アジリティとは?

アジリティー [2] 【agility】

機敏さ。軽快さ。敏捷(びんしよう)さ。

アジリティ

「アジリティ」(Agility)とは、もともと機敏さ、素早さ敏しょう性といった意味ですが、ビジネス用語としては、目まぐるしい環境変化即応するために欠かせない経営組織運営あり方における機敏性を表します。意思決定スピード効率チーム編成役割分担フレキシビリティなどを含めた概念で、不確実性が高く、不透明時代を、組織個人生き抜くためのキーワードとして注目集めています。

アジリティ

【英】agility

アジリティとは、もともと「敏捷」や「機敏」という意味であるが、IT用語としては、企業経営方針変更時代ニーズ変化などに機敏に対応できる柔軟情報システム、または、効率的開発方法などを表す表現である。

かつては特定のベンダー製品のみで構築される汎用系の情報システム主流であった。汎用システム金融系や大規模基幹系などトラブルの許されないシステム採用されている場合が多いが、開発改修時間がかかる上、他ベンダー製品連携にも手間かかってしまう。この点オープン系システムシステム仕様変更による改修や他ベンダー製品との連携も容易で迅速に対応でき、アジリティの高いシステムであるといえる

システム開発のほかの用語一覧
ソフトウェアテスト:  テストベッド  統合テスト
設計思想:  アーキテクチャ  アジリティ  ヒューマンセントリック  外部設計  入退室管理

アジリティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/05 04:43 UTC 版)

(犬関連の世界で)アジリティ: dog agility)とは、障害物競走である。


  1. ^ [1]
  2. ^ 大庭俊幸は1995年イタリアで行われたFCI (Federation of Cynologic Internationale) 主催のヨーロッパ選手権において、愛犬と参加したが、これはあくまでエキシビジョンとしての参加であった。しかし大庭のヨーロッパ大会への出場は、日本をはじめとする非ヨーロッパ諸国における世界大会参加への先駆けとなった。翌1996年のFCI主催アジリティ世界大会では、大庭は愛犬の Barbala of Water Vally Misty(ラブラドール・レトリバー)と参加したが、大庭のスラロームに魅了された者は多く、今なお非ヨーロッパ諸国におけるトップアスリートとして大庭の名前を挙げる者は少なくない。大庭はアメリカのUSDAAにおけるジャッジ資格を有しており、事実上日本で初めての国際的ジャッジ資格取得者と言える。


「アジリティ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アジリティ」の関連用語

アジリティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アジリティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアジリティの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアジリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS