AIM-9とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > AIM-9の意味・解説 

【AIM-9】(えーあいえむきゅう)

AIM-9 "Sidewinder(サイドワインダー)"(ガラガラヘビ一種ヨコバイガラガラヘビ」の別名)

1949年からアメリカ開発し、世界最初に実用化された赤外線誘導短距離空対空ミサイル
初期型は後方からの攻撃しか出来なかったが、中期型ではオールアスペクト発射能力を、最新後期型ではオフボアサイト能力ヘルメット・マウンテッド・サイト能力持っている

1956年配備されてから現在に至るまで、米国内でもシリーズ通して数万発が製造されたほか、多くの国へ輸出またはライセンス生産認められ、西側世界標準の短射程AAMの座を不動のものとした。
さらにこのAIM-9を基礎としイギリスAIM-132ASRAAM)・日本AAM-1AAM-3AAM-5)・台湾天剣2)・イスラエルシャフリル1シャフリル2パイソン3パイソン4パイソン5)・ブラジルMAA-3)・ドイツ/スウェーデン/イタリア共同開発IRAS-T)等自国使用改良した西側諸国もある。

また、50年代中台紛争通じて東側持ち込まれたAIM-9は、R-13(AA-2)という形で東側世界標準の短射程AAMとなったことも興味深い事実である。

上記のように全世界普及したAAMであることと、機体へのミサイル運用能力付与が非常に簡単であることの2点の理由から、アメリカ戦闘機以外にも、フランスミラージュF1ミラージュ2000日本製F-1F-2T-2中国製殲撃7殲撃6イスラエル製のクフィルイタリアMB326ツカノスウェーデン製グリペン・ビゲン・ドラケン・ライセン・ツナン、台湾経国多く外国戦闘機・攻撃機・練習機にも搭載できる。

AIM-9は地対空/艦対空ミサイル(MIM-72)にも転用された。それぞれ名称をチャパラル/シーチャパラルといい、現在も運用続けられている国もある。
20世紀後半以後航空戦では必ずと言っていいほど登場し、レバノン侵攻ベトナム戦争湾岸戦争イラン・イラク戦争フォークランド紛争コソボ紛争等で多く戦果を残している。

また、CIAP-3後ろ向きにAIM-9を搭載し、スクランブル発進した中国軍戦闘機撃墜したという情報もある。

スペックデータ

全長2.85m(AIM-9L/M/R)
3.07m(AIM-9P)
3.02m(AIM-9X)
直径12.7cm
翼幅63cm(AIM-9L/M/R)
56cm(AIM-9P)
44cm(AIM-9X)
発射重量AIM-9L:85.3kg(AIM-9L)
86kg(AIM-9M)
78kg(AIM-9P)
87kg(AIM-9R)
85.3kg(AIM-9X)
射程17.7km(AIM-9L/M/P)
19.3km(AIM-9R)
速度マッハ2.5
推進装置Mk16・Mk36ロケットモーター (AIM-9L/M)
弾頭環状爆風(9.4kg)
プリフォームド・ロッド・シース(さや型ケース
HE破片弾頭
誘導装置パッシブ赤外線ホーミング(AIM-9C/R除く)

バリエーション

粋な派生型一部とその特徴を以下に示す。


サイドワインダー (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/22 08:46 UTC 版)

(AIM-9 から転送)

サイドワインダー(Sidewinder)は、アメリカ合衆国が開発した短距離空対空ミサイルアメリカ軍での制式符号はAIM-9


[ヘルプ]


「サイドワインダー (ミサイル)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

AIM-9に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「AIM-9」の関連用語

AIM-9のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アブレスト

01式対戦車誘導弾

落下式タンク

ローリングコンバットピッチ

スプーク

エアブレーキ

96式多目的誘導弾

EH101





AIM-9のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイドワインダー (ミサイル) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS