10・15モードとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 10・15モードの意味・解説 

10・15モード

英語 ten-fifteen mode

日本において、現在採用されている排出ガス量を測定する試験モードをいい、GVW3.5t以下のガソリンLPG車、および、GVW2.5t以下のディーゼル車排出ガス規制採用されている試験法をいう。10・15モードは1991年から採用され、クルマ市街地走行を代表する従来走行パターン(10モード最高速度40km/h)に高速走行を代表する走行パターン(15モード最高速度70km/h)を加え走行モードである。10・15モードによる試験は、クルマシャシーダイナモメーター上にセットし、エンジン暖機された状態から運転を開始して、一酸化炭素炭化水素窒素酸化物などの排出量を測定し、g/kmの単位算出するものである

10・15モード

参照 10モード
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

10・15モード燃費

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/13 14:20 UTC 版)

(10・15モード から転送)

10・15モード燃費(じゅう・じゅうごモードねんぴ、テン・フィフティーンモードねんぴ)とは、日本で使われていた自動車の燃費測定方法。市街地および郊外を想定した状況において、燃料1リットルでの走行距離を測定する。




「10・15モード燃費」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「10・15モード」の関連用語

10・15モードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウエットサンプ

フェニックス

プリウス

ロータリーエンジン

電動式パワーステアリング

ワイパーブレード

ユーノス・プレッソ

CI値





10・15モードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの10・15モード燃費 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS