校正 出版後の修正

校正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 02:02 UTC 版)

出版後の修正

出版物には誤りがないことが望ましいが、実際にはなかなか完璧に校正を行うことはできない。また、時を経て状況が変化する場合もある。このような後から発覚した誤りや変化は、緊急を要し販売に間に合う場合には、正誤表を挟み込むなどの対策がとられる。新聞では、「訂正」欄を設けて誤りを正している。出版団体などがウェブサイトをもつ場合には、ウェブページに訂正を掲載することもある。

一般の書籍では、増刷または増版を行う時点で修正を行う。増刷をするごとに1刷、2刷と呼ばれ、大きな改訂を伴う増刷の場合には、1版、2版と呼ばれる。当然ながら、初版本(1版1刷の本)には後の版に比べて多くの誤りを含むことになり、これが初版本がコレクションの対象とされる要因ともなっている。

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

  • 『校正の研究』(大阪毎日新聞社校正部、大阪毎日新聞社、1928年)
  • 『校正のこころ』(大西寿男著、創元社、2009年)
  • 『新しい校正者の基礎知識』(野村保惠著、日本エディタースクール出版部、2009年)
  • 『標準 校正必携』(第八版、日本エディタースクール出版部、2011年)

関連項目

外部リンク


  1. ^ ヒキタクニオ『角』(光文社文庫、2005年)では角の生えた麻起子の上司が「日本語は我々潮光社校閲部が守る!」という気概をもっている設定だった。
  2. ^ 福地源一郎『『懐往事談』附録の「新聞紙実歴」』改造社(文庫)、1941年、197-200p。
  3. ^ 宮木あや子校閲ガールKADOKAWA、2014年、44頁。
  4. ^ バルザックはしばしばこの段階で多大な変更を行ったので、十校以上にも及ぶことがあり、植字工・校正者泣かせであった。
  5. ^ フィルムから直接印刷することは、印刷の原理上できない。


「校正」の続きの解説一覧




校正と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「校正」の関連用語

校正のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



校正のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの校正 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS