ローマ数字 符号位置

ローマ数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 08:48 UTC 版)

符号位置

Unicodeに存在しないMacJapaneseのローマ数字 (XIII, XIV, XV, xiii, xiv, xv) は、Unicodeの私用領域にアップルが独自に定義した制御文字の後ろに組文字を構成する文字を続けることで表される[3]

JIS X 0213やMicrosoftコードページ932・MacJapanese・Unicodeにあるローマ数字
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+2160 1-13-21 Ⅰ
Ⅰ
U+2170 1-12-21 ⅰ
ⅰ
ローマ数字1
U+2161 1-13-22 Ⅱ
Ⅱ
U+2171 1-12-22 ⅱ
ⅱ
ローマ数字2
U+2162 1-13-23 Ⅲ
Ⅲ
U+2172 1-12-23 ⅲ
ⅲ
ローマ数字3
U+2163 1-13-24 Ⅳ
Ⅳ
U+2173 1-12-24 ⅳ
ⅳ
ローマ数字4
U+2164 1-13-25 Ⅴ
Ⅴ
U+2174 1-12-25 ⅴ
ⅴ
ローマ数字5
U+2165 1-13-26 Ⅵ
Ⅵ
U+2175 1-12-26 ⅵ
ⅵ
ローマ数字6
U+2166 1-13-27 Ⅶ
Ⅶ
U+2176 1-12-27 ⅶ
ⅶ
ローマ数字7
U+2167 1-13-28 Ⅷ
Ⅷ
U+2177 1-12-28 ⅷ
ⅷ
ローマ数字8
U+2168 1-13-29 Ⅸ
Ⅸ
U+2178 1-12-29 ⅸ
ⅸ
ローマ数字9
U+2169 1-13-30 Ⅹ
Ⅹ
U+2179 1-12-30 ⅹ
ⅹ
ローマ数字10
JIS X 0213やMacJapanese・Unicodeにあるローマ数字
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+216A 1-13-31 Ⅺ
Ⅺ
U+217A 1-12-31 ⅺ
ⅺ
ローマ数字11
U+216B 1-13-55 Ⅻ
Ⅻ
U+217B 1-12-32 ⅻ
ⅻ
ローマ数字12
Unicodeにあるローマ数字
大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
U+216C Ⅼ
Ⅼ
U+217C ⅼ
ⅼ
ローマ数字50
U+216D Ⅽ
Ⅽ
U+217D ⅽ
ⅽ
ローマ数字100
U+216E Ⅾ
Ⅾ
U+217E ⅾ
ⅾ
ローマ数字500
U+216F Ⅿ
Ⅿ
U+217F ⅿ
ⅿ
ローマ数字1000
U+2183 Ↄ
Ↄ
U+2184 ↄ
ↄ
ローマ数字逆100
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2180 ↀ
ↀ
ローマ数字1000 C D
U+2181 ↁ
ↁ
ローマ数字5000
U+2182 ↂ
ↂ
ローマ数字10000
U+2187 ↇ
ↇ
ローマ数字50000
U+2188 ↈ
ↈ
ローマ数字100000
U+2185 ↅ
ↅ
ローマ数字6 LATE FORM
U+2186 ↆ
ↆ
ローマ数字50 EARLY FORM
Unicodeにないが、MacJapaneseにあるローマ数字
記号 MacJapanese 記号 MacJapanese 名称
XIII 0x85AB xiii 0x85BF ローマ数字13
XIV 0x85AC xiv 0x85C0 ローマ数字14
XV 0x85AD xv 0x85C1 ローマ数字15

注釈

  1. ^ 書き方ではなく読み方については以下の事例が参考になる――著作権法 (アメリカ合衆国)においてローマ数字による発行年表示が有効なものであるとされていて、不正なローマ数字は著作権表示を無効化しうる[1]。この際、下記のような書き方ルールに合致しているかどうかは問題とされない。
  2. ^ = [{(100 × 2) + 10} × 1000] = 210 × 1000 = 210000 (21万)
  3. ^ = [{1000 + 100 + 50 + (1 × 2)} × 100000] + [{(10 × 3) + 5 + (1 × 2)} × 1000] + {(100 × 2) + (10 × 3) + (1 × 2)} = 1152 × 100000 + 37 × 1000 + 232 = 115200000 (1億1520万) + 37000 + 232 = 115237232 (1億1523万7232)
  4. ^ = [{(1000 × 2) + (100 × 3) + (10 × 2) + (1 × 2)} × 100000] + (((50 + (10 × 2)) + 1) × 1000) + [(100 × 2) + (10 × 3) + {5 + (1 × 3)}] = 2322 × 100000 + 71 × 1000 + 238 = 232200000 (2億3220万) + 71000 + 238 = 232271238 (2億3227万1238)
  5. ^ = [{50 + (10 × 3)} × 1000] = 83 × 1000 = 83000
  6. ^ = [{(100 − 10) + 2} × 1000] = 92 × 1000 = 92000
  7. ^ = 5 × 1000 = 5000
  8. ^ = [(5 × 1000) + {(1 × 3) × 100} + (10 + 5 + 1)] = 5000 + 300 + 16 = 5316
  9. ^ 〔大文字〕U+216C, 216D, 216E, 216F〔小文字〕U+217C, 217D, 217E, 217F
  10. ^ (左から順に) U+2183, 2184, 2180, 2181, 2182, 2187, 2188, 2185, 2186

出典

  1. ^ Hayes, David P.. “Guide to Roman Numerals”. Copyright Registration and Renewal Information Chart and Web Site. 2021年11月29日閲覧。
  2. ^ 比留間直和 (2012年10月1日). “いつ使う?ローマ数字 - ことばマガジン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年11月29日閲覧。
  3. ^ UnicodeコンソーシアムにあるMac OS Japaneseとの変換テーブル


「ローマ数字」の続きの解説一覧




ローマ数字と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ローマ数字のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマ数字のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローマ数字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS