外交官 外交官の概要

外交官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 08:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

目次

変遷

臨時の外交使節を派遣・接受することは紀元前の中国やギリシャなど非常に古くから行われ、日本の遣隋使遣唐使もその例であるが、常駐の外交使節団が初めて置かれたのは13世紀のイタリアであったといわれている[2]ミラノ公国ジェノヴァ共和国に初めて公使館を設置して以後、イタリアの諸国家間で国家間の交渉に専門的に従事する外交官が相互に派遣されるようになり、またカトリック教会の長であるとともにイタリアの一君主としても位置づけられたローマ教皇も各国に教皇派遣使節を送った。14世紀にはイングランドジェフリー・チョーサーが外交活動をしており、また1455年にはミラノがフランス宮廷に常駐使節を送り、そのシステムは主権国家が形成されるようになった16世紀以後ヨーロッパ各地に広まるとともに、外交慣行の基礎が形成された。

絶対王政期には、宮廷内部において国家の重要な政策決定が行われることが増加し、そのために君主あるいはその側近との個人的関係が外交交渉の成否に深く関わるようになった。一流の外交官は公式の場ではなく、夜中に接受国の君主の寝室に通されて直接重要交渉を行うものとされていた(閨房外交(Boudoir Diplomacy))。また、接受国における主君の代理として自国の名誉を守る責務も課されており、接受国での宮廷内における外交官同士の序列が時には互いの国家の尊厳に関わるものとして時には激しい議論や決闘にいたる例もあった。そのため、外交官には貴族や軍人などが任命されることが多かった。その後、国民国家の成立とともに宮廷外交・閨房外交の時代は終わり、交渉能力とともに相手国の各種情報を総合的に蒐集・報告する能力が求められるようになった。こうした中で職業外交官も外交専門職任用試験を経た人材が登用されるようになっていった。

常駐使節の制度は1648年のヴェストファーレン条約締結以降一般的な慣行と化したが[3]、一般条約である外交関係に関するウィーン条約が採択されたのは1961年である。

職務

常駐外交使節団を構成する外交官の任務は、接受国で派遣国を代表し、その意思の表明、交渉、条約の締結を行うこと(代表機能)、接受国の事情について適法な手段により一切の情報を収集し派遣国に報告すること(報告機能)、両国間の関係の促進をはかること(推進機能)に大別される [4]。特定の問題の交渉や任務にあたる特別使節団も、実質的に常駐外交使節団と同等の扱いを受ける[5]

外交官の地位や外交特権などに関する規則は1815年のウィーン規則及び1818年のエクス・ラ・シャペル規則で基礎が定められ、1961年外交関係に関するウィーン条約及び1963年領事関係に関するウィーン条約によって修正が加えられて今日に至っている。


  1. ^ 杉原高嶺、水上千之、臼杵知史、吉井淳、加藤信行、高田映 『現代国際法講義』 有斐閣、2007年5月1日、第4版、203頁。ISBN 978-4-641-04640-5
  2. ^ 杉原高嶺、水上千之、臼杵知史、吉井淳、加藤信行、高田映 『現代国際法講義』 有斐閣、2007年5月1日、第4版、193頁。ISBN 978-4-641-04640-5
  3. ^ 山本草二 『国際法』 有斐閣、1999年7月30日、新版、567頁。ISBN 4-641-04593-3
  4. ^ 山本草二 『国際法』 有斐閣、1999年7月30日、新版、569頁。ISBN 4-641-04593-3
  5. ^ 山本草二 『国際法』 有斐閣、1999年7月30日、新版、570頁。ISBN 4-641-04593-3
  6. ^ 南塚信吾「『連動』する世界史」45頁
  7. ^ 南塚信吾「『連動』する世界史」169頁(岩波書店、2018年)
  8. ^ 「立憲革命に先立って、他の国々では重要な諸事件、諸変化が起きた。それらの知らせがイランに届くことで、イラン人の自覚と改革に弾みがついた。イラン国民を突き動かし、自信を生み出した出来事としては、日本の立憲制と日露戦争におけるロシアの敗北そして1905年のロシア革命があった。」(世界の教科書シリーズ「イランの歴史―イラン・イスラーム共和国高校歴史教科書」325―326頁(明石書店、2018年))
  9. ^ 外務省記録「欧米大国ト特命全権大使交換一件」
  10. ^ 三谷太一郎「ウォール・ストリートと極東-政治における国際金融資本-」80頁(東京大学出版会、2009年)
  11. ^ 夏目漱石は、小説『それから』において、外債依存の固定化と拡大に対する危機感・不安感を主人公長井代助のことばとして、次のように書いている。「日本程借金を拵えて、貧乏震ひをしてゐる国はありやしない。此借金が君、何時になつたら返せると思ふか。・・・日本は西洋から借金でもしなければ到底立ち行かない国だ。それでゐて、一等国を以つて任じてゐる。さうして、無理にも一等国の仲間入りをしやうとする。だから、あらゆる方面に向つて、奥行きを削つて、一等国丈の間口を張つちまつた。・・・牛と競争をする蛙と同じ事で、もう君、腹が割けるよ。其影響はみんな我々個人の上に反射してゐる。・・・国民は、頭に余裕がないから、碌な仕事は出来ない。悉く切り詰めた教育で、さうして目の廻る程こき使はれるから、揃つて神経衰弱になつちまふ。」(三谷太一郎「ウォール・ストリートと極東-政治における国際金融資本-」39-40頁(東京大学出版会、2009年))
  12. ^ 三谷太一郎「ウォール・ストリートと極東 -政治における国際金融資本-」37-38頁(東京大学出版会、2009年)
  13. ^ 三谷太一郎「ウォール・ストリートと極東-政治における国際金融資本-」48頁(東京大学出版会、2009年)
  14. ^ 日経新聞180518追想録
  15. ^ 丹羽宇一郎『財界だって格差社会はノー』文藝春秋2007年3月号
  16. ^ 日本経済新聞夕刊2017年4月26日追想録
  17. ^ 日経新聞180505
  18. ^ 日経新聞180609
  19. ^ 日経新聞180510
  20. ^ a b c 日経新聞180515
  21. ^ a b 日経新聞180529
  22. ^ 日経新聞181113
  23. ^ 日経新聞180418
  24. ^ 毎日新聞180511
  25. ^ 日経新聞181020
  26. ^ 日経新聞181027
  27. ^ 時事181114
  28. ^ 日経新聞190115
  29. ^ 日経新聞181208
  30. ^ 日経新聞181228
  31. ^ 毎日新聞190224
  32. ^ 日経新聞181031
  33. ^ 日経新聞181213
  34. ^ 産経新聞181011
  35. ^ 日本経済新聞2017年4月30日
  36. ^ a b 日経新聞20170818
  37. ^ 毎日新聞180421
  38. ^ a b 日経新聞180615
  39. ^ a b 日経新聞180416
  40. ^ 日経新聞180423
  41. ^ 外務省大臣談話180427
  42. ^ a b c d 日経新聞180614
  43. ^ 外務省報道発表190714
  44. ^ 日経新聞181103
  45. ^ 産経新聞181011
  46. ^ 「ギリシア・ローマ文明の世界とエジプト・西アジア文明の世界とをまったく異なる実体として捉える『地中海分断モデル』」(周藤芳幸『古代ギリシア 地中海への展開』32頁(京都大学学術出版界、2006年)、Manning, J.G. & I.Morris "The Ancient Economy: Evidence and Models"(Stanford, 2005))
  47. ^ 「東方に移住したギリシャ人がギリシャ語や芸術、都市的な生活文化を広めたが、これとオリエント伝統文化が融合して新しいヘレニズム文化が生み出された。」(木下靖彦他編「改訂版詳説世界史研究」48頁(山川出版社))
  48. ^ ペルシア戦争における「アカイメネス(アケメネス)朝軍撤退後のギリシャ世界の昂揚感、あるいはアカイメネス朝に対する嫌悪感にもかかわらず、広大なオリエント世界を支配するアカイメネス朝ペルシア帝国の権力と冨は、驚嘆と羨望の対象であった。」(永田雄三編「西アジア史Ⅱ」49頁(山川出版社))
  49. ^ 「(ギリシャ、ローマなど)いわゆる地中海文明とは、オリエント(文明)の一部たるシリアの拡大、つまりオリエントの一部としてとらえるのが正当である。」「(ペルシャを征服したアレクサンドロス大王の帝国も)古代ギリシャ世界を東方に広げたのではない。オリエントの西端の勢力が中央に進出してきたと考えた方がいい」(岡本隆司「世界史序説」55-56頁(ちくま新書、2018年))、日経新聞180811
  50. ^ 「エーゲ海先史文明が発見されたのは植民地主義の時代のさなかであり、当時すでに植民地化された西アジアでは高度な古代文明の存在が明らかにされていた。エーゲ海先史文明は、その解明の当初から、植民地の宗主国にふさわしい文明であるべく、過重な期待を背負わされていたのである。」(周藤芳幸『古代ギリシャ 地中海世界への展開』38頁(京都大学学術出版会、2006年)、Hamilakis, Y. "Labyrinth Revisited: Rethinking 'Minoan' Archaeology"(Oxford, 2002))
  51. ^ 細谷雄一『外交』p.46(有斐閣、2007年)
  52. ^ 細谷雄一『外交』p.53(有斐閣、2007年)
  53. ^ 細谷雄一『外交』pp.52-53(有斐閣、2007年)
  54. ^ ポルフィリオ・ディアス大統領の言葉と言われる「哀れなメキシコよ。神から遠く離れ、アメリカにはあまりに近い。」にメキシコ外交の難しさが集約される。
  55. ^ 細谷雄一『外交』p.67(有斐閣、2007年)
  56. ^ 細谷雄一『歴史のなかのパワー・トランジション -イギリスの経験から-』(国際問題604号、2011年)
  57. ^ グレアム・アリソン(藤原朝子訳)『米中戦争前夜』96頁(ダイヤモンド社、2017年)
  58. ^ グレアム・アリソン(藤原朝子訳)『米中戦争前夜』133頁(ダイヤモンド社、2017年)
  59. ^ ジェームズ・ジョル「第一次世界大戦の起源」(改訂新版、みすず書房)p.26
  60. ^ グレアム・アリソン(藤原朝子訳)『米中戦争前夜』156頁(ダイヤモンド社、2017年)
  61. ^ ジェームズ・ジョル「第一次世界大戦の起源」(改訂新版、みすず書房)pp.23-45
  62. ^ 佐々木雄太等編『イギリス外交史』pp.3-4(有斐閣、2005)
  63. ^ グレアム・アリソン(藤原朝子訳)『米中戦争前夜』86頁(ダイヤモンド社、2017年)
  64. ^ 杉山祐之「覇王と革命―中国軍閥史1915-28」16頁(白水社、2012年)
  65. ^ 産経新聞180810
  66. ^ 佐々木卓也編「新版戦後アメリカ外交史」91頁
  67. ^ 佐々木卓也編「新版戦後アメリカ外交史」78-81頁
  68. ^ パスカル・ボニファス著、佐藤絵里訳「現代地政学国際関係地図」129頁(ディスカバー21、2019年)
  69. ^ ジャック・アタリ著、山本規雄訳「新世界秩序」188頁(作品社、2018年)
  70. ^ 「現代日本の地政学」23頁(中公新書)
  71. ^ 佐々木卓也編「新版戦後アメリカ外交史」122頁
  72. ^ 日経新聞190329
  73. ^ 秋田浩之「米軍がAIに負ける日」(日経新聞190406)
  74. ^ 「現代日本の地政学」13頁(中公新書)
  75. ^ ハンギョレ新聞180608
  76. ^ 日経新聞181027
  77. ^ a b 時事通信180516
  78. ^ AFP BB News180525
  79. ^ 日経新聞181027
  80. ^ a b 毎日新聞180531
  81. ^ AFPBB News180602
  82. ^ 「トランプ政権誕生の原動力となったのは、有権者の間に広がった、反グローバリズム、反エスタブリッシュメント、貧富の差の拡大への不満、それに反移民感情である。トランプは、反グローバリズムによる仕事の確保と反移民感情をうまく結びつけることによって、有権者の支持獲得に成功した。それゆえ、トランプ政権は「米国第一主義」を掲げ、二国間交渉を通じた自国優先の秩序形成を目指している。トランプ大統領の現状認識は、多国間主義に基づく戦後秩序は、米国が圧倒的な負担と責任を強いられ、他方で「その他の国」が応分の負担をしない不公平な仕組みだというものだ。そうした不満の最大の標的となったのが、中国である。トランプ政権誕生の前から、ワシントンの政策コミュニティの間には、クリントン、ブッシュ、オバマの対中国「関与政策」は失敗だったとの認識が広まっていた。米国の対中国「関与政策」は、中国の改革解放が成果を挙げれば、民主化と市場開放も進展するとの期待があった。だが、その期待は裏切られたという見方が、いまや定着した感がある。」(菅英輝「トランプ政権と米国外交の今後」(学士会会報935号(2019年)18-19頁)
  83. ^ a b c 日経新聞180601
  84. ^ 日経新聞180616
  85. ^ a b 日経新聞180711
  86. ^ 日経新聞280924
  87. ^ a b 産経新聞180428
  88. ^ a b BBCNewsJapan180509
  89. ^ AFP BB News180509
  90. ^ REUTERS180605
  91. ^ a b c 日経新聞180524
  92. ^ a b c 日経新聞180525
  93. ^ 日経新聞2018年5月24日
  94. ^ AFPBB News180527
  95. ^ a b 読売新聞180612
  96. ^ REUTERS180810
  97. ^ 日経新聞181021
  98. ^ 日経新聞190201
  99. ^ 日経新聞190103
  100. ^ REUTERS190118
  101. ^ 朝日新聞190119
  102. ^ 日経新聞190124
  103. ^ 米国は北朝鮮に対し「北朝鮮の核施設、化学・生物兵器プログラムとこれに関連する軍民両用施設、弾道ミサイル、ミサイル発射装置及び関連施設の完全な廃棄」("fully dismantling North Korea's nuclear infrastructure, chemical and biological warfare program and related dual-use capabilities; and ballistic missiles, launchers, and associated facilities.")並びに「(1)核開発計画の完全な申告と米国を含む国際査察団の全面的な査察受け入れ、(2)あらゆる核関連活動の停止と新規の関連施設の建設中止、(3)全ての核関連施設の廃棄、(4)核開発に携わる科学者・技術者の商業部門への異動」("(1) to provide a comprehensive declaration of its nuclear program and full access to U.S. and international inspectors; (2) to halt all related activities and construction of any new facilities; (3) to eliminate all nuclear infrastructure; and (4) to transition all nuclear program scientists and technicians to commercial activities.")を要求する(REUTERS190330)
  104. ^ 日経新聞190301
  105. ^ 時事通信190326
  106. ^ 日経新聞190410
  107. ^ 日経新聞190409
  108. ^ AFPBB News180525
  109. ^ REUTERS180723
  110. ^ 産経180908
  111. ^ 佐々木伸「イラン大統領のバグダッド訪問の深層、イラクを激怒させたトランプの誤算」(WEDGE Infinity190314)
  112. ^ 産経新聞180430
  113. ^ 朝鮮日報180514
  114. ^ 日経新聞180725
  115. ^ 日経新聞181013
  116. ^ REUTERS180709
  117. ^ 時事通信180710
  118. ^ 時事通信180811
  119. ^ 日経新聞180809
  120. ^ AFPBB180501
  121. ^ 日経新聞180411
  122. ^ AFPBBNews180501
  123. ^ BBC News Japan180509
  124. ^ WallStreetJournal180511
  125. ^ 日経新聞180821
  126. ^ 日経新聞190401
  127. ^ NHK NEWS WEB190407
  128. ^ TBS News180531
  129. ^ 時事通信180531
  130. ^ 朝日新聞181110
  131. ^ REUTERS180513
  132. ^ REUTERS181126
  133. ^ 日経新聞190116
  134. ^ a b 日経新聞180429
  135. ^ REUTERS180529
  136. ^ 日経新聞171229
  137. ^ 日経新聞180315
  138. ^ a b 日経新聞180528
  139. ^ 日経新聞180608
  140. ^ 日経新聞180820
  141. ^ 人民網日本版160621
  142. ^ 日経新聞180309
  143. ^ 福島香織「習近平憲法修正で広がる中国リスク」学士会会報930号20頁
  144. ^ 日経新聞181107
  145. ^ 日経新聞190103
  146. ^ 共同190323
  147. ^ 時事通信180528
  148. ^ 日経新聞190327
  149. ^ a b BBCNewsJapan180510
  150. ^ 日経新聞190201
  151. ^ 日経新聞180523
  152. ^ 時事通信180524
  153. ^ 日経新聞180820
  154. ^ AFPBB News181114
  155. ^ 日経新聞190117
  156. ^ 毎日新聞180518
  157. ^ 日経新聞180913
  158. ^ a b c 日経新聞180812
  159. ^ 毎日新聞180524
  160. ^ 日経新聞190410
  161. ^ AFPBB News180531
  162. ^ Bloomberg180725
  163. ^ REUTERS181126
  164. ^ 日経新聞190116
  165. ^ 日経新聞180811
  166. ^ 日経新聞181001
  167. ^ 日経新聞180628
  168. ^ 時事通信190404
  169. ^ 日経新聞190406
  170. ^ 産経新聞181005
  171. ^ 日経新聞181026
  172. ^ 時事通信181117
  173. ^ 日経新聞181119
  174. ^ 日経新聞190217
  175. ^ 日経新聞190123(秋田浩之)
  176. ^ 鈴木一人「2017年安全保障貿易学会資料」
  177. ^ REUTERS180509
  178. ^ a b 日経新聞180516
  179. ^ AFP BB News180718
  180. ^ 日経180129
  181. ^ BBC News180524
  182. ^ 時事通信181013
  183. ^ 「現代日本の地政学」17頁(中公新書)
  184. ^ AFP=時事180510
  185. ^ 日経新聞180430
  186. ^ 毎日新聞180413
  187. ^ REUTERS180503
  188. ^ 時事通信180503
  189. ^ 時事通信180521
  190. ^ 聯合ニュース180611
  191. ^ 日経新聞180626
  192. ^ 日経ビジネス180709
  193. ^ 日経新聞180817
  194. ^ 日経新聞190314
  195. ^ 日経新聞190227
  196. ^ 産経新聞181122
  197. ^ 日経新聞181213
  198. ^ a b 日経新聞180602
  199. ^ 日経新聞180726
  200. ^ 日経新聞190130
  201. ^ 日経新聞180610
  202. ^ REUTERS180610
  203. ^ 読売新聞180517
  204. ^ 時事通信180620
  205. ^ 2018年9月の物価上昇率は年率48万8865%(日経新聞181009)。
  206. ^ IMFは2018年の年間インフレ率を137万%、2019年は1000万%と予想する(Bloomberg181009)。
  207. ^ 日経新聞190124
  208. ^ 産経新聞190201
  209. ^ 日経新聞180424
  210. ^ 時事通信180922
  211. ^ 日経新聞181025
  212. ^ USA Today180425
  213. ^ AFPBB180426
  214. ^ AFPBB News181106
  215. ^ 日経新聞180307
  216. ^ 毎日新聞180427
  217. ^ 読売新聞180514
  218. ^ 朝日新聞180527
  219. ^ BBC News180526





外交官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外交官」の関連用語

外交官のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



外交官のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外交官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS