ロールス・ロイスとは?

ロールスロイス

作者森瑤子

収載図書クレオパトラの夢世にも短い物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1987.10

収載図書森瑤子自選集 5
出版社集英社
刊行年月1993.10


ロールス・ロイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/28 05:47 UTC 版)

ロールス・ロイス[注釈 1]: Rolls-Royce)の起源は、1906年3月[1]イギリスで設立された製造業者であるロールス・ロイス社 (Rolls-Royce Limited) であるが、現在は相互に独立した以下の二社となっている。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 日本における正規代理店による表記。英語圏では「ロールズ・ロイス」[roulz rɔis] と発音する。(三省堂『固有名詞英語発音辞典』より)
  2. ^ このサーボブレーキは元々1919年に開発されたスペインの大型高級車イスパノ・スイザ「H6B」に同社の主任技師マルク・ビルキヒトの着想で装備されたプロペラシャフト出力方式で、とあるユーザーがイスパノから取り外して「シルヴァーゴースト」に装備し、フレデリック・ヘンリー・ロイスに見せたのが導入のきっかけである。ロイスはイスパノ式サーボの価値を認めてシルヴァーゴースト末期型から正式採用、以後ロールス・ロイスでは約半世紀にわたって一部油圧化などの変更を受けながら使用された。エンジン負圧を利用する一般的ブレーキサーボと異なり、車速に単純比例してより強力にブレーキが効く。
  3. ^ プロペラシャフト、アクスルケース等。
  4. ^ 砂漠、荒野等。
  5. ^ キップリングはどこがどう故障したかについて言及していない。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.21-50「創業から戦前」。
  2. ^ a b c 『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.36-45「ベントレーマークVI Rタイプ」。
  3. ^ a b c d e 『世界の自動車-22 ロールス・ロイス ベントレー - 戦後』pp.5-13「はじめに」。
  4. ^ a b 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.51-66「シルヴァー・ゴースト」。
  5. ^ a b 『世界の自動車-21 ロールス・ロイス - 戦前』pp.20-46、「40/50HP シルヴァーゴースト」。
  6. ^ 『世界の自動車-21 ロールス・ロイス - 戦前』pp.65-92、「40/50HP ファンタムII」。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.171-185「スペック」。
  8. ^ a b c d 『ワールド・カー・ガイド27ロールス・ロイス&ベントレー』pp.109-156「ベントレーとモータースポーツ」。
  9. ^ サントリーのサイト


「ロールス・ロイス」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ロールス・ロイスに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロールス・ロイス」の関連用語

ロールス・ロイスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ベニヒバ

パジェロミニ

鮎川義介

地対空誘導弾

ベンチレーション

綾の照葉樹林

大粒径アスファルト混合物

821T





ロールス・ロイスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロールス・ロイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS