年5月21日
イギリス海兵隊が東フォークランド諸島上陸し、数日後制圧
同時期、アルゼンチン攻撃機が英艦隊ハリアー交戦し、イギリス海軍駆逐艦コヴェントリー」およびフリゲートアンテロープを1,000ポンド爆弾による空爆撃沈したが、アルゼンチン軍機も多数撃墜されている。
1982年6月5日
イギリス軍フォークランド本島の上作戦決行首都ポートスタンリー前進
1982年6月14日
現地アルゼンチン軍降伏戦闘終結

主な戦訓

この戦争は、その後軍事技術大きな影響与えいくつも戦訓を残した。
以下にその一例をあげる。


フォークランド紛争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/16 19:24 UTC 版)

フォークランド紛争(フォークランドふんそう、: Falklands War,Falklands Conflict/Crisis)とは、大西洋フォークランド諸島(アルゼンチン名:マルビナス諸島)[1]の領有を巡り、1982年3月からイギリスアルゼンチン間で3ヶ月に渡って行われた紛争である。スペイン語ポルトガル語では「マルビナス戦争西: Guerra de las Malvinas)」と表記されることが多い。


  1. ^ 以下はフォークランド諸島で記載を統一
  2. ^ 世界的には「紛争」よりも「戦争」に該当する呼び名が用いられることが多い。
  3. ^ en:Falklands War
  4. ^ South Atlantic/Falkland Islands - British Army Website
  5. ^ このほか、1598年にはオランダ人のSebald de Weertがこの島を訪れ、当時オランダではこの島をSebald島となづけた。
  6. ^ 五月革命 (アルゼンチン)参照
  7. ^ en:Reassertion of British sovereignty over the Falkland Islands (1833)
  8. ^ アドミラル・グラーフ・シュペー
  9. ^ 「カンバーランド」
  10. ^ 『サッチャー回顧録』 221項 ISBN 4-532-16116-9
  11. ^ 国連広報センター 国際憲章”. 国連広報センター. 2008年10月27日閲覧。
  12. ^ 『サッチャー回顧録』 222項 ISBN 4-532-16116-9
  13. ^ 『サッチャー回顧録』245項 ISBN 4-532-16116-9
  14. ^ 『サッチャー回顧録』260-261項 ISBN 4-532-16116-9
  15. ^ a b サンデー・タイムズ特報部編、宮崎正雄訳『フォークランド戦争 - "鉄の女"の誤算 - 』 原書房、1983年 ISBN 4-562-01374-5
  16. ^ 当初の作戦計画では同国の国旗の色をとって「青作戦」(Azul)と呼ばれていたが最終的に改名された。
  17. ^ ARA Cabo San Antonio
  18. ^ "Sniping: an illustrated history" Pat Farey, Mark Spicer, Compendium Publishing
  19. ^ 防水措置やレーダートランスポンダーの増設等
  20. ^ 万一の場合に任務を代行するための予備機が同行した。
  21. ^ 給油機への給油も必要であったため多数の給油機を必要とした。
  22. ^ この理由には諸説あり。一番有力とされているのは当時その海域に風が全く出ていなかったこと、かねてより不調だった機関部のせいで同艦の速度が上がらなかったこと等が重なり、発艦のための対気速度が足りなかったというもの。他にも天候不良などが原因とも報道されている
  23. ^ フランスMBDA
  24. ^ しかしシェフィールドのソールト艦長は「弾頭が爆発した事は確かだ」と証言した。
  25. ^ 1機にエグゾセを搭載し、もう1機はレーダー故障時の誘導を担当するための補助機
  26. ^ イギリス側はエグゾセの撃破をアヴェンジャーの114mm単装砲による撃墜と主張しているがチャフによる誤作動だった可能性もあるなど詳細は不明である。
  27. ^ チャフロケットなどの発射煙を誤認したと見られている
  28. ^ 1986 FIFAワールドカップ準々決勝 アルゼンチン対イングランド
  29. ^ Submarine Operations during the Falklands War. Naval War College
  30. ^ 実際に正面射撃に使用されたとは伝えられていないが、26〜27発の発射で17機撃墜という高い命中率を示した。
  31. ^ 床井雅美 『アンダーグラウンド・ウェポン―非公然兵器のすべて』、日本出版社、1993年、ISBN 4-890-48320-9
  32. ^ 中村[2009: 81]
  33. ^ 中村[2009: 81-82]
  34. ^ 中村[2009: 82-83]
  35. ^ 中村[2009: 83-84]
  36. ^ 中村[2009: 83]
  37. ^ a b c d e f g h [1][2][3][4]「「フォークランド」に学ぶ中国 尖閣略奪へアルゼンチンに急接近の“奇手”」産経新聞2013年2月3日。
  38. ^ Ian Traynor (2013年3月15日). “Pope Francis is wrong on Falklands, says David Cameron” (英語). ガーディアン. http://www.theguardian.com/uk/2013/mar/15/pope-francis-falklands-david-cameron 







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

フォークランド紛争に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フォークランド紛争」の関連用語

フォークランド紛争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

S-76

AGM-88

オートジャイロ

無反動砲

FLIR

コブラ

スカイホーネット

STOVL





フォークランド紛争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフォークランド紛争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS