キャベンディッシュとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 技術者 > 技術者 > 各国の技術者 > キャベンディッシュの意味・解説 

キャベンディッシュ 【Henry Cavendish】 ○

1731~1810イギリス物理学者化学者水素発見水の合成などの化学研究をはじめ,電気・熱の研究地球質量比重測定など,多く業績を残した。

キャベンディッシュ (Cavendish, Henry)

キャベンディッシュという人は

ヘンリー・キャベンディッシュ ヘンリー・キャベンディッシュ

イギリス 1731~1810

水素発見

大貴族の物理学者であり奇人

イギリスニース大貴族の息子として生まれ、2歳で母親亡くした。 ケンブリッジ大学入学するが卒業はせず、ロンドンの父のもとに住み着いて実験をはじめる。 叔父死により莫大遺産相続した。 並外れた実験家で多く研究業績をあげるが奇人ぶりも並外れだったそうである。 大の女嫌い生涯独身科学者仲間ですら必要なときのみ、限られた人とだけしか接しなかった。

彼の功績死後100年後、キャベンディッシュ研究所初代所長マクスウェルによって整理され、1879年刊行された。 有名なものでは水素発見帯電体斥力吸引力クーロンの法則と同じ)、火花放電強さ電圧よりも電流に関係するなどなどがある。

キャベンディッシュの主な経歴

1766年水素発見する。 ある種金属に酸を作用させると、非常に燃えやすい気体発生することに気がついた。 当初は”火の空気”と呼んでおり、密度空気1/14しかないことも発見している。

1773年静電容量概念確立する。 蓄電器容量誘電率電圧電気分布概念確立蓄電器蓄えられる電気量電極面積比例し、介在物厚さ反比例すること、 介在物としては、空気より誘電率大き物質数多く存在することを発見する。

1784年水素水の関係発見する。 水素容器内で燃焼させると容器の冷たい部分液滴付着した。 この液体調べたところ正体であり、水素酸素化合して水になるとキャベンディッシュは結論する。 この実験を耳にしたラヴォアジェは”をつくるもの”を意味するギリシャ語から水素hydrogen)と名づけた。

ヘンリー・キャベンディッシュ

気体電気について重要な発見をしたが、それらは自分私的財産であると言って生存中に発表したものは2件のみである。 にもかかわらず1760年にはロンドン王立協会会員になり、1766年にはコプリ・メダル受賞し、1803年にはフランス科学アカデミーの8名しか選ばれない外国会員一人に選ばれている。


キャベンディッシュ

名前 Cavendish

キャヴェンディッシュ

(キャベンディッシュ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/03 20:25 UTC 版)

キャヴェンディッシュまたはカヴェンディッシュ(Cavendish)は、イギリスの姓の一つ。




「キャヴェンディッシュ」の続きの解説一覧



キャベンディッシュと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャベンディッシュ」の関連用語

キャベンディッシュのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャベンディッシュのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2019 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャヴェンディッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS