慢性疲労症候群とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 病気の別名 > 慢性疲労症候群の意味・解説 

まん せいひろうしょうこうぐん -ひらうしやうこうぐん [10] 【慢性疲労症候群】

長期間にわたる原因不明疲労を主症状とする症候群微熱咽頭痛筋力低下リンパ節腫れなどの副症状がある。 CFS

慢性疲労症候群

【仮名】まんせいひろうしょうこうぐん
原文chronic fatigue syndrome

ほとんど常に疲れ感じており、集中力がなかったり、日常活動を行うのが困難という状態が6カ月以上続く病気。他の症状には、喉の痛み発熱筋力低下頭痛関節痛などがある。

慢性疲労症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/11 05:52 UTC 版)

慢性疲労症候群(まんせいひろうしょうこうぐん、英語: Chronic Fatigue Syndrome, 略称: CFS)は、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)に及び継続する病気である[1]。筋痛性脳脊髄炎(Myalgic EncephalomyelitisME)、 ウイルス感染後疲労症候群(Post-Viral Fatigue SyndromePVFS)とも呼ばれる。また重篤度が伝わらない・慢性疲労と区別がつきにくいということから、Chronic Fatigue and Immune Dysfunction Syndrome(慢性疲労免疫不全症候群、CFIDS)という呼称をアメリカ患者団体が利用してもいる。#病名呼称各種も参照のこと。


  1. ^ 「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班. “日本疲労学会による新たなCFS診断指針”. 2015年3月12日閲覧。
  2. ^ 5 STRINGS. “慢性疲労症候群(ME/CFS/SEID)の情報”. 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ CFS支援ネットワーク. “CFS支援ネットワーク”. 2015年3月14日閲覧。
  4. ^ まーくハウス&ぷろじぇくと. “まーくハウス&ぷろじぇくと”. 2015年3月14日閲覧。
  5. ^ "There is no cure, no prescription drugs have been developed specifically for CFS, and symptoms can vary a lot over time." CDC. “Chronic Fatigue Syndrome (CFS) General Information”. 2015年3月14日閲覧。
  6. ^ "なかでも重篤な慢性疲労状態であるCFSの診断基準を満たす方も0.3%確認されていまして、この数字を単純に現在の日本人口1億2千万人に当てはめてみますと、我が国ではCFS患者は実に約36万も存在することとなります。" 「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班. “研究班 ホームページ”. 2015年3月14日閲覧。
  7. ^ CDC Press Conference November 3,2006 - The Chronic Fatigue and Immune Dysfunction Syndrome Association of America and The Centers For Disease Control and Prevention Press Conference at The National Press Club to Launch a Chronic Fatigue Syndrome Awareness Campaign
  8. ^ a b 「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班. “慢性疲労症候群(CFS)診断基準(平成25年3月改訂)の解説”. 2015年6月25日閲覧。
  9. ^ 株式会社疲労科学研究所. “2.近赤外線主成分分析を用いた疲労解析”. 2015年6月25日閲覧。
  10. ^ 作道章一「近赤外分光解析を用いた診断法」、『綜合臨牀』第55巻第1号、2006年、 70-75頁。
  11. ^ CDC - CFS Basic Overview (PDF file, 31 KB)
  12. ^ Dietert, RR; Dietert JM (2008 Feb 8). “Possible role for early-life immune insult including developmental immunotoxicity in chronic fatigue syndrome (CFS) or myalgic encephalomyelitis (ME)”. Toxicology. PMID 18336982. 
  13. ^ Lombardi VC, Ruscetti FW, Das Gupta J, Pfost MA, Hagen KS, Peterson DL, Ruscetti SK, Bagni RK, Petrow-Sadowski C, Gold B, Dean M, Silverman RH, Mikovits JA (2009). “Detection of an Infectious Retrovirus, XMRV, in Blood Cells of Patients with Chronic Fatigue Syndrome”. Science 326 (5952): 585?9. doi:10.1126/science.1179052. PMID 19815723. 
  14. ^ Saiki, T., Kawai, T., Morita, K., Ohta, M., Saito, T., Rokutan, K., & Ban, N. (2008). “Identification of marker genes for differential diagnosis of chronic fatigue syndrome.”. Molecular Medicine 14 (9-10): 599. doi:10.2119/2007-00059.Saiki. 
  15. ^ Medエッジ (2015年3月13日). “慢性疲労症候群の原因に手掛かり、異常があるのは「サイトカイン」か”. 2015年3月14日閲覧。
  16. ^ Hornig M et al. (2015-02-27). “Distinct plasma immune signatures in ME/CFS are present early in the course of illness”. Science Advances. http://advances.sciencemag.org/content/1/1/e1400121. 
  17. ^ 慢性疲労症候群の病態機序とその治療” (2016年). 2016年9月11日閲覧。
  18. ^ Yasui M, Yoshimura T, Takeuchi S, Tokizane K, Tsuda M, Inoue K, Kiyama H. (2014-9). “A chronic fatigue syndrome model demonstrates mechanical allodynia and muscular hyperalgesia via spinal microglial activation.”. Glia. 62 (9): 1407-17. doi:10.1002/glia.22687. PMID 24852223. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/glia.22687/abstract 2016年9月11日閲覧。. 
  19. ^ a b 侵害受容性・炎症性疼痛および神経障害性疼痛患者に対するミノサイクリンの鎮痛効果に関するOpen label探索試験”. upload.umin.ac.jp. 東京大学医学部附属病院 (2014年2月1日). 2016年9月11日閲覧。
  20. ^ TXT formal Jason LA, Taylor RR. (2001). Measuring Attributions About Chronic Fatigue Syndrome. J Chronic Fatigue Syndr 8 (3/4); 31-40
  21. ^ Medエッジ (2015年2月13日). “「慢性疲労症候群(筋痛性脳脊髄炎)」、新しい診断基準と名前の提案、米国IOMが発表”. 2015年3月14日閲覧。
  22. ^ Institute of Medicine (2015年2月10日). “Beyond Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome: Redefining an Illness.”. 2015年3月14日閲覧。
  23. ^ Fukuda K, Straus SE, Hickie I, Sharpe MC, Dobbins JG, Komaroff A; Straus; Hickie; Sharpe; Dobbins; Komaroff (15 Dec 1994). “The chronic fatigue syndrome: a comprehensive approach to its definition and study. International Chronic Fatigue Syndrome Study Group”. Ann Intern Med 121 (12): 953–9. doi:10.1059/0003-4819-121-12-199412150-00009 (inactive 2015-01-11). PMID 7978722. http://www.annals.org/cgi/content/full/121/12/953. 
  24. ^ Chronic Fatigue Syndrome After Infectious Mononucleosis in Adolescents
  25. ^ R. Cairns and M. Hotopf "A systematic review describing the prognosis of chronic fatigue syndrome Vol. 55 No. 1 Society of Occupational Medicine 2005"
  26. ^ Sophia's Story 06
  27. ^ CFS/ME Working Group. A report of the CFS/ME working group: report to the chief medical officer of an independent working group. London: Department of Health, 2002. Fulltext at DOH.
  28. ^ PubMed 16515400 Vernon SD, Whistler T, Aslakson E, Rajeevan M, Reeves WC. Center for Infectious Diseases, Division of Viral and Rickettsial Diseases, National Centers for Disease Control and Prevention, Atlanta, GA 30333, USA.Challenges for molecular profiling of chronic fatigue syndrome.
  29. ^ CDC Press Briefing on Chronic Fatigue Syndrome April 20, 2006
  30. ^ CDC Press Conference, November 6, 2006
  31. ^ CDC CFS Awareness Campaign
  32. ^ CFIDS Association - SPARK! The Campaign to Ignite CFS Awareness
  33. ^ CFIDS Association SPARK! The campaign to Ignite CFS Awareness - Events - Press event Nov.3,2006 at the National Press Club in Washinton, D.C.(QuickTimeFile)
  34. ^ CDC Chronic Fatigue Syndrome > Awareness Campaign > PSAs > Dr. Gerberding's Massage
  35. ^ NHS - Chronic fatigue syndrome / Myalgic encephalomyelitis (or encephalopathy); diagnosis and management
  36. ^ Lee, Nancy. “Dr. Nancy Lee on International Myalgic Encephalomyelitis/Chronic Fatigue Syndrome Awareness Day”. U.S. Department of Health & Human Services. 2015年3月13日閲覧。
  37. ^ Poulton, Sonia (2012年5月8日). “All in the mind? Why critics are wrong to deny the existence of chronic fatigue”. Mail Online (Dail Mail). http://www.dailymail.co.uk/debate/article-2141230/All-mind-Why-critics-wrong-deny-existence-chronic-fatigue.html 2015年3月13日閲覧。 
  38. ^ CFS支援ネットワーク. “5月12日はCFS/ME世界啓発デーです。”. 2015年3月14日閲覧。
  39. ^ まーくハウス&ぷろじぇくと. “May12th ME/CFSJapan”. 2015年3月13日閲覧。
  40. ^ May 12th International Awareness Day. “May 12th International Awareness Day”. 2015年3月17日閲覧。
  41. ^ NPO法人 筋痛性脳脊髄炎の会(通称ME/CFSの会) (2013年5月4日). “ナイアガラの滝での世界啓発デー・イベント”. 2015年3月17日閲覧。
  42. ^ CDC>Chronic Fatigue Syndrome > Awareness Campaign > Public Service Announcements (PSAs)
  43. ^ Jason LA, Corradi K, Gress S, Williams S, Torres-Harding S. "Causes of death among patients with chronic fatigue syndrome." Health Care Women Int. 2006 Aug;27(7):615-26.
  44. ^ 倉恒弘彦ほか:慢性疲労症候群に対する治療法の確立.科学技術振興調整費 生活ニーズ対応研究「疲労および疲労感の分子・神経メカニズムとその防衛に関する総合研究」平成16年度研究業績報告書,2005.


「慢性疲労症候群」の続きの解説一覧





慢性疲労症候群と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「慢性疲労症候群」の関連用語

慢性疲労症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウスイロジュズモ

ナッハラウフ配置

W64S

四ヶ村用水

パラレルツイン

ED4001

ジャバニカ種

チシマザサ





慢性疲労症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの慢性疲労症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS