青焼きとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 広告用語 > 青焼きの意味・解説 

あお‐やき〔あを‐〕【青焼(き)】

青写真。特に、オフセットグラビア印刷で、校正に用いる淡青色の地に濃青色印画(あい)焼き


青焼き(あおやき)

印刷製版フィルムから、直接青写真印画紙焼き付け簡易校正紙オフセット印刷グラビア印刷校正利用される。多色印刷絵柄は4分色の重ね合わせ構成される関係上、これにより微妙な色合い校正をすることは不可能で、主として誤字脱字レイアウトチェックをするときに使う。

青焼

(青焼き から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/28 02:42 UTC 版)

青焼(き)(あおやき、: blueprint)は、かつて主流だったジアゾ複写技法である。の明暗が青色の濃淡として写るため、このように呼ばれる。また、ジアゾ式複写機は「青焼き機」とも呼ばれた。


[ヘルプ]
  1. ^ いわゆる業界用語なので、公式な定義がされていたわけではなく、使われていた場所による。


「青焼」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青焼き」の関連用語

青焼きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青焼きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS