ローレンツとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > ローレンツの意味・解説 

ローレンツ (Lorentz, Hendric Antoon)

ローレンツという人は

ヘンドリック・アントーン・ローレンツ ヘンドリック・アントーン・
ローレンツ

オランダ 1853~1928

電子論提唱

オランダ東部田舎町アーネム苗木園を経営する家に生まれる。 学校に通うようになるとたちまち首席となり、少年時代から異例といえるほどの秀才であった。 1870年ライデン大学入学数学物理学学位取得候補者試験に最優秀で合格する。 しかもこの試験試験官ミス博士号試験用のものであった。

1878年ライデン大学オランダ史上初の理論物理学教授就任し、生涯この職にとどまる。

ローレンツの主な経歴

1875年、”光の反射屈折理論について”という学位論文提出し、ライデン大学博士号取得する。 マクスウェルフレネル論文はローレンツにとって教科書といえるものであったが、マクスウェル光の電磁波説には反射屈折という点において欠点があった。 後の電子論原形である。

1892年先の学位論文拡張し”マクスウェルの電磁理論とその運動体への応用”と題した大論文を発表するヘルツ電磁波実験理論化はマクスウェル理論正しさを証明したが、彼はマクスウェル同様電磁場物質よるものとした。 ローレンツは気体誘電率屈折率いずれも1に近いことから、電磁現象唯一の媒質エーテルあり物質はそれと相互作用するにすぎないとした。 今回論文電磁場をになうエーテルは他の物質とは力学的にまったく独立であることを明確にしたが、それはほとんど独立した実体としての電磁場の別名のようなものであった。 こうして電磁場実質的物質から独立し、古典的電磁場概念確立された。

1893年マイケルソンモーレーによる地球運動光速に関する実験結果からエーテル地球一緒に動くとされた。 これはエーテル電磁現象媒質としたローレンツ論を一部否定するものであったが、「エーテルに対して動く物体運動方向縮み、 その縮む量は速さによって変化する」としたフィッツジェラルド‐ローレンツ収縮仮説提唱する。 後にこの仮説発展させたローレンツ変換導出するが、これはアインシュタイン特殊相対性理論数学的には同一形式をしており、 相対性理論においてもそのままの名称で呼ばれている。そのためローレンツはポアンカレとともに相対性理論のすぐ近くまでたどり着いていたといえる

1895年ローレンツの電子論完成する。 ローレンツは荷電粒子集合体考え物質モデル原子モデル)を考え電流とは荷電粒子電子)の流れとみなした。 電子論という名は後世につけられたもので、ローレンツ本人荷電粒子を”電子ではなくイオン”と呼んでいたそうだ。 光の反射屈折は、平衡点のまわり束縛されている荷電粒子振動によると説明し荷電粒子はその周り電界発生させるので電界中ではクーロン力を受け、 荷電粒子流れるとその周り磁界発生させるので、その磁界の中ではローレンツ磁気力を受ける。 光学的・電磁気学的なさまざまな現象説明しローレンツ変換加え電子論完成する。

1896年電子論によってゼーマン効果理論的説明与え電子論は最高の評価を受けることになる。

1902年、”放射対す磁場影響研究”によって、教え子ゼーマンとともにノーベル物理学賞受賞する。

1918年コプリ・メダル受賞

ヘンドリック・アントーン・ローレンツ

フランス語ドイツ語、英語を使いこなす3ヶ国語物理百科事典のようなローレンツは、国際会議まとめ役とした仕事多くなっていく。 ソルヴェイ会議においては初回から1927年まで主催者として活躍する。

アインシュタインとは親し友人であった。 アインシュタイン何度もライデン大学訪れているし、 ローレンツがライデン大学教授引退する際には、後継者になってほしいとアインシュタイン熱心に口説いたそうである。

第3回ソルヴェイ会議

第3ソルヴェイ会議


ローレンツ

名前 LaurentsLorentzLorenzLorenczLorents

ローレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 16:08 UTC 版)

ローレンツあるいはロレンツは、ラテン語の姓「ラウレンティウス」(Laurentius)に由来する名前。




「ローレンツ」の続きの解説一覧



ローレンツと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ローレンツ」の関連用語

ローレンツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローレンツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2021 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローレンツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS