ハリアー II (航空機)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハリアー II (航空機)の意味・解説 

ハリアー II (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 15:05 UTC 版)

AV-8B ハリアー II(AV-8B Harrier II)は、マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社が短距離離陸垂直着陸機ホーカー・シドレー ハリアーを基にスーパークリティカル翼揚力強化装置を組み合わせて開発した攻撃機である。




  1. ^ 個別に配置されていた操作パネルをひとまとめにしたもので、操作性が格段に向上している
  2. ^ アメリカのヒューズ社が開発したもので、地上の移動目標の追跡能力があり、テレビ・センサーとレーザー・センサーを収めたものを機首部に装備しており、コックピット内に装備された拡大テレビ映像でパイロットが目標を識別することができ、これらにより、目標の捕捉、誘導兵器の標準と誘導を行うことができる
  3. ^ エンジン排気は温度が高く、エンジンがそれを吸い込むとエンジンの推力が低下するのを防止するもので、上昇して飛行状態になると、空気抵抗を作り出してしまうため、引き込み式となっている
  4. ^ http://www.lockheedmartin.com/products/f35/index.html
  5. ^ AV-8B Harrier II”. Aerospaceweb.org Aircraft Museum. 2006年10月29日閲覧。


「ハリアー II (航空機)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハリアー II (航空機)」の関連用語

ハリアー II (航空機)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ラベンダー・ヒドコート

きく

ライナーワーク

821SH

サンプリングガス

足下灯

河浦崎津天主堂と海

ミニキャブ バン





ハリアー II (航空機)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハリアー II (航空機) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS