JKリフレとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > JKリフレの意味・解説 

JKリフレ

読み方:ジェーケーリフレ

JK女子高生)によるリフレクソロジー」の略。女子高校生格好をした若い女性従業員個室などでマッサージを行う店。

リフレクソロジーは本来、指圧により体のツボ刺激する健康法であるが、JKリフレでは単にマッサージとして、あるいは身体触れ方法といった程度の意味である。個室仕切り区切られ空間内で、若い女の子密着しながらお話する、といったコンセプト売りとなっている。従業員中には実際に未成年の者もおり、問題視されている。

JKリフレ

別表記:ジェイケイリフレ

「JKリフレ」の意味・「JKリフレ」とは

「JKリフレ」とは、日本における特定の風俗業一つである。JKは「女子高生」を指す言葉であり、リフレはリフレクソロジー」の略である。しかし、この言葉が指す内容は、女子高生リフレクソロジー提供するというものではなく女子高生一定の時間共有するというサービスを指す。具体的には、女子高生一緒に散歩したり、お茶をしたり、会話を楽しむといった内容含まれる

「JKリフレ」の発音・読み方

「JKリフレ」の発音は、日本語発音規則に従って「ジェイケーリフレ」と読む。ここで、「JK」は英語のアルファベットの「J」と「K」そのまま読んだもので、「リフレ」は「リフレクソロジー」の略語である。この単語発音によって意味や品詞が変わるものではない。

「JKリフレ」の定義を英語で解説

"JK Refre" is a specific type of service industry in Japan. "JK" is an abbreviation for "Joshikousei", meaning high school girls, and "Refre" is short for "Reflexology". However, the service this term refers to is not about high school girls providing reflexology, but rather a service where customers spend a certain amount of time with high school girls. This can include activities such as walking together, having tea, or enjoying conversation.

「JKリフレ」の類語

「JKリフレ」に類似する言葉としては、「JKビジネス」がある。これも「女子高生」を意味するJK」を含む言葉で、女子高生対象としたさまざまなサービスを指す。ただし、「JKビジネス」は「JKリフレ」よりも広範な業態を含む。

「JKリフレ」に関連する用語・表現

「JKリフレ」に関連する用語としては、「援助交際」や「未成年者性的搾取」などがある。これらは「JKリフレ」が社会問題となる背景関連する概念であり、法律倫理的な観点から議論対象となることが多い。

「JKリフレ」の例文

1. "JK Refre is a controversial business in Japan where customers pay to spend time with high school girls."(日本では顧客女子高生時間を過ごすために支払う、物議を醸す「JKリフレ」というビジネス存在する。)
2. "The JK Refre industry has been criticized for potentially exploiting minors."(「JKリフレ」業界は、未成年者潜在的に搾取する可能性があるとして批判されている。)
3. "Authorities are cracking down on JK Refre businesses to protect minors."(当局未成年者保護するため、「JKリフレ」ビジネス取り締まり強化している。)
4. "Some argue that JK Refre is a form of child exploitation."(一部では、「JKリフレ」は児童搾取の一形態であると主張されている。)
5. "JK Refre businesses often operate under the guise of legitimate services like reflexology or tea ceremonies."(「JKリフレ」ビジネスは、リフレクソロジー茶道などの正当なサービス名目運営されることが多い。)
6. "There is a growing concern about the safety of the girls involved in JK Refre."(「JKリフレ」に関与する女子たちの安全について、懸念高まっている。)
7. "Despite the controversy, JK Refre businesses continue to exist in certain areas of Japan."(物議を醸しているにもかかわらず、「JKリフレ」ビジネス日本一部地域依然として存在している。)
8. "JK Refre is often seen as a grey area in terms of legality."(「JKリフレ」は、法的な観点から見るとグレーゾーン見なされることが多い。)
9. "Some JK Refre businesses claim to offer 'non-sexual' services, but the reality can be different."(一部の「JKリフレ」ビジネスは「非性的」なサービス提供していると主張しているが、現実異なことがある。)
10. "The JK Refre industry is part of a larger issue of child exploitation in Japan."(「JKリフレ」業界は、日本における児童搾取のより大きな問題一部である。)

JKリフレ

JKリフレとは、主に女子高生JK)がリフレクソロジーリフレ)を提供するサービスを指す言葉である。このサービスは、一般的には足裏マッサージや手のマッサージなどのリラクゼーション提供するのである。しかし、JKリフレは未成年者関与することから、社会的な問題引き起こすこともある。そのため、法律により厳しく規制されている。また、JKリフレの店舗は、主に都市部集中している傾向がある。これらの店舗は、通常ウェブサイトSNS通じてサービス宣伝し顧客集める。

JKリフレ

JKリフレは女子高生高校生女子)の女性従業員個室などで男性客簡易なマッサージを施すという趣向の、実質的に客の性的欲求満たすための業態である。

JKリフレの「JK」は、俗に女子高生」の略として用いられる語であり、JKリフレの「リフレ」は「リフレクソロジー」の略である。リフレクソロジーreflexology)は、本来は指圧などによってツボ刺激しつつマッサージすることにより血促進ひいては健康増進を図る「反射療法」のことである。ただし「JKリフレ」では本格的なマッサージ施術が行われるわけではないリフレは個室仕切り区切られ空間内で従業員と客が2人きりになる、そして密着するという状況作るための口実にすぎない

JKリフレで客にマッサージを施す従業員は、女子高生である。つまり女子高校制服着た少女である。実際に20歳前後くらいの女が年齢偽って女子高生コスプレをしているという場合あり得る。しかし本物現役女子高生従業員として従事している場合もある。
JKリフレは表向きはただのマッサージ店であるが、多く店舗通称裏オプ」と呼ばれるオプションサービス用意されている。裏オプ内容あからさまな性的サービスといえる

JKビジネス

(JKリフレ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/07 07:33 UTC 版)

JKビジネス(ジェーケービジネス)とは、女子高校生等であることを売りにして、見知らぬ男性と会話や占い、ゲームなどをする、飲食しながら会話やゲームをする、散歩をする、個室でマッサージや添い寝をするなどしてお金をもらう仕事である[1]


注釈

  1. ^ 日本の学年制度は実務上は年齢主義によって強固に運営されており、中学卒業までは就学猶予原級留置による過年度生は殆どなく、全日制高校でも過年度入学・原級留置による過年度生の割合は少ないため、全日制高校の女子生徒は多くの場合は15~18歳であり、「本物の女子高生」という言葉は15~18歳の女子という認識が世間に広く浸透している
  2. ^ 深夜22時から朝5時までの労働
  3. ^ 原則として、1週40時間超労働や1日8時間超労働が該当する。例外として、1日の労働時間を4時間以内に短縮する場合は他の日を10時間まで延長することが、労使協定又は就業規則により1週間48時間以内・1日8時間以内で1ヶ月単位又は1年単位による変形労働時間制が、それぞれ認められている
  4. ^ 1週1休日又は4週4休日(この場合、就業規則で全労働者統一の4週間の起算日を明示しなければならない)に反する形で休日労働させること
  5. ^ 年少者労働基準規則第8条第45号の「特殊の遊興的接客業における業務」に該当するとしている
  6. ^ 「喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、客に接する役務を行う者に、客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した姿態又は着衣内の下着を客が見ることができるような姿態をさせるもの」「個室を設け、当該個室において専ら異性の客に対し接触する役務を提供する営業」「店舗を設けて、客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した人の姿態又は着衣内の下着を客が見ることができるような人の姿態を客に見せる役務を提供する営業」「店舗を設けて、営業に従事する者を専ら異性の客に同伴させて客に遊興をさせる営業」「人の住居又は人の宿泊の用に供する施設において専ら異性の客に対し接触する役務を提供する営業で、当該薬務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」「客の性的好奇心をそそる、水着、制服等を着用した人の姿態又は衣服内の下着が見ることができるような人の姿態を客に見せる役務を提供する営業で、当該薬務を行う者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」「営業に従事する者を専ら異性の客に同伴させて客に遊興をさせる営業で、当該同伴をさせる者を、その客の依頼を受けて派遣することにより営むもの」
  7. ^ 「青少年が客に接する業務に従事していることを明示し、若しくは連想させるものとして東京都公安委員会規則で定める文字、数字その他の記号、映像、写真若しくは絵を営業所の名称、広告若しくは宣伝に用いるもの又は青少年が客に接する業務に従事していることを明示し、若しくは連想させるものとして公安委員会規則で定める衣服を客に接する業務に従事する者が着用するもので、青少年に関する性的好奇心をそそるおそれがあるもの」であって「専ら異性の客に接触し、又は接触させる役務を提供する営業」「専ら客に異性の人の姿態を見せる役務を提供する営業」「店舗を設け、当該店舗において専ら異性の客の接待をする役務を提供する営業」「客に接する業務に従事する者が専ら異性の客に接するもの」
  8. ^ JK、15歳、16歳、17歳、高1、高2、高3、高校1年生、高校2年生、高校3年生、こども、インターハイ、ジャージ、スクール、スクール水着、スク水、セーラー服、ティーン、テスト、ブルマ、ブレザー、ランドセル、乙女、女の子、開校、課外、学院、学園、学生、学生服、学年、学校、家庭科、教育実習生、教師、教室、現役、高校、高校生、校則、公立、黒板、在校生、児童、授業、授業料、出席表、出席簿、少女、女子校生、女子高生、私立、新学期、新入生、生徒、制服、先生、全日制、卒業、体育祭、体操着、体操服、担任、中学生、通学路、転校生、同級生、登校、当校、特待生、日直、入学、部員、部活、部活動、放課後、娘、優等生

出典

  1. ^ いわゆるJKビジネスにおける犯罪 防止対策の在り方に関する報告書 (資料5)”. いわゆるJKビジネスにおける犯罪 防止対策の在り方に関する有識者懇談会. 2023年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “現役女子高生がマッサージ、ハグ…“オタクの聖地”に増殖中の「リフレ」って何だ?”. 産経新聞. (2012年11月23日) 
  3. ^ “JKビジネスVS警察!続く“イタチごっこ”…舞台は秋葉原から新宿、池袋、渋谷に拡大”. スポーツ報知. (2013年12月25日) 
  4. ^ 「客はATMやと思え」JKリフレ苛烈な競争現場…黙殺される“性被害”、摘発の大阪で「JK」に聞いた”. msn産経west. 産経デジタル (2014年6月11日). 2014年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月1日閲覧。
  5. ^ “違法? 合法? 女子高生アルバイトのグレー度は?”. 日刊SPA!. (2011年2月24日) 
  6. ^ “「児童買春の温床」ストーカー誘発の危険も”. 産経新聞. (2013年2月17日) 
  7. ^ a b c d 今度は「JK撮影会」摘発 個室でわいせつポーズ リフレにお散歩…業態変えいたちごっこのJKビジネス” (2013年12月7日). 2022年11月15日閲覧。
  8. ^ a b “警視庁、個室店の女子高生を補導 保護改め厳格対応”. 共同通信. (2013年4月5日) 
  9. ^ “<労基法違反容疑>女子高生「リフレ」摘発 都内17件”. 毎日新聞. (2013年1月27日) 
  10. ^ “大阪でも「JKリフレ」摘発 「萌えエステ メイドの手」経営者ら容疑で逮捕 大阪府警”. 産経新聞. (2014年5月13日) 
  11. ^ “女子高生の裸撮影 容疑のJKビジネス経営者ら逮捕”. 産経新聞. (2014年12月7日) 
  12. ^ “マジックミラー越しに水着女性を見学 無許可営業の疑い”. 朝日新聞. (2015年9月9日) 
  13. ^ “「JKビジネス」監視強化…18歳も補導対象に”. 読売新聞. (2014年11月27日) 
  14. ^ 本田 雅一 (2016年1月6日). “秋葉原"少女売春が放置されている街"の真実 本当に「日本のダークサイド」なのか”. 週刊東洋経済 (東洋経済新報社). http://toyokeizai.net/articles/-/99154 2017年12月18日閲覧。 
  15. ^ “「JKお散歩」は人身売買=米国務省が年次報告書”. 時事通信. (2014年6月20日). オリジナルの2014年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140912005109/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014062001009 
  16. ^ 2014 Trafficking in Persons Report アメリカ合衆国国務省
  17. ^ “JKビジネスは「有害役務営業」 全国初の全面規制、愛知で条例改正”. 産経新聞. (2015年3月20日) 
  18. ^ “AV出演強要 神戸大教授、規制強化に反対 内閣府聴取”. 毎日新聞. (2016年9月12日). https://mainichi.jp/articles/20160913/k00/00m/040/102000c 2020年7月8日閲覧。 
  19. ^ 「若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題 ~いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題について~」内閣府
  20. ^ “JKビジネス 18歳未満は禁止 警視庁有識者懇が報告書”. 毎日新聞. (2016年5月25日). https://mainichi.jp/articles/20160525/k00/00e/040/195000c 2020年7月8日閲覧。 
  21. ^ “JKビジネス規制条例案可決、全国初 東京都議会、18歳未満就労禁止へ 水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋も”. 産経新聞. (2017年3月30日). https://www.sankei.com/affairs/news/170330/afr1703300026-n1.html 2020年7月8日閲覧。 
  22. ^ “ネットに氾濫 JKビジネス 規制条例施行”. 東京新聞. (2017年7月2日) 
  23. ^ 「JKビジネス」の営業実態等の調査結果(令和4年12月末)”. 警察庁. 2024年2月7日閲覧。


「JKビジネス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「JKリフレ」の関連用語

JKリフレのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



JKリフレのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2024 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJKビジネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS