法蓮草とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物名 > 法蓮草の意味・解説 

ほうれん そう はうれんさう [3]

アカザ科一、二西アジア原産ビタミン AB ・ C鉄分などに富み、野菜として古くから栽培食用とする。在来からの種は根元淡紅色。春、黄緑色小花花茎先に多数つく。 [季] 春。 法蓮草 鳳蓮草とも書く


法蓮草

読み方:ホウレンソウ(hourensou)

アカザ科一年草二年草園芸植物薬用植物

学名 Spinacia oleracea


ホウレンソウ

(法蓮草 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 18:02 UTC 版)

ホウレンソウ(菠薐草、法蓮草、赤根草、学名:Spinacia oleracea)は、ヒユ科アカザ亜科ホウレンソウ属の野菜雌雄異株ほうれん草とも表記される。高温下では生殖生長に傾きやすくなるため、冷涼な地域もしくは冷涼な季節に栽培されることが多い。冷え込むと軟らかくなり、味がよりよくなる。


  1. ^ 俳句では、春の季語に分類される。
  1. ^ 講談社編『旬の食材:秋・冬の野菜』、講談社、2004年、p.20.
  2. ^ デジタル大辞泉「菠薐草:ホウレンソウ」 コトバンク 2015年5月30日閲覧。
  3. ^ ほうれんそう (菠薐草)」跡見群芳譜 2015年5月30日閲覧。
  4. ^ a b 今が旬の「ほうれんそう」のお話”. 農研機構. 2008年12月24日閲覧。
  5. ^ 真冬の寒さを活用した寒じめ菜っぱの栽培マニュアル
  6. ^ FAOSTAT>DOWNLOAD DATA” (英語). FAOSTAT. FAO. 2014年11月8日閲覧。
  7. ^ 農林水産省/ほうれんそう生産量上位について”. 農林水産省. 2015年7月1日閲覧。
  8. ^ 高山市農政部農務課・高山市農業経営改善支援センター連絡会. “平成25年版 高山市の農業”. 高山市農政部農務課. 2015年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  9. ^ 作物統計調査>作況調査(野菜)>確報>平成25年産野菜生産出荷統計>年次>2013年”. e-Stat. 総務省統計局 (2014年12月15日). 2015年7月1日閲覧。
  10. ^ a b 作物統計調査>作況調査(野菜)>確報>平成25年産野菜生産出荷統計>年次>2013年”. e-Stat. 総務省統計局 (2014年12月15日). 2015年7月1日閲覧。
  11. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  12. ^ 厚生労働省日本人の食事摂取基準(2015年版)
  13. ^ 飼い主のためのペットフード・ガイドライン 環境省、2020年4月29日閲覧。
  14. ^ 吉川雅之、薬用食物の糖尿病予防成分 『化学と生物』 2002年 40巻 3号 p.172-178, doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.40.172
  15. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  16. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年5月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  17. ^ USDA National Nutrient Database


「ホウレンソウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法蓮草」の関連用語

1
菠薐草 国語辞典
100% |||||

2
12% |||||



法蓮草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



法蓮草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホウレンソウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS