まつしたこうのすけとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 日本の創業者列伝 > まつしたこうのすけの意味・解説 

まつしたこうのすけ -かうのすけ 【松下幸之助】 ○


松下幸之助

読み方:まつしたこうのすけ

松下幸之助は、松下電器産業株式会社(現・パナソニック株式会社)の創業者である。1894年11月27日和歌山県生まれ世界的総合家電メーカーである「松下電器」を一代で築いた人物として、戦後日本を代表する実業家のひとりに数え上げられる。

松下幸之助は、生家松下家が幼い頃に凋落してしまったという理由小学校中退し、満9歳にして親元離れ単身大阪に出て丁稚奉公勤めるようになる。多く感性が育まれる年頃に、奉公して過ごしてゆく中、卓抜な商才要領のよさを目覚めさせて行った。仕事早く金銭使いかたに対す感覚は鋭いものだった奉公先で幸之助は可愛がられた。

松下幸之助・青年のころ、大阪では開通たばかり市電が走っていた。電車電気によって走るのを見てこれから電気時代が来る」と直観し、大阪電灯見習工として入社した。その後会社を辞め独立自宅土間作業場作り、自らの開発したソケット製造販売始めた。当初閑古鳥鳴く日々連続だったが、妻の内助の功もあって底暮らしも何とか乗り切り、やがて扇風機部品需要などに乗って徐々に受注も増えていった1918年、幸之助は松下電気器具製作所設立する。配線器具ランプなど、わかりやすく品質良い製品多く製作し、創業から4年5年ほど経た後には、松下幸之助は社員50名を抱え中堅企業の主になっていた。1930年開発したラジオは非常に故障少ないと評判で、東京放送局のラジオセットコンクールでも1等に選出された。これによって「松下」の名前は一躍有名になる。総合電器メーカーとしての地位固め松下電器は、時を経ずに株式会社改組し、電球造船飛行機製造といった関連会社次々と設立ていった

松下幸之助
※画像提供 / 松下電器産業株式会社

戦後になると、松下電器一度工場剥奪などで苦境に瀕したが、まもなく勢い取り戻す。その後1952年には、世界最大電器会社であったオランダフィリップス社との提携と結んだ。そして1959年には米国松下電器設立。「パナソニックブランド視野世界へと広げていった

松下幸之助は、独自の思想をもって経営携わる名手としても天才的技量発揮した。それぞれの部門事業責任をもって推進できる事業部制採用したり、あるいは従業員との対話企業一体感維持並ならぬ努力を注いだりしている。1980年には、将来日本には確固たる信念をもったリーダー存在が特別に必要であるだろうという信念のもと、リーダー育成するための「松下政経塾」を開設した。やがて多く経営者政治家が、この門下から輩出されていった

また経営に関してだけでなく、人間営み全般に通じ普遍的な事柄についても松下幸之助は深く思いめぐらせていた。戦後驚異的なインフレ見舞われており、松下電器生産すればするほど赤字の出る生産構造にはまっていた折、幸之助は熟考の末に「繁栄こそが幸福で平和な生活をもたらすのである。今の日本ではその繁栄もたらす理念認識されていないから平和な社会が築けないのだ」という思想にいたる。「繁栄によって平和と幸福を」。これを実現なければ国家安定せず、まして会社安定することはない。――この理念は、「PHP」(Peace and Happiness through Prosperity)という頭文字集約されて、実現方法研究へと動き出すことになる。広く理念普及させる機関として「PHP研究所」が創設された。勉強会講演会開催され、機関誌PHP」も創刊された。松下幸之助みずからもPHP運動精力を注いだ。ここにおいて思想家としても広く愛される松下幸之助がある。


更新2009年10月
参照リンク
創業者 松下幸之助 - (パナソニック株式会社


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「まつしたこうのすけ」の関連用語

まつしたこうのすけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



まつしたこうのすけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の創業者列伝日本の創業者列伝
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ松下幸之助の記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS