シンハラ語 シンハラ語の概要

シンハラ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 06:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
シンハラ語
සිංහල
発音 IPA: sihala
話される国 スリランカ
地域 南アジア
話者数 約1500万人
話者数の順位 58位
言語系統
表記体系 シンハラ文字
公的地位
公用語 スリランカ
言語コード
ISO 639-1 si
ISO 639-2 sin
ISO 639-3 sin
テンプレートを表示

名前の由来

シンハラ (Sinhala) という語は、この言語を指すサンスクリットの単語であり、ウィジャヤ王の「シンハラ国」建国後、シンハラ国の外部(サンスクリットを話す人々)からは彼らの言語を「シンハラ語」と呼んだことに由来する。サンスクリットから派生した中期インド語では Sīhala である。シンハラ語自身では古くは Elu (en)、Hela、Helu と称した。サンスクリットと中期インド語での呼び名では、語頭にライオンを表す語 (simbasīha) がついている。

歴史

スリランカの歴史書マハーワンサ(大史)によると、紀元前5世紀頃にウィジャヤ王と側近たちが北東インドからセイロン島にわたってきたことになっている[1]。そのウィジャヤ王は、もともとセイロン島にいたヤッカ (Yakka) 族、ナガ (Naga) 族からなるヘラ (Hela) 族の人々を取り込んで、「シンハラ (Sinhala) 国」を建国した[2]。その後数世紀にわたってカリンガ国マガダ国などインド東部やベンガル地方から渡ってきた人々により、プラークリットとの混合が進んだ[3]

変遷の経過

現在までのシンハラ語の変遷は、4段階に分けられる。

  • プラークリットとしてのシンハラ語(3世紀頃まで)
  • 前シンハラ語(3〜7世紀頃)
  • 中期シンハラ語(7〜12世紀頃)
  • 近世シンハラ語(12世紀頃から現在まで)

発音の変化

その歴史の中で、大きな発音の変化がたびたび生じている。

  • 破裂音では有気音無気音が区別されなくなった(例:kanavā(食事)など、サンスクリットでは khādati、ヒンディー語では khānā にあたる)
  • すべての長母音の短縮が起こり(上の例を参照、現在のシンハラ語に表れる長母音は全て借用語においてである。例:サンスクリットの vibhāga(試す)から借用された vibāgaya など)、母音にはさまれた子音におけるエリジオン(例:サンスクリットの damanavā に由来する dānavā など)や複合語による連音が生じた
  • 長子音には子音のクラスター化が、長子音でない子音には長子音化が生じた(例:サンスクリットの viṣṭā(時間)に由来するプラークリット・シンハラ語の viṭṭa、近世シンハラ語の viṭa など)
  • /j/ から /d/ への転化(例:サンスクリットの jāla にあたる dæla(クモの巣)など)

東西のプラークリットとしての対比

西方のプラークリットの特徴として、東方のプラークリットでは /b/ に変化した語頭の /v/ が残っていることが挙げられる (例:サンスクリットの viṃśati (20) に対応するシンハラ語の visi- とヒンディー語の bīs など)。 男性名詞の単数形の語尾が e で終わることも、シンハラ語に残る東方プラークリットの特徴である。サンスクリットの一つの単語 makṣikā に対応する二つの単語 mässā(ハエ)と mäkkā(ノミ)などの二重語も見られるが、この例では地理的に異なるプラークリット macchiāmakkhikāパーリ語)に由来するため、語幹が異なる。

スリランカ政府の対応

1956年に、スリランカの公用語を英語からシンハラ語に切り替えるとする法律が施行された (Sinhala Only Act)。これは歴史研究の視点からは、多数派であるシンハラ語話者と、少数派であるタミル語話者の対立を煽るきっかけとなったと見られている。この年はスリランカ自由党が初めて政権を握った年であり、この法案は与党としての提出した最初の法案の一つであったが、タミル人の多くはこれを「シンハラ人の文化、言語、宗教(仏教)だけを国家の正式なものとする」法律であると受け取った[4]

その後1958年に "Sinhala Only, Tamil Also" とも呼ばれる法案が成立し、現在はスリランカの公用語はシンハラ語とタミル語であることが憲法で定められている。

現在のシンハラ語

現在に残る基層言語の影響

シンハラ語には、他のインド・アーリア言語とシンハラ語を区別するに足る特徴がいくつかある[5]。そのうちの一部はシンハラ語の元となったヴェッダ語から来ており[6]、中期および古代のインド・アーリア言語には語源を遡れない、シンハラ語、またはシンハラ語とヴェッダ語にしか見られない語も多数ある。Kola(シンハラ語でもヴェッダ語でも)、Dola(シンハラ語で、ヴェッダ語で供物)という語などがその例である。またセイロン島全域で、Rera(鴨)、Gala(石)という語が地名に見られる[7]。またシンハラ語成立以前のセイロン島の言語から、Oluva(頭)、Kakula(脚 leg)、bella(首)、kalava(腿)など身体の部分に関する多くの語が現在のシンハラ語に受け継がれている[8]。13世紀頃に書かれたとされるシンハラ語文法の最古の文献 シダトサンガラワ (Sidatsangarava) では、「語源がセイロン島独自のものである語」という分類があることを記しており、naramba(見ること)、kolamba(砦、港)などをそれに挙げている。kolamba はセイロン島最大の都市コロンボ (Colombo) の語源でもある[9][10]

近隣地域の言語との関連

シンハラ語には、英語版 Wikipedia にあるタミル語からの借用語リストにある借用語、およびドラヴィダ語からの発音と文法の影響が見られ、それが北部インド・アーリア言語から発達した各言語とシンハラ語の相違点ともなっており、シンハラ語話者とドラヴィダ語話者の交流が深かったことを示している。現在見られるドラヴィダ語の影響は主に以下の4点である。

  • 短母音の e、o と長母音の ē、ō の区別
  • 有気音の欠落
  • 左方分枝 (left-branching syntax、en) である(日本語と同じ)
  • kiyanavā(発言)という語の連体形を、たとえば英語の "that" や "if" のような従属接続詞として用いること(以下の例を参照、語順が日本語と同じであることが分かる)
ēka aluth kiyalā mama dannawā
it new having-said I know

"I know that it is new."

" それが 新しい ことを 私は 知っている"

ēka aluth-da kiyalā mama dannē nähä
it new-? having-said I know.emph not

"I do not know whether it is new."

"それが 新しいのか 私は 知らない "

外国語の影響

数世紀にわたって受けた植民地支配により、現在のシンハラ語には多くのポルトガル語からオランダ語から英語からの借用語がある。

他の言語に見られるシンハラ語の影響

元々ポルトガル植民地であったマカオの原住民社会で話されていたマカオ語(マカオ・クレオールとも、話者自身は Patuá パトゥアと呼ぶ)は、主にマレー語、シンハラ語、広東語ポルトガル語から発達したクレオール言語である。現在では広東語の広まりによって話者は減少しており、マカオおよびマカオ外のマカオ人社会で使われている。

マカオ語は主に、ポルトガル人男性とマラッカスリランカの女性(中国ではなく)の間の子やその子孫の間で使われ始めた。そのため、マレー語やシンハラ語の影響が成立初期から強い。


  1. ^ Evolution of the Sinhala language シンハラ語の歴史 (英語)
  2. ^ The story of prince Pandukabhaya ウィジャヤ王の侵攻に抵抗したヤッカ族の物語 (英語)
  3. ^ WWW Virtual Library Sri Lanka : Sri Lanka: A Short History of Sinhala Language シンハラ語の歴史 (英語)
  4. ^ Baxter, Craig, Yogendra K. Malik, Charles H. Kennedy, Robert C. Oberst (eds.), (2002), Government and Politics in South Africa, Westview Press, USA.
  5. ^ Geiger, Wilhelm: A Grammar of the Sinhalese Language, Colombo 1938.
  6. ^ Gair 1998, p. 4
  7. ^ Van Driem 2002, p. 230
  8. ^ Indrapala 2007, p. 45
  9. ^ Indrapala 2007, p. 70
  10. ^ Gair 1998, p. 5
  11. ^ Ethnologue report for language code: sin シンハラ語の概略と統計情報


「シンハラ語」の続きの解説一覧




シンハラ語と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シンハラ語」の関連用語

シンハラ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シンハラ語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンハラ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS