AIM-54とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > AIM-54の意味・解説 

【AIM-54】(えーあいえむごじゅうよん)

AIM-54 Phoenix(フェニックス)
F-111海軍型として計画された「F-111B」への搭載目的開発された長射程空対空ミサイル
しかし、当初搭載母機になるはずだったF-111Bがキャンセルとなったため、AWG-9とともにF-14へ受け継がれ、1974年実戦配備開始された。

ミサイル起源は、F6DF-108YF-12搭載される予定だった空対空ミサイルで、その技術が元となり、F-111Bと同時に開発された。
射程160~200Kmと、実用空対空ミサイルでは世界最長である。
艦隊防空特化したミサイルであり、事実上搭載するレーダー火器管制システムからF-14専用となっている。

誘導方式中間セミアクティブレーダー誘導飛行中のデータ更新あり)、終端アクティブレーダー誘導である。
後期型のC型では、慣性参照装置搭載されたことからより効率的軌道を描けるようになり、命中精度の向上と射程距離若干延長がはかられている。

主な目標対艦ミサイル装備したソ連軍爆撃機であり、艦隊防空の一番外において爆撃機アウトレンジ攻撃する目的生まれた。
試験においては80%以上の高命中率を記録し、イラン・イラク戦争において、イラン軍不確定情報ながらF-14発射した本ミサイルイラク軍機を多数撃墜しているが、アメリカ軍配備されていた本ミサイル撃墜記録ていない

イラン・イラク戦争での戦果については、戦後イラン側が発表した内容によると、1980年から1988年の間にF-14合計30機の撃墜戦果記録し、このうちフェニックスによる確定戦果16機・未確定戦果が4機、としている。
また、この期間中フェニックス71発を射耗し、10発が搭載したF-14の被撃墜事故等によって喪失された、としている。

ソ連の崩壊に伴いアメリカ機動部隊攻撃する能力を持った国が地球上に存在しなくなった現在、AIM-54は存在意義を失ってしまった。
また1発約100万ドルと、高価といわれているAIM-120の2倍以上という高コスト裏目に出てしまっている。
そのため、アメリカ軍2004年9月30日をもってAIM-54の運用終了30年に渡る艦隊防空中核としての役割に幕を閉じた。

http://www.masdf.com/quiz/pic/mav.jpg

Photo:MASDF
"

スペックデータ

全長4.01m
直径38.1cm
翼幅92.4cm
発射重量443kg(AIM-54A)/463kg(AIM-54C)
射程200km
速度マッハ5.0
飛行高度30,000m
推進装置Mk47;WPU-3/B固体推進ロケットモーター(AIM-54A)
Mk60固体推進ロケットモーター(AIM-54C)
弾頭HE連続ロッド(60kg)
誘導装置更新付セミアクティブレーダー及びアクティブレーダー(AIM-54A)
更新付セミアクティブレーダー・慣性及びアクティブレーダー(AIM-54C)

AIM-54の種類


フェニックス (ミサイル)

(AIM-54 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 15:10 UTC 版)

AIM-54 フェニックス: Phoenix)は、長射程空対空ミサイルである。F-14 トムキャット戦闘機専用の兵器であり、F-14には最大6発まで搭載できる。


  1. ^ a b c d e f g h i j Backgrounder - AIM-54 Phoenix Missile
  2. ^ a b c d e f US Air-to-Air Missiles
  3. ^ a b c d e f g h i j Raytheon (Hughes) AAM-N-11/AIM-54 Phoenix
  4. ^ a b c d AIM-54 Phoenix Missile
  5. ^ NASA Phoenix Missile Hypersonic Testbed 2007年1月6日
  6. ^ a b ヴィジュアルガイド大全 航空機搭載兵装 P.17-18 著トマス・ニューディック
  7. ^ “Budget estimates descriptive summaries”, Supporting data for fiscal year 1983, Department of the Navy .
  8. ^ WORLD MISSILE DIRECTORY.Hughes AIM-54 Phoenix
  9. ^ FLIGHT International, 2? May 1976
  10. ^ Iranian F-14 Tomcat’s “new” indigenous air-to-air missile is actually an (improved?) AIM-54 Phoenix replica
  11. ^ Iran Tests New Fakour 90 Air-to-Air Missile
  12. ^ JETS January/February 2015 - No.33 PERSIAN TOMCATS
  13. ^ New long-range air-to-air missile in development, boasts Iran
  14. ^ Defense.gov Transcript: DoD News Briefing January 5, 1999”. 2016年6月13日閲覧。
  15. ^ Parsons, Dave, George Hall and Bob Lawson. (2006). Grumman F-14 Tomcat: Bye-Bye Baby...!: Images & Reminiscences From 35 Years of Active Service. Zenith Press, p. 73. ISBN 0-7603-3981-3.
  16. ^ 『イラン空軍のF-14トムキャット飛行隊』大日本絵画 2016年 ISBN 978-4-499-23185-5 p26


「フェニックス (ミサイル)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AIM-54」の関連用語

AIM-54のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



AIM-54のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェニックス (ミサイル) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS