宮内庁御用達とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 宮内庁御用達の意味・解説 

宮内庁御用達

読み方:くないちょうごようたし

宮内庁納入または献上される品物、あるいは宮内庁購入している品物を意味する表現大日本帝国憲法における「御用達制度」に基づく呼称であり、現代では廃止されている。戦前御用達賜り、いまも存続している老舗が、現在も宮内庁御用達と銘打っている場合はある。

御用達

(宮内庁御用達 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 00:32 UTC 版)

御用達(ごようたつ、ごようたし、ごようだち)とは、江戸時代に、幕府大名旗本公家寺社などに立入あるいは出入する特権的な御用商人の格式のひとつ。また、近代以降においては、皇室王室等からの取引指定を受けて物品等を納めること。「御用達」の指定を受けることは、皇室や王室が間接的に企業の信頼性や製品品質を保証することを意味し、指定を受けた企業や製品は高いステータスを持つことになる。


  1. ^ 中田易直「御用商人」、『国史大辞典』5巻、吉川弘文館、1985年
  2. ^ a b c d e フジテレビトリビア普及委員会『トリビアの泉〜へぇの本〜 3』講談社、2003年。
  3. ^ 商品などに「宮内庁御用達」と表示しても問題ないのか?日本広告審査機構
  4. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 16-17)
  5. ^ 一例をあげると、透明傘。「風速30mでも壊れない 宮内庁御用達の“ビニール傘”ホワイトローズ」日刊工業新聞』2017年6月22日(2018年6月20日閲覧)
  6. ^ カクキューの歴史|合資会社 八丁味噌
  7. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 90-91)
  8. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 18-25)
  9. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 26-27)
  10. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 30-33)
  11. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, p. 37)
  12. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 38-41)
  13. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 42-45)
  14. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 46-47)
  15. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 48-51)
  16. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, p. 61)
  17. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 64-65)
  18. ^ 浅川美映、愛子様がホームビデオで読んでいた話題の絵本! 「うずらちゃんのかくれんぼ」All About、2016年3月18日閲覧。
  19. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 70-73)
  20. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 75-77)
  21. ^ (松崎敏彌(監修) 2004, pp. 88-89)
  22. ^ 鈴木宏枝 (2006年2月21日). “ベビー用品/ベビー用品関連情報 - 皇室に見る物へのこだわり:生活用品編”. All About. 2016年3月19日閲覧。
  23. ^ 椎谷哲夫 『敬宮愛子さまご誕生 宮中見聞記』 (明成社・2002年)P.170
  24. ^ エリザベス女王と歩んだ60年 英国王室御用達をめぐる旅
  25. ^ Les Fournisseurs Brevete de la Cour de Belgique(the Belgian Royal Warrant Holders)(Fournisseurs de la Cour、英語)
  26. ^ 世界第4位のビール会社! デンマークのカールスバーグ”. All about (2014年7月25日). 2019年10月12日閲覧。


「御用達」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮内庁御用達」の関連用語

宮内庁御用達のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮内庁御用達のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御用達 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS