とうもろこし油とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > とうもろこし油の意味・解説 

とうもろこし油

胚芽Germ)から圧抽法で得られる半乾性油である。
胚芽分離ミール製造に用いる場合乾式法で、でんぷん製造場合湿式法行われ、この胚芽含油量は4055%である。原油甘みのある臭いがあり、色が非常に濃く、普通の植物油のように精製しても淡色になりにくい。この油は長鎖アルコールエステルからなるろうを約0.05%含み、くもりを生じやすいので、精製工程脱ろう処理を行なう
用途はほとんどサラダ油として、マヨネーズサラダドレッシング天ぷら油などの食用に向けられる
沃素価103130鹸化価187195水酸基価8~12、不鹸化物2.0%以下、屈折率n1.470~1.474、比重d0.915~0.921、タイター1420である。脂肪酸組成は、パルミチン酸9~12%、ステアリン酸1~3%、オレイン酸2533%、リノール酸5060%、リノレン酸0~2%である。
鹸化物の主成分ステリンで、γ-シトステリン、スチグマンステリン、飽和ステリン・ジヒドロシトステリンなどが検出される。リノール酸が多いにもかかわらず安定性がよい。その他クリプトキサンチン含み淡黄色特有の香味があるので,食用油として高く評価されている。用途主として食用でその他硬化油原料にもなり、マーガリン原料として使用される。
とうもろこし油

コーン油

(とうもろこし油 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/28 12:42 UTC 版)

コーン油(コーンゆ)は、トウモロコシ胚芽を原料とした油脂である。主に食用として利用される。




「コーン油」の続きの解説一覧





とうもろこし油と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「とうもろこし油」の関連用語

とうもろこし油のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ぶどう種子油

ひまし油

大豆油

ホホバ油

パーム油

やし油

アボカド油

綿実油





とうもろこし油のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
油屋.com油屋.com
All Copyright Reserved (C) Kaneda shouji Co., Ltd. 2000 -2018
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーン油 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS