ウォーターゲート事件とは?

ウォーターゲート事件

読み方:ウォーターゲートじけん
別名:ウォーターゲート・スキャンダル
英語:WatergateWatergate Scandal

1972年米国で起きた大統領選挙がらみの政治スキャンダル選挙における共和党の不正工作疑惑発端となり、第37大統領リチャード・ニクソン任期中に大統領職を辞任する騒ぎへと発展した。

ウォーターゲート」は、事件舞台となった建物の名称である。米国ワシントンD.C.にある。英語では単にウォーターゲートWatergateと言ってこの事件を指す場合もある。

ウォーターゲート事件は第37大統領リチャード・ニクソン再選賭け選挙において発生した。ニクソン陣営共和党)が対立候補民主党陣営本部侵入・盗聴器設置ようとして捕まり、共和党陣営はこの同事実を揉み消けそうと画策した。不正とその揉み消し工作疑惑世論反発呼びリチャード・ニクソンほどなく辞意表明することとなった。

ウォーターゲート事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/17 18:46 UTC 版)

ウォーターゲート事件(ウォーターゲートじけん、アメリカ英語: Watergate scandal )とは、1972年6月17日ワシントンD.C.民主党本部で起きた盗聴侵入事件に始まったアメリカの政治スキャンダル。1974年8月9日にリチャード・ニクソン大統領が辞任するまでの盗聴、侵入、裁判、もみ消し、司法妨害、証拠隠滅、事件報道、上院特別調査委員会、録音テープ、特別検察官解任、大統領弾劾発議、大統領辞任のすべての経過を総称して「ウォーターゲート事件」という[注釈 1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 1972年6月17日に起こった民主党本部への盗聴装置設置を目的とした侵入事件を当初はウォーターゲート事件と呼んでいた。その後この侵入からさまざまな問題が発覚すると同時に、連鎖的に疑惑や事件が発生し、政界を揺るがすスキャンダルとなった。最終的に大統領の弾劾を発議する政治的な対立を生み、結果として大統領辞任まで至る経過に対して、「ウォーターゲート」という言葉が使われていた。現在では一連の動きすべてがウォーターゲート事件という言葉に集約されている
  2. ^ 最初に逮捕された時にメンバーの手帳からハントの名前とホワイトハウスでの彼のデスクの電話番号が書かれていたとする話が資料で散見されるが、1972年6月20日付けワシントンポストの記事では、コルソンの名前があって、かつハントの名前と彼の自宅の電話番号と「HOUSE,WH」の書き込みがあったということであった。事件当時、ハントはホワイトハウス非常勤顧問の職を辞して、ホワイトハウスの中で彼のデスクはなく、むしろコルソンが常勤顧問として勤めており、ホワイトハウス内に事務室があった。手帳にホワイトハウス内の電話番号があったというのはこの2人を混同した結果である
  3. ^ 最高刑を下すことが多かったため、「マキシマム・ジョン」として知られた人物である。
  4. ^ 他のメディアが無関心であったのは「ウォーターゲート事件は些細な事柄で、個々の記事が事実であったとしてもそれで権力と争う意味があるのか」といった逡巡があったと言われている。この点は前年国防総省秘密文書をすっぱ抜きニクソン政権と対立したニューヨーク・タイムズも同様であった。唯一の例外はCBSイブニングニュースのウォルター・クロンカイトであった。
  5. ^ この侵入行為が明らかとなり、エルズバーグ訴追は「政府の不正行為」として却下されることとなった。
  6. ^ 一般的にはアーリックマンと呼ぶが、一部にはエーリックマンと呼称する資料もある。
  7. ^ 一般的にはハルデマンと呼ぶが、一部にはホールドマンとも呼ばれて、当時日本ではNHKはホールドマン、民放と新聞はハルデマンと呼称していた。
  8. ^ 後に駐イラン大使。ホワイトハウスのもみ消しの圧力をはねつけた。
  9. ^ 陸軍中将だったウォーターズは、ニクソン大統領とは大佐時代の南アメリカ旅行以来の仲で親しいと目されていた。一部ではウォルターズとも呼称されていた。
  10. ^ この時FBIは、フーヴァー長官が前月の5月2日に死去して内部からマーク・フェルト副長官の昇格という見方もあったが、ニクソンは自分の意になる人材としてグレイを指名した。ただこの時点では議会の承認を得ていないので長官代行という位置づけであった。そしてこの事件に巻き込まれて翌年春に辞職に追い込まれることになった。
  11. ^ 盗聴工作の資金である、メキシコ人ビジネスマンを隠れ蓑にしたケネス・H・ダールバーグからの秘密献金の存在を隠蔽することが目的だった
  12. ^ 1973年5月21日に上院外交委員会で、CIA側は「1972年6月23日の会合でハルデマン補佐官が大統領の希望によるものだと述べた」と証言している。その一方でその10日後の5月31日に上院歳出委員会小委員会に出席したハルデマンは「1972年6月23日の会合は大統領の指示に従った国益に沿うもので、もみ消し工作ではない」と証言している。
  13. ^ グレイはこの後7月6日に大統領で電話をかけて、「ホワイトハウスに関係しそうだ」と警告したとされている。
  14. ^ 後にウォーターズはジェームズ・R・シュレシンジャー長官(ヘルムズの後任として1973年2月に就任)と相談した上で、「CIAのメキシコでの活動には無関係」だと捜査当局に証言した。
  15. ^ たとえばマグルーダーは、「ニクソンがミッチェルにローレンス・R・オブライエン民主党全国委員長の活動情報収集のための侵入指揮を命令した」のを立ち聞きしたなど、様々な報告書を提出している。その中身は関与を認めているものもあれば、無関係だというものもあり、未だに真相の全ては明らかになっていない。
  16. ^ 「ウォーターゲート・セブン」と呼ばれるグループは実は2種類あり、1つは直接民主党本部に侵入した及びそれを指示したメンバー。マッコードやハント、リディらである。もう1つはニクソン大統領を取り巻く補佐官や大統領再選委員会のメンバーで捜査妨害をした7人、ミッチェル、ハルデマン、アーリックマン、コルソンらである。
  17. ^ そもそもディーン報告と言えるようなものはなく、ディーンからの話をアーリックマンが大統領に口頭で説明したものであったことが、1973年5月16日付けニューヨーク・タイムズにすっぱ抜かれている。
  18. ^ 本来の担当者のシルバート連邦地方検事局事件捜査主任検事やヘンリー・E・ピーターセン刑事局担当司法次官補などは、捜査内容をホワイトハウスに報告していたとして不信を買っていた。FBIは長らく権勢を振るったフーヴァー長官が事件発覚直前の1972年5月に死去、ニクソンの友人であるL・パトリック・グレイ(軍人)が長官代行だったため、ホワイトハウスの圧力に弱いと思われた。
  19. ^ 日本でもアメリカ軍放送のFENが中継した。
  20. ^ これは正式な証言ではなく、委員会スタッフ・メンバーとのインタビューでの発言だった。
  21. ^ 7月16日に公聴会でバーターフィールドが証言したという説もある。「アメリカ50年 ケネディの夢は消えた?」土田宏 著 84P参照
  22. ^ その後のテープでの聞き取り調査から、ニクソンには無駄に長話をするクセがあるのと、大統領の品性が疑われるほど下品な言動があることが分かった。
  23. ^ または「土曜夜の大虐殺」とも言われれ、当時はこの言葉の方が多く使われた。
  24. ^ ちょうどこの時期に、汚職で辞任したアグニュー副大統領の後任として当時下院院内総務であったジェラルド・R・フォードがニクソンから指名を受けていた。まだ8日前のことであった。後にフォードは回顧録で、ニクソンは事件に関する事実が明らかになれば自分は全く関係無いことが分かるだろうとフォードに語り、「ニクソンはシロだと信じていた」と述べてその姿勢は辞任直前まで変わらなかった。
  25. ^ 後任としてジェラルド・R・フォード下院院内総務がニクソン大統領の指名を受け、議会の承認を受けて就任した。ニクソン辞任後に大統領に昇格。
  26. ^ この記載内容についてはジョン・C・ステニス上院軍事委員長が内容を保証したが、ステニスはニクソンとは親しい間柄であるばかりか高齢のため耳が不自由だった。
  27. ^ その多くはニクソン自身が発した下品な言葉で、放送禁止用語も含まれていた。
  28. ^ シリカ判事の求めた9本のテープのうち、2本が見つからなかったとの理由で7本の提出となった。
  29. ^ スティーブ・ブル副補佐官とウッズ秘書がキャンプ・デービッドで消去したのではないかと、ケスラーは述べている
  30. ^ ワシントンポストの2人の記者の取材活動を、両者の著書を元に描いた映画『大統領の陰謀』は、まだ事件が注目されず全米で世論が沸騰する前の時点で物語は終わっている。どこからも相手にされない孤独な闘いをして、取材から帰って大統領の関与を確信した記者が原稿をタイプライターで打っているバックにテレビの画面でニクソンの大統領就任宣誓が写っていた。この時期がニクソンの絶頂期であった。
  31. ^ 第2のターニングポイントは、翌1974年4月のニクソンの過去の脱税の事実が明らかになった時で、この時に弾劾賛成が反対を上回ることとなった。
  32. ^ この時「ノー」と発声して反対票を入れた共和党議員はこの年の秋の中間選挙で全員落選している。
  33. ^ フォード副大統領はその回顧録で、この時に提出された録音テープの内容がそれまでのニクソンの説明と全く違うことを知ったのは、8月1日にヘイグ大統領補佐官から急に会いたいとの連絡を受けて彼が副大統領執務室にやって来た時であった、と書いている。この時にヘイグ補佐官、セントクレア大統領顧問弁護士、そしてフォード副大統領の3人は驚くとともに腹が立ったと述べている。3人ともここまでニクソンの無実を信じていたのであった。(フォード(1979年)、17-18P)
  34. ^ 1964年大統領選挙の共和党大統領候補で、民主党のリンドン・ジョンソン大統領に敗れた。共和党保守派の重鎮であった。
  35. ^ この時の上院の共和党議員は42名で、結束すれば三分の二の賛成票を阻止できる数字であったが、共和党議員からも大統領批判が強く、ゴールドウォーター議員はニクソン大統領に「あなたを支持する者は多くても12人で、私の立場は未定です」と語っている。それに対してニクソンは「近く決断するつもりだ。ありがとう。」であった。
  36. ^ 当時キッシンジャー大統領補佐官の副官ヘイグへの要旨説明が主な役割であったという話があるが、ウッドワードは否定している。ただ、このことでディープ・スロートはヘイグ副補佐官であるとする人が多かった。
  37. ^ 2人が会って、ウッドワードが記事にした直後にハルデマン補佐官が情報提供者をマーク・フェルトと特定したことは、意外なことに実は『ワシントン・ポスト』内にホワイトハウスへの情報提供者がいたことを示している。後にウッドワードも著書でそのことに触れていた。この事実はこの事件の皮肉な一面である。
  38. ^ ニクソンが裁判で援護してくれたことを受けて、フェルトはウッドワードに「ニクソンは『ワシントン・ポスト』よりもずっと力になってくれた」と語っている。またニクソンはフェルトにお祝いのシャンパンを贈っている(ボブ・ウッドワード(2005年)、p.138 - 150)。
  39. ^ この時にニクソンはその証言の中で「国家の安全保障が脅かされている場合は不法侵入を命じる権限が大統領にある」として「その権限はFBI長官に委ねている」と述べている。ボブ・ウッドワード(2005年)、p.144-145

出典

  1. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.24
  2. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.27
  3. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.26
  4. ^ マイケル・ケリガン(2012年)、p.250
  5. ^ 桜井元雄(2006年)、p.411
  6. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.30
  7. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.99
  8. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.34 - 37
  9. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.102 - 103
  10. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.104 - 105
  11. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.107 - 108
  12. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.149
  13. ^ a b c 朝日新聞外報部(1973年)、pp.150 - 151
  14. ^ 桜井元雄(2006年)、p.404
  15. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.40 - 43
  16. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.13、p.43
  17. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.46 - 48
  18. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.60 - 61
  19. ^ a b 朝日新聞外報部(1973年)、pp.62 - 66
  20. ^ 以下ティム・ワーナー(2008年)、pp.109 - 111 及びティム・ワーナー(2014年)pp.135 - 138 参照
  21. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.200
  22. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.204
  23. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.206
  24. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.207
  25. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.211
  26. ^ 名目上。
  27. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.240
  28. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.216 - 217
  29. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、p.288
  30. ^ 桜井元雄(2006年)、p.405
  31. ^ ジェラルド・R・フォード(1979年)、pp.130
  32. ^ ジェラルド・R・フォード(1979年)、pp.130
  33. ^ ジェラルド・R・フォード(1979年)、pp.130-131
  34. ^ ジェラルド・R・フォード(1979年)、pp.131
  35. ^ 「アメリカ50年 ケネディの夢は消えた?」土田宏 著 85P参照
  36. ^ 砂田一郎(1981年)、pp.171
  37. ^ オリバー・ストーン他(2013年)、第9章 ニクソンとキッシンジャー p.396
  38. ^ 朝日新聞外報部(1973年)、pp.340 - 341
  39. ^ 砂田一郎(1981年)、170P (ニクソンの対応と自滅)
  40. ^ 砂田一郎(1981年)、172P (ニクソンの対応と自滅)>
  41. ^ 砂田一郎(1981年)、172P (ニクソンの対応と自滅)>
  42. ^ 砂田一郎(1981年)、173P (ニクソンの対応と自滅)>
  43. ^ 砂田一郎(1981年)、173P (ニクソンの対応と自滅)>
  44. ^ 桜井元雄(2006年)、p.407
  45. ^ 「アメリカ大統領ーその権力と歴史」ヴァン・サン・ミシュロ著 藤本一美 訳 118-119P 創元社 2009年6月発行
  46. ^ 「アメリカ大統領ーその権力と歴史」ヴァン・サン・ミシュロ著 藤本一美 訳 120P 創元社 2009年6月発行
  47. ^ 「アメリカ大統領ーその権力と歴史」ヴァン・サン・ミシュロ著 藤本一美 訳 120-121P 創元社 2009年6月発行
  48. ^ Sabato, Larry (1998年7月21日). “Billygate – 1980”. washingtonpost.com. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/politics/special/clinton/frenzy/billy.htm 2014年7月30日閲覧。 
  49. ^ JSTOR 1148729
    This citation will be automatically completed in the next few minutes. You can jump the queue or expand by hand
  50. ^ Associated Press (1990年2月22日). “'Never Had an Inkling' : Reagan Testifies He Doubts Contragate Ever Happened : Videotape Transcript Released”. LA Times. http://articles.latimes.com/1990-02-22/news/mn-1823_1_reagan-testifies 2014年7月31日閲覧。 
  51. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.23
  52. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、pp.22 - 29
  53. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.45
  54. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、pp.68 - 71
  55. ^ ウッドワード、バーンスタイン『大統領の陰謀』、第6章
  56. ^ 桜井元雄(2006年)、pp.415 - 416
  57. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、pp.79 - 83
  58. ^ ギブス、ダフィー(2013年)、p.404
  59. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、pp.168 - 186
  60. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.222。この項のみバーンスタインが著している。
  61. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.233(バーンスタインの執筆)
  62. ^ 砂田一郎(1981年)、170P (ニクソンの対応と自滅)
  63. ^ 砂田一郎(1981年)、170P (ニクソンの対応と自滅)
  64. ^ 砂田一郎(1981年)、171P (ニクソンの対応と自滅)
  65. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.110
  66. ^ ボブ・ウッドワード(2005年)、p.111


「ウォーターゲート事件」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウォーターゲート事件」の関連用語

ウォーターゲート事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カルミア・ラティフォリア

トラスティー

黒米

丸大ビーズ

ミヤマイラクサ

塗り足し

キャリバー

三棚





ウォーターゲート事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウォーターゲート事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS